すとぅるるるのアニメ日和

≫スイートプリキュア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スイートプリキュア♪ 48話(最終回)


最終話で戦いの後を描くのは正解だったのではないでしょうか?

個人的にハミィとエレンの仲良しっぷりも堪能できたので大満足です♪



まず、幸せのメロディに関してはエレンの嫉妬も取り除かれたというわけで

良い方向に進んだかと思います。私は前回、二人で歌う事を望んでいたのですが

戦いを経て、セイレーンがプリキュアになるまで抱いていた嫉妬が

取り払われたものだということを実感できました。あの場でエレンが幸せのメロディを

歌うことは簡単ですが、それでは意味がないということをきちんと理解していた

エレンには好感が持てましたね。


その後、ハミィが目覚めるまでの過程も最終回らしくて良かったです。

元々主題である音楽の力が深い眠りについたハミィを目覚めさせる。

王道かもしれませんが、普通の声では届かない声が歌声になれば

届くという演出は最後の最後に「音楽の力」を見せつける鍵になったかと思われます。


幸せのメロディは響も突っ込んでいたように、割と軽いノリで歌われたのですが、

そこはハミィらしくてよかったですね。「頑張って~!」と笑顔で応援するエレンも

ただの軽いノリに見えなくもないですが、よくよく考えれば純粋に彼女がハミィを

応援できるのはプリキュアとして戦ってきた今までの事があるからなんですよね。

「頑張って」の一言にも沢山の想いが詰められているんだなーと考えると、実に良いシーンでした!



きちんと「悲しみの具現化」であるノイズを受け入れるというシーンがあったのも良かったです。

悲しみがなくならない、というのはまどかマギカでもそうでした。

結局はなくすことなどできず、戦い続けるしかないのです。

それを子供向けだからといって「悲しみ」を完全になくしてしまわなかったのは

この作品の良いところでしょう。全体を通して多少ご都合主義なところがあっても

ここは現実的に貫こう、という方針だったのかもしれません。




心配していた作画面は抜群ではなかったですが、前回や前々回に比べると

全然問題なく見ることができました。個人的に最終回の出来は満足できるものだったかと思います。


話の主題である「音楽の力」があまり途中の話で触れられなかったり、

せっかく入学したエレンの学校生活が見られなかったのは残念でしたが、

(↑ここは個人的な要望w)最終回辺りの加速はとても見ごたえがありました!

最終的にハミィもエレンもこちらに残るというパターンも珍しいのではないでしょうか?

特に繋がりの浅い世界ではないみたいなので、今後も行き来が自由なのかもしれませんね。

ここで無理にお別れエンドにしなかったのもこの作品の美点になりそうです。



また、百合キュアというわけで大きなお友達のファンも大勢できました!

響と奏はもちろん、最後に見せてくれたハミィとエレンは非常においしかったですw

アコちゃんのポーズや百合要素など、かなり確信犯っぽいですが

そこはファンサービスというわけで私も喜んで受け取らせていただきましたw


今後もプリキュアは大人も子供も楽しめる作品で有り続けてほしいですね♪

1年間お疲れ様でした!次回作、スマイルプリキュアも楽しみにしてます(*´∀`*)






http://blog.livedoor.jp/granzchesta/archives/51770886.html
スポンサーサイト

スイートプリキュア♪ 47話



ノイズとは一体なんなのか…少しわかりにくかったですが、


一応説明はされましたね。ハートキャッチプリキュアの時もそうでしたが、


プリキュアにおいて敵がどういう存在なのかとかそういう話はあまり問題では


ないのでしょう。あの程度の説明で問題ないかと思います。




それを聞いた4人のうち、響だけが最初に「戦えない」と言い出すシーンは


主人公らしくてかっこよかったですね。結局その考えに全員が賛同することになるのですが、


そこからのバトルの魅せ方も良かったです。今までの必殺技のバンクを


そのまま使うのではなく、ノイズに語りかけながら攻撃するというのは熱い!


最終的にはやはり和解して終わりましたが、この「敵を倒さない」というのは


プリキュアの基本なのでしょう。後味が悪くないですし、この方針は良いと思います。






ただ、この「スイートプリキュア」において残念で仕方ないのが作画なんですよね。


私は全話をちゃんとみたのはハートキャッチプリキュアが初めてだったのですが、


悪い回はあっても、こども向けとは思えないような作画の回が割と多くあったのです。




でもスイプリでは悪い回をみることの方が多く、(絵柄的に難しい部分もあるのかもしれませんが)


大事なシーンで作画が気になってしまうことが結構あったんですよね。


今回のノイズ浄化のシーンやそこに至るまでの経緯もかなり熱いものではあったのですが、


作画を見たときにあれ?と思ってしまうことで感動が薄れてしまったような気がします。




次回の作画がどうなるのかはわかりませんが、なにせ最終回ですから


今までで一番良い作画に期待したいですね。全話を通しての評価につながるかどうかは


微妙ですが、せめて締めくくりだけは作画を気にせずに楽しみたいです。






ストーリーの構成としては、非常に面白くなりそうですね。


ハートキャッチプリキュアはAパートでデューン戦が終わり、


Bパート丸ごと後日談になっていました。それだけでも結構長くとるなーと


思っていたのですが、スイートプリキュアでは1話丸ごと後日談です。




下手をすると間延びしてしまうこともあるかもしれませんが、


やらなくてはならない事が結構まだ残っているのでまあ心配はないでしょう。




個人的に楽しみなのはハミィとエレン、どちらが幸せのメロディーを


歌うのかですね。私が望むのは2人で歌う…という結果なのですが、


幸せのメロディーを歌うという儀式において、どういうルールがあるのかわかりません。


今まで歌姫を一人選んできたのですから、2人で歌うということが


無理な可能性だってあります。そう考えるとますますどうなるのかわからないので


今から次回が待ち遠しいですね。




後はエレンの猫化が復活するのかですねw


好きなキャラキターがエレンなのでどうしてもエレンばかりになってしまうのですが、


ハミィとのツーショットはやはり猫状態の方が釣り合いがとれていいんですよね。


人間になってからハミィとエレンの関係性が薄くなってしまったような感じもしたので、


最終回で二人の仲良しっぷりも見せてくれると嬉しいです♪






最後は願望ばかりになってしまいましたが、この作品の締めくくりというわけで


ファンの希望に答えるような出来に期待したいですね。



スイートプリキュア♪ 36話

ミューズの過去編…というよりはメフィストの過去編でしたね!

期待通りの夫婦っぷりにも注目すべき回。もうこれが最終回でいいじゃなイカ?w


アコちゃんの葛藤も期待通り描かれましたね。

父親と戦いたくはないけれど、父と母の喧嘩も見たくない。

そう言った気持ちのなかで揺れ動くさまが結構丁寧に描写されていたのはよかったですね。

なかなかメフィストに攻撃を入れられないミューズがなんともかわいそうでした(´・ω・`)


メフィストの心理描写も多かったですね。

逆にいえば、今まで全くないに等しかったのですが、

それを今回きっちり保管してくれたからこその感動がありました!

彼も元は家族愛に満ちた立派な父親だったのですね(*´∀`*)


というわけで今回でメフィストとの戦いは終わり…というわけですが

何か次はファルセットが出張ってきましたよww

正直トリオザマイナーのなかで一番影が薄いと思っていたので

思いっきりどんでん返しだったのですが…まあよしw


新たな敵の存在も明かされましたが、

ミューズも加わってさらに強くなったプリキュアは恐れません。


(プリキュアにしては)長く続いたシリアス回は一時幕を閉じました。

次回からはまたイベント事などを取り入れての話になりそうですが、

日常に混じったアコの存在がどうなるかですねw

今までのツンアコちゃんは消えて、完全なデレになるのかそれとも…?


エレンの敬語に萌えまくりつつ、アコちゃんの可愛さを愛でるという

二度おいしい展開になったので今後の日常にも期待ですね!w


多分次回からまたしばらく感想は書きませんが、

進展があったり気に入った回だったら書くかもです。

ああ映画見に行きたい。。。。


スイートプリキュア♪ 35話

ミューズの正体がついに…!というわけで久々に感想書きます。


珍しく次回予告でのネタバレはなかったミューズですが、

映画の告知とかで結局ネタバレくらってたプリキュアクオリティ(笑)

それでも正体を出す回はしっかりと気合をいれてやってくれるので

やっぱり面白かったですね♪今回はとりあえず顔出しだけなので、詳しい事情は次回かな…。


それにしても、メフィストがここで浄化されてしまう可能性が出てきましたね。

そろそろ最終回に向けて真打が登場するのでしょうか?


今回、メフィストがアコの父親であることが明かされたのですが、

それはやはり、アフロディテ様が妻であることも表しているのでしょうね。

音楽の神を名乗るミューズがアフロディテと全く無関係だということも考えられません。

もしそうなら、何者かによって操られているとはいえど、今までは夫婦で敵対関係にあったわけですよね。

その当たりのアフロディテ様の苦しみなども描いてくれるのでしょうか。

まあまずはアコの話が中心になりそうですけど。


音吉さんの立ち位置については、アコのおじいちゃんということで良さそうですかね?

アフロディテと何らかの関係があるのは以前から少しずつ出されていましたが、

年齢的に夫婦ということはないし、多分メフィストが夫なのでそれしか考えられませんよね。



ハトプリの4人目のプリキュア登場が33話。

若干遅くなった4人目の登場ですが、物語もここからは大きく動きそうですね。

仲間に加わったアコが一体どんな扱いをされるのか、次回からも楽しみですね♪





スイートプリキュア♪ 23話

ついにセイレーンこと黒川エレンがちゃんとした仲間に。

ここまでの描写に3話も使ったのは良かったですね。

エレンの葛藤をきっちり描いたことで、彼女がプリキュアになることが

ただのご都合ではなくなったような気がします。


私はセイレーンとハミィの漫才(笑)が大好きなので

元々セイレーンにはプリキュアになってもらいたいとも思っていましたし、

響と奏と同年代の女の子ということもあって、それが無い話でもないことはわかっていました。


でもここまできっちりとセイレーンの感情の変化を描いて、

すっきりとした仲間入りを果たすとは微塵も思っていなかったですね。

「ハートキャッチ」と「スイート」ではどちらかというと「スイート」の方が

子供向け要素が多かったので見誤っていた部分があったのでしょう。


その点を考えると、今までのスイプリの中で一番いいエピソードだったように思います。

今回、ハミィが無言や少ない言葉で語るシーンが多かったのも良かったですよね。

想像力も膨らみますし、何よりハミィのセイレーンを信じる心が本当によく伝わります。


今後は普通にこの二人の絡みが見られると言うのはかなり嬉しいですね。



次の問題はキュアミューズですかね?とりあえず間に休憩回は入りそうですが

彼女の種あかしはまだまだ引っ張られています。(CM除くw)

映画だけでやってしまうという話も出てきていますが…今年は映画を

見に行く予定がないのでそれだけはやめてほしいところです(笑)



 | HOME |  »

プロフィール

すとぅるるる

Author:すとぅるるる
将来の夢は自宅警備員!とはさすがに言えない歳になってきた…w

アニメやゲーム、絵を描くことなどが好きです。
基本的にはただのオタクで萌え豚。
ツイッターでは記事に書かないアニメの感想や
ゲームのあれこれなどくだらないことを呟きます。


ツイッター


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ

春期アニメ総評 (12)
夏期アニメ総評 (19)
秋期アニメ総評 (15)
冬期アニメ総評 (12)
Fate/Zero 2NDseason (11)
ココロコネクト (1)
ペルソナ4(小説) (1)
ペルソナ4(ゲーム) (7)
ペルソナ4(アニメ) (10)
キングダム (3)
おジャ魔女どれみ16 (3)
あの夏で待ってる (9)
UN-GO (7)
ちはやふる (25)
Fate/Zero (13)
うさぎドロップ (4)
輪るピングドラム (9)
青の祓魔師 (2)
デッドマン・ワンダーランド (5)
C (10)
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 (10)
神のみぞ知るセカイⅡ (7)
TIGER & BUNNY (19)
Steins;Gate (7)
花咲くいろは (9)
イラスト (5)
スイートプリキュア (10)
フラクタル (8)
レベルE (7)
GOSICK (9)
みつどもえ増量中! (5)
魔法少女まどか☆マギカ (10)
夢喰いメリー (10)
君に届け 2ND SEASON (6)
それでも町は廻っている (10)
荒川アンダーザブリッジ*2 (7)
侵略!イカ娘 (11)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない (12)
Panty and Stocking (8)
STAR DRIVER 輝きのタクト (19)
テガミバチ REVERSE (8)
バクマン。 (6)
モンハン日記 ぎりぎりアイルー村 (7)
屍鬼 (20)
戦国BASARA弐 (11)
世紀末オカルト学院 (12)
学園黙示録 (12)
みつどもえ (13)
ハートキャッチプリキュア (30)
HEROMAN (14)
けいおん!! (18)
アニメ感想 (68)
その他 (30)
未分類 (1)
新世界より (15)
絶園のテンペスト (20)
たまこまーけっと (4)
進撃の巨人 (2)
ガッチャマンクラウズ (2)

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。