すとぅるるるのアニメ日和

≫夢喰いメリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢喰いメリー 13話(最終話)


前回感想を書きそびれましたが。最終回、感想です。



前回の引きや前々回の敗退は必要といえば必要かもしれませんが、

もう少し削っても良かったような気がしますねぇ。

今回、かなり急ぎ足でうまくまとめたとは言い難い結果になってしまいました。

悪くはなかったのですが、少し無難すぎたような気がします。



まず、メリーが絶望に満ちる演出。あそこは山内さんらしくて好きなのですが

尺が短すぎて、それによる変化も描くことができずに終わりました。

要するにあのシーンがあまり意味のないものになってしまっていたんですよね。

絶望に満ちた結果、メリーに何か変化が訪れるのかと思いきや、

いつも通りの復活。もう少し演出としても復活シーンに力を入れてほしかったな、と思います。



夢路のパワーアップも少し尺が足りなかったかと。

思いの強さがデイドリームの中での強さになるということは

以前から明かされていましたが、尺の短さから「こんなに容易いことなのか」と

思わずにはいられないんですよね。自分に言い聞かせるために

「この武器は決して壊れない」などと呟きながら戦う夢路は格好良かったのですが。


そして夢魔と人間の関係については以前書いた通りなのかもしれません。

夢路はチェイサーの器ではないけれど、夢路の夢に住む住人がチェイサーなのでしょう。

今回、チェイサーの武器を召還できたのは多分そういうことなのではないでしょうか。



千鶴の活躍ももっと目立たせてほしかったところですが、

さすがにそこまでは要求しすぎですね。勇魚を見殺しにしなかっただけでも

彼女の中ではかなりの進歩なのでしょう。ただ、彼女は夢魔を失い夢を失いました。

せっかく勇魚と仲良くなりつつあったのに、また振り出しっていうのはどうなんでしょう?

彼女なりの決断で、勇魚を守ることができたのだからバッドエンドではないように思います。

その点はもちろん嬉しいのですが、今まで夢を失った人々とは明らかに症状が違いますよね。

ハッピーエンドにすることによって、そのあたりに出てきてしまった矛盾にも

ちゃんと説明をつけてほしかったです。元々がからっぽだったから、というのは説明にはならないでしょう。



正直、最終回にして不服な点が多く出てきてしまったな、と思う部分もあります。

でも元々好みなジャンルなので、かなり楽しんで見ることはできました。

あまり触れませんでしたが、やはりアクションがおもしろいですよね。

曲との独特なあわせ方が見ていて飽きませんでした。


アニメの最終回をみて思ったのは、キャラクターも良くできていたし

原作ならもっと満足できるかもしれないな、ということ。


まだ原作を知らないので正しいことは言えませんが、

この作品も原作の方が良いものなのかもしれませんね。

買ってみる価値は…あるかな?



また文句の多い感想になってしまいましたが、これはこの作品が好きだったからであって(笑)

なさそうですが、機会があれば2期も見てみたいですね。


この作品に関わったスタッフ・キャストのみなさま、お疲れさまです♪




スポンサーサイト

夢喰いメリー 11話

◆夢喰いメリー 11話



すとぅるるるのアニメ日和

前回はお休み、という感じでしたが今回は思いっきりクライマックスでしたね。

アクションがもう少し見たかったような気がしましたが、とりあえず最終回まではお預けかな?

そのためのミストルティン退却だと思われます(`・ω・´)w


丁寧に描かれてきた千鶴の心情がいいですね。

自分勝手ではあるかもしれないけれど、今回爆発しました。

今のままだと千鶴は自分の行動に疑問を持ったままです。

メリーがミストルティンに「勝手な解釈をするな」と言っていたので

次回、千鶴に何か言ってあげられるといいですね。



すとぅるるるのアニメ日和

夢路はというと、ミストルティンの器が飯島先生だと聞いて

相当ショックだったようです。今まで信じていたものが突然

崩されてしまったのだから、無理もありません。

ただ、夢路がこれだけのことで立ち直れなくなるとは思いませんね。

まだ前向きな考え方を持ってくれていると良いのですが…。


そしてメリーの能力について。夢路たちはまだ気づいていないようですが、

たぶん、メリーは夢魔を幻界に返すこと もしくは夢魔と人間を切り離すことが

できているんですよね。 特に先輩がいい例です。

あれ以降、普通に机に向かって小説を書いているシーンが何度か写されていたような。


それに気づくことができれば、勇魚とパレイトどちらも傷つけることなく終わらせることができると思うのです。

ミストルティンに関しては完全に葬るべきでしょうけど(笑)



で、最近思っていたのですが…エルクレスの話はどこに…ww

というか、こちらの話は1期でやる予定じゃなさそうですよね。

元々2期を作る予定なのか…はたまたエルクレスに関しては微妙な感じで終わってしまうのか。

もしあるのなら2期が見てみたいですね。ないなら原作買おうかな…w





次回はミストルティンとエンギのすごいバトルが見られそうです。

…がなぜミストルティンがエンギの元に??

戦っている場所がエンギの世界だったのでもしかするとエンギから仕掛けるのかもしれませんね。

メリーに勝てなかったエンギがミストルティンに勝てる確率は極めて少なそうですが

エンギが負けてしまう、という結果は考えたくないですね。




-追記-



すとぅるるるのアニメ日和


メリーたんのフトモモ…(〃∇〃)
決しておぱんつ目当てではありませんっww


夢喰いメリー 9話


◆夢喰いメリー 9話


今回はかなり重要な点が明らかになりましたね。

内容濃すぎて2回見てしまうところでしたw


まず…飯島先生ひどい(((( ;°Д°))))

千鶴は晴れて疑いから逃れることができたわけですが

飯島先生の本性は怖すぎます^^;


やはり千鶴はミストルティンに対抗する者なのですね。

目的や意図はわかりませんが、今までミストルティンが登場する場に

居合わせたのは彼女を追い回しているからだそうな。


飯島先生に関しては考えてみれば複線が多かったですよね。

人柄の良さそうな雰囲気のせいではじめの方は疑うことができなかったのですがw

ユミが例に出された時点で早い人なら予測がついていたんでしょうね。



そして明らかになった夢魔の寄生する場所。

夢魔は人間の前に歩く力・要するに夢に寄生するようです。

この点に関しては以前も書いたことがありましたね。

予想通りと言えば予想どおりですが、これによってエンギが足踏みしてしまうとは

考えていませんでした。今後全く夢魔たちに対抗するすべがなくなってしまった訳なんですが

可能性として残された希望は、メリーの能力でしょう。


以前エンギとの戦いの時に発動された能力ですが

あの時メリーの手元には鍵の束のようなものがみえました。

もしかするとそれが幻界に戻る鍵になるのかもしれません。



気になるのは勇魚でしょう。

ミストルティンの強制的に夢魔と人間を組み合わせる能力により

器になりかけてしまっているようです。

メリーもエンギもまだ対策を練ることができていません。

ここで活躍するのはやはり千鶴なのでしょうか。

まだまだ謎だらけの彼女について、やっと掘り下げがあるのなら楽しみですね♪






夢喰いメリー 7・8話


◆夢喰いメリー 7・8話


-7話-


水着回でしたが、そこまでムフフ(笑)なシーンはありませんでしたねw


そして徐々に千鶴だけでなく飯島先生にもミストルティン疑惑が…w

パトロールと言って登場していた今回ですが、どうもそれだけには見えないような…。

職員会議(6話だったかな?)で話を聞かずにおにぎりの絵を描いているのも

微妙にその複線だったのかな?と思ってしまいました。


メリーが正義の味方をしなくてはならない理由は

夢路がメリーにあきらめてほしくないからだそうです。

これだけを聞くとかなり理不尽な主人公にも思えますが夢路からは

自分でもメリーをなんとかしてあげたいという気持ちが

日々伝わってきますので(笑)そんな風には思わないですね。


少なくとも、今はメリーを元気づけることが唯一夢路にできることなのではないでしょうか。

多少、自分でも無理を言っているのは承知のはずです。


スク水のメリーは可愛かったですが、海に入らないのはだめですね!w

またいつかプール回があることを…(黙w


-8話-


意外と早かったエンギとメリーの共闘。

お互い考え方は違いますが、とりあえずあの場でやることは戦うことしかありませんよね^^;


夢路が前回の怪我の治療のために向かった病院は、なんと由衣の家だったようでw

たまたま再会したわけですが、そこにはエンギもいるとなるとびっくりしますよねww

ただ、エンギは人間に被害を与えたことを謝りたかっただけのようですが。


飯島先生はもしかするとミストルティンの器なのかもしれませんね。

ミストルティン自身も、容易に人間の夢を聞くことができる教師に入るというのは

都合がよいでしょう。 逆に、疑われがちな千鶴はミストルティンに対抗する者である

可能性もありそうです。 (こんなこと言って千鶴がミストルティンだったら…ww)


今後、エンギとメリーはエルクレス側につく夢魔を退治していくんですかね?

お互いの考えを否定しつつも仲間っていう関係はなかなか

おもしろくなりそうなので楽しみですw



夢喰いメリー 6話


◆夢喰いメリー 6話


夢とユメの繋がりが話に関係してきそうな。

やっと話の本筋が見えてきた、という感じですね。


すとぅるるるのアニメ日和


夢路がやられてメリーが覚醒!エンギがやたらと人間を巻き込むことを

恐れているようですが、その点の理由が気になりましたね。


今回はわかったことが多すぎてどこから書けばいいのかわかりませんが

とりあえず徐々に書いていこうと思いますw


まず、メリーの覚醒はとにかくすごいwそれ以外のことはまだわかりませんが

メリー自身にその時の記憶はちゃんと残っていないようです。

真っ白になった…という表現が微妙にわかりにくいですが

気を失っていた、という解釈でいいんですかね?

それともどこか遠くの世界に飛んでいってしまっていたのか?ww



すとぅるるるのアニメ日和


由衣ちゃんはとにかくかわいい♪

今回ようやく気づきましたがエンギが憑依(?)している状態での

声も秋谷さんなんですね。 幼い頃の声とかまんまはづきちゃんだなぁ…w



すとぅるるるのアニメ日和


夢路はなんかかっこいいですねw メリーに心配かけないように

やせ我慢するなんて…!! ところどころイケメン要素が含まれているような気がしますw


今回でなんとなくジョン・ドゥが敵でないことはわかりましたね。

メリーや夢路に興味は持っているようで、今後いろいろと助けてくれそうな気はします。


転校生・千鶴が勇魚に「ユメはあるのか」と問うシーンがありましたね。

彼女は勇魚を心配、もしくは狙っているのでは…と思いました。


今の時点でミストルティンを匿っている可能性が高いのは貴照か千鶴でしょう。

千鶴のほうが可能性は高そうに見えますが…どうしても最後のあたりの

貴照が怪しすぎてそうは言い切れなくなってしまいました。

後、アルパカさんをちゃんとかばんに付けているところとか(笑)


おそらくミストルティンはユメのある人物の中にいる夢魔を殺しているのでしょうね。

その被害者がユミや野球少年。それ以外にもこの学校に被害者がいるようです。



夢魔の器になるということはユメを見つけることにつながるのでしょうか。

夢魔の消滅によってユメを失うのならばその可能性も高そうです。


以前言っていた 夢魔=器となる人間の夢の住人 という説もなくもないかと思います。

今回再び夢路はジョン・ドゥの夢の世界に引き込まれました。

おそらく、二人にはなんらかの縁があるのでしょう。

その縁がジョン・ドゥ=夢路の夢の住人 という関係だとすれば

なんとなく納得がいくような気がします。



内容がぐちゃぐちゃになってきましたが…最後にエレクレスについて。

エレクレスは直接夢魔たちに危害を加えるのではなく夢魔たちを現界に導いた張本人のようです。


そしてエレクレスが現界にくるときに誤って連れてきてしまったのがメリーのようです。

それをジョン・ドゥがどこで知ったのかはわかりませんが…あの秘密道具(テレビw)ですかねw



殆どジョン・ドゥから語られたことですが、、今までわからなかったことが

一気に見え出した回でしたね。


すとぅるるるのアニメ日和


最後のシーンはまるで最終回(笑)


でも次回はテンション高めでちょっとキャラ違う夢路が予告してくれたとおり

水着回のようですね!w 話などなにも考えずに素直に楽しみますww


ムフフ(笑)


 | HOME |  »

プロフィール

すとぅるるる

Author:すとぅるるる
将来の夢は自宅警備員!とはさすがに言えない歳になってきた…w

アニメやゲーム、絵を描くことなどが好きです。
基本的にはただのオタクで萌え豚。
ツイッターでは記事に書かないアニメの感想や
ゲームのあれこれなどくだらないことを呟きます。


ツイッター


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ

春期アニメ総評 (12)
夏期アニメ総評 (19)
秋期アニメ総評 (15)
冬期アニメ総評 (12)
Fate/Zero 2NDseason (11)
ココロコネクト (1)
ペルソナ4(小説) (1)
ペルソナ4(ゲーム) (7)
ペルソナ4(アニメ) (10)
キングダム (3)
おジャ魔女どれみ16 (3)
あの夏で待ってる (9)
UN-GO (7)
ちはやふる (25)
Fate/Zero (13)
うさぎドロップ (4)
輪るピングドラム (9)
青の祓魔師 (2)
デッドマン・ワンダーランド (5)
C (10)
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 (10)
神のみぞ知るセカイⅡ (7)
TIGER & BUNNY (19)
Steins;Gate (7)
花咲くいろは (9)
イラスト (5)
スイートプリキュア (10)
フラクタル (8)
レベルE (7)
GOSICK (9)
みつどもえ増量中! (5)
魔法少女まどか☆マギカ (10)
夢喰いメリー (10)
君に届け 2ND SEASON (6)
それでも町は廻っている (10)
荒川アンダーザブリッジ*2 (7)
侵略!イカ娘 (11)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない (12)
Panty and Stocking (8)
STAR DRIVER 輝きのタクト (19)
テガミバチ REVERSE (8)
バクマン。 (6)
モンハン日記 ぎりぎりアイルー村 (7)
屍鬼 (20)
戦国BASARA弐 (11)
世紀末オカルト学院 (12)
学園黙示録 (12)
みつどもえ (13)
ハートキャッチプリキュア (30)
HEROMAN (14)
けいおん!! (18)
アニメ感想 (68)
その他 (30)
未分類 (1)
新世界より (15)
絶園のテンペスト (20)
たまこまーけっと (4)
進撃の巨人 (2)
ガッチャマンクラウズ (2)

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。