すとぅるるるのアニメ日和

≫TIGER & BUNNY

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ネタバレ注意】劇場版 TIGER & BUNNY -The Beginning-

アニメ放送から時間が経ちますが、まだまだ人気の薄れないタイバニ!
やっと劇場に行ってまいりました~♪感想書くタイミングとしてはかなり出遅れた感がありますが、
なんとなく書きたいので思ったままのことをひたすら書き綴りたいと思いますw

内容に関して普通に触れていたり、劇場版を観ている事を前提で
書いてしまっているような部分があるのでできれば観てからの閲覧をおすすめしますw

(以下ネタバレ注意)


最近の(TV放送後に公開される)アニメ映画の主流は
総集編+未公開シーン(追加シーン)となりつつあるような気がします。

というわけで今回もその気で劇場に出向きました!
が、タイバニの劇場版は実質1話2話の内容+追加エピソードという構成になっていました。
やり方としては新しく感じられましたし、総集編のお急ぎ感がなかったので良い構成だったかと思います。

最近観たペルソナ4の劇場版の総集編のやり方も不満はないですが、
作品の雰囲気を知らない初見の方には断然こちらの構成の方がウケがいいでしょうね。
そもそも今回のタイバニ劇場版に関しては新規ファンの加入を狙っているように感じられましたし、
TV放送版をみた上で観ることを前提に作られる総集編とは違う方針で作られたのでしょう。
(とはいえ、総集編中心で作られる劇場版が新規ファンの加入を狙っていないとも言えませんが。)


内容に関しては、キャラクターの魅せ方に工夫が凝らされているように思いました。
まずは本編で登場の少なかったキャラクターのシーンが増えたこと、
そして本編では登場していたけれど、あまり話しているシーンなどが
見られなかったキャラクターの絡みが多く見受けられました。

その点に関しては、ファンの声を聞き入れた上で制作された風に見える部分が多かったです。
キャラクターを主体で観ているファンにとってはたまらないシーンだったでしょうね。
もちろん私もホァンちゃんの登場シーンで歓喜しましたし、
問題のアントニオさんとのツーショットの理由が理解できて何よりですw


そういったファンサービスの部分はおまけとして、
追加エピソードの出来もなかなかに良かったかと思います。

犯人(敵)として登場するNEXTの能力も使い方が上手く、面白かったですね。
普段なら互の攻撃を受けるようなことはないはずのヒーローたちが
立ち位置の入れ替わりによって大変なことになっていくのは見ていてなかなかに楽しかったです。
虎徹とバーナビーが二人でドジなこと(主に虎徹さん的な意味でw)をしているのは
本編でも割と見られましたが、他のヒーロー同士がいがみ合ったりするのは新鮮でしたw
もちろん、これは「タイバニ」ですのでマジでいがみ合ったりするわけでないというのもポイント。
口ではあれこれ言いながらも結構仲良しなヒーローたちに親しみが湧く、いいシーンになっていたかと思います。


最終的なオチとしても、虎徹の心配性っぷりが分かりやすくてよかったです。
まだアニメ本編を見ていない方にも虎徹のキャラクターが伝わり安いでしょうし、
本編を知っている人ならこのお人好しが今後どういう方向に進んでしまうのかもわかるはず。
こういう細かい部分を先の話であるアニメ本編とつなげていたのは評価できる点だと思います。



ただ、唯一残念だなーと思ったのが友恵さん(虎徹の妻)に関する掘り下げがなかったことですね。
シーンとしてはウェディングの宣伝をみて友恵のことを思い出す虎徹が描かれているのですが、
回想の入れ方として上出来ではないように感じられましたし、掘り下げとしては認められないでしょう。

そこは私が期待しすぎていたのもあるとも思いますが、PVがかなり期待させるような感じだったので
同じようにがっかりした人も少なくはなかったはずです。
ルナティックに関する掘り下げは後編にも期待できるかもしれませんが、
おそらく後編でやろうとしているであろう内容を考えると
友恵さんの掘り下げは今回がラストチャンスだったのでは…と思えて仕方ありません。
BD特典のドラマCDでの彼女のキャラクターが好きだっただけに、ちょっとだけそこはショックでしたw



少しだけ批判的なことも書きましたが、後編につながるであろう追加部分には
かなりドキドキしてますし、色々な妄想が膨らみます!

シュテルンビルトという町自体がNEXTの登場に関わっているのでは、という説に関しては
アニメ本編では明らかになりませんでした。もちろん今回の劇場版をもっても
そういった部分は見られなかったのですが、若干内容のシフトによる改変があったようにも思えるのですよね。

些細なことではありますが、新しく今年度からヒーローたちを受け持つ
会社名とその象徴がアニメ本編以上に強調されていたような気がします。
さらに次回作で起こる事件が「町の崩壊」となれば、これはほぼ間違いなく
NEXTの誕生に関する謎解きやこの町ができた理由など、期待されていたのに放送されなかった
物語の核心部分に迫ることになると思うのです。

このストーリーの核心部分云々に関しては、当初TV放送されるはずだったのだとも考えられます。
それはアニメ本編の中だるみ、というほどではありませんが
引き伸ばされた感じや最後のエピソードでの物語の終着点を見れば
なんとなく理解できる方も多いのではないでしょうか。

そうなると、「内容のシフト」という言い方には語弊があるような気もしますが
その辺の真意は製作者さんしかわからないので…まあいいですねw



こうして書いてみると、短い時間でかなり充実した出来栄えになっていることが伺えます。
劇場版として制作する上で、新規の方が見ることを前提に作らなくてはならないのは
基本的なことでもあると思うのですが、その基本がきちんと成されている丁寧さも見受けられました。
逆に、最近のアニメ映画に少し欠けているかもしれないなーと思える部分でもあるので
その辺はかなり高く評価できるかと思いますね。

おそらくこの作品なら、普段アニメを見ない一般人の方が見ても
不快に思うようなことはないでしょうし、ファンとしてもぜひもっと
多くの方にタイバニを知ってほしいし、好きになって欲しい!
そう思うからこそ、誰にでもおすすめできるような内容で嬉しい限りです♪
とは言ってもアニメをおすすめできるような相手がいなくて困ってるんですけどねー(ぇー



ほかにも色々と印象に残っている部分もあるのですが、
書き出すと止まらないのでとりあえずはこの辺で。

一言で感想をいうとマジで面白かった!としか言えないほど
良い出来でしたのでまだ観ていない方にはぜひおすすめしたいところ。
シリアス展開は次回作に期待ですね。またそちらは一年後になりますが、
その時までブログが存在すればまた書きますw

長文の閲覧、ありがとうございました~
スポンサーサイト

TIGER & BUNNY 25話 (最終回)

死んだと見せかけて主人公復活…!!王道すぎるけど

その王道の魅せ方が素晴らしいわw 最後まで本当、面白かったです♪


25話では家族愛に触れる面が多かったように思います。

鏑木家の家族愛はもちろん、ブルックス家の家族愛も魅せてくれました。


一時期疑っていたブルックス夫妻には、もう頭が上がらないですね(笑)

誰かを助けるためにロボットを作ろうとしていた…というだけで既にいい人なんですが

マーベリックの野望に立ち向かおうとする正義感、さらにはバーナビーに対する愛情。

どこをとってもいい人要素しかないです。既になくなっているのに、息子に対する愛情を

ここまで伝えられる事ができる事実を残しまくってるのも素晴らしいですね。


鏑木家はというと、虎徹がヒーローだということを知った楓ちゃんは

今までよりは虎徹と離れて暮らすことを懸念しなくなったみたいですね。

さらに虎徹は家でゴロゴロしていると「格好悪い」と言われてしまったようで。

もうそれは二部だろうとなんだろうと復活するしかないですねw

それでも、元一部のヒーローが二部に加わるというのはかなりプライド的にはきついでしょうけど。


そんな姿をみてどこか嬉しそうなユーリはいいですね。

もうただのワイルドタイガーのファンにしかみえませんw

多分自分の父親と同じ境遇にありながら、自分の父のようにならなかったことに

感心もしているのでしょうね。以前からワイルドタイガーを気にしまくっていたユーリですが、

やはり彼もこうなることを望んでいたのではないでしょうか。



殺されてしまったマーベリック、お札に浮かぶウロボロスマーク…と

気になる謎はたくさん残されました。雰囲気は最終回そのものでしたが、

2期・もしくは劇場版のための準備も万全、といったところですね!

正直、2期をつくるためか間延びしてしまったように見えた回もあったのですが

基本的にはこの作品のやり方とテンションを守り続けた素晴らしい2クールでした!


キャラクターの良さについては以前書きましたが、最終回で魅せてくれた

ヒーローたちのアクションも素晴らしかったですね。

個人的に待っていた折紙先輩のアクション! 巨大手裏剣を巧みに操るその姿は

今までのダサダサな折紙先輩とは違いましたね!むしろすごく格好良かった。


こういうアクションを待っていたんだ!とかこういうシーンが見たかったんだ!とかいう

視聴者の妄想でしかなかったことを次々に公式化してくれる作品づくりにも脱帽です。

多分、視聴者の見たいことがお見通しで、さらにスタッフもそれをやりたい!

と思える状況にあるのでしょうね。モブ子毎回登場、などスタッフ自身、この作品を

気に入っているのがひしひしと伝わってきます。


その愛が伝わってくる作品だったからこそ、家族愛をここまで秀逸に描くことが出来て、

多くの人に愛される作品になったのかもしれません。

この作品に関わったスタッフ・キャストの皆様、お疲れさまです!

素敵な作品をありがとう!そしてありがとう!w



TIGER&BUNNY 23話

バーナビーと虎徹のバトルは思っていたより短めでしたね。

でもバーナビーがあそこまであの呼び名を気にしていたとはww

シリアスで来ると思わせつつ、ギャグに持っていくタイバニクオリティw

予想を良い意味で裏切り続けますねーwシリアスは次回と最終回まで我慢ですかw


偽タイガーの中身はシス…という予想の方が多かったようで、私もそれに賛成でした。

もし中身がシスじゃないとなるとあの回の意味がなくなるから、という判断だったのですが、

冷静に考えればシスは上空で爆破されましたよね(^▽^;)

彼女の記憶媒体も何ももう残っていないんでしょうね…。それはそれで悲しい。


そうはいっても中身はやはり15話に関連しているロボットでした。

容姿は同じですがかなり改良が加えられているようですね。


それはそうと、折紙サイクロンの口から出た「ネクスト差別者(?)」という言葉が気になりました。

昔はネクストが人間離れしているという点から、差別する人が多かったという話もありましたが

現在でもやはり、ネクストの存在自体を嫌う人間もいるようですねぇ。


初回で登場していた子供がネクストを気味悪がるというのはまあわかりますが、

大人になってあそこまでネクストを嫌うということには何か理由があるような気もします。

単なる自分の研究によっているだけの研究者という可能性もありますが(笑)



視聴を始めてすぐは、タイバニが心を持つヒーローと心ないヒーローの対立を描く

作品になるとは思ってもいませんでした。これも良い意味での予想外ではないでしょうか。

元々どこかテンションだけで楽しむ作品ではないような話もあったので、

最後にはなかなかメッセージのある作品になるような気がしてきました。


研究によって生まれる発明は良いモノばかりではない。

発明では決してできることのない、人間にしかできない事が必ずある。


実際、現代でも主に人命救助をしているのは人間ですよね。

ヒーローはできるできない以前に人間がやることに意味があることなのでしょう。



次回も楽しみです♪今日も斉藤さんは天使だった!w



TIGER&BUNNY 22話


スカイハイの行動に思わず声が出そうになりましたww

その後ブルーローズが触っていたので今の楓ちゃんは氷を操れるんですよね。

楓ちゃんは多分ヒーローたちと一緒にいたら最強な存在になれるような気がします(笑)

状況に合わせて能力チェンジ!とかやってくれたら映像的には面白そう。


今回、もっとシリアスな展開になるかと思っていたのですが、割とギャグ調でしたね。

ロックバイソンの白状さはじわじわきましたw まぁ思い出が貸した金返せだから仕方ないかw


個人的に全員がブルーローズのような反応をしてもいいかな、と思ったんですが

実際、ブルーローズだけを特別にすることによって彼女の株は急上昇ですね!


一方、虎徹もブルーローズの想いにそろそろ気づかないといけませんよね。

鈍いといっても流石に彼女の気持ちの表れが明らかなので、

このままスルーし続けても彼女の気持ちが報われないような気がします。

叶わない片思いがずっと続いてもいいとは思うのですが、

やっぱり最後には区切りをつけてあげて欲しいです。



次回は虎徹とバーナビーのバトルが思いっきり見られそうですね!

現時点ではバーナビーが悪役みたいなポジションになっていますが

戦いのさなかで彼の葛藤も見られるといいですね。


展開的には「ェ…」といわれそうですが、魅せ方によってはバーナビーだけ

楓ちゃんに頼らず、虎徹とのバトルだけで思い出してくれる…とかでもいいですね。

なんだかんだで私は王道も大好物なので!(笑)



若干テンポが悪いような気もしましたが、次回、そのまた次回に期待ですね。

早くマーベリックが痛い目みるところが見たいです(笑)



TIGER&BUNNY 20話

ストーリーとしてやりたいことはなんとなく解ってきましたね。

マーベリックさんの作戦が今までよりも浅はかなのが少し気になりますが、

話の展開は相変わらず面白いです!

いよいよルナティックや楓ちゃんの活躍も…と期待してしまいますw



最初にも書きましたが、マーベリックさんの作戦が明らかに適当すぎるのは

この作品らしくないような気がしましたね。今までは自分の能力の限界を把握し、

準備も怠らずにやっていたわけなんですが。今回はどうも思いつきでやっている感じがしました。

ヒーローたちの記憶から虎徹の事を消すなんていうことも、絶対に一時的なことになってしまいますよね。

普通にヒーロー時以外で写真とか撮ってそうですしw

マーベリックさんはヒーローたちが結構仲良い事を知らなかったのでしょうか?


でも、見え見えなのも一種の王道さだと考えれば問題はないですかねw

なんだかんだでヒーローたちが虎徹を思い出すシーンは良いモノになりそうです。

後は魅せ方に期待ですね♪




そして今回は少しキャラについて書く余裕がありそうなので書いちゃいますw


この作品はストーリーの展開が面白いから人気がある、というのもありますが

それ以上の割合でキャラクターが面白いから、という支持が多いように思います。


確かに、これだけたくさんのキャラクターが登場してみんなのキャラが濃く、

テンプレでない作品はあまり他に見ないような気がします。


女性陣は結構よくあるキャラに見えますが、カリーナはただのツンデレではなく

既婚のオジサンに恋するツンデレです。まず叶うことのない恋なのですが

それが見ていて面白いんですよね。周囲のめんどくさくなってきた、という目線も面白いですしw


ホァンに関しても「ぼくっ子」はありがちに見えますが、ちゃんと理由があっての

一人称なのです。他の作品ならただの設定として一人称が「ぼく」だったりするわけなのですが

9話にてきちんとキャラを掘り下げられています。こういった掘り下げの効果が

後のキャラクター同士の会話などをより面白いものにしていると思うんですよね。


女性陣といえばネイサンもですね(笑)

オカマキャラなのですが、とりあえずここでは女性陣ということで書いていこうと思いますw


ネイサンは見ていて明らかですが、どちらの性別にも所属していないということで

どちらの気持ちも分かっていて、どちらの相談にも乗って上げられるキャラクターなんですね。


最近女性陣での行動が目立っていましたが、最初の頃は虎徹とバーナビーとの3ショットもあり、

ドラマCDではアントニオと虎徹との3ショットもありました。

そして、話す雰囲気などは違っていても毎回聞き手の位置に立つことが多いんですよね。

キースや虎徹の周囲を引っ張っていく力もすごいですが、ネイサンの周囲をまとめる力も侮れませんw

だからネイサンだけにスポットが当てられる回がなくても、ここまでキャラが立っているのでしょう。



…と書き始めるとやはり長くなってしまいますね(笑)

とにかく、この作品はストーリーの流れを楽しむ以上に

キャラクターを楽しむ作品なのでは…と今回特に思いましたね。


他のキャラクターも面白いのでまた機会があれば書いていきたいです^^



 | HOME |  »

プロフィール

すとぅるるる

Author:すとぅるるる
将来の夢は自宅警備員!とはさすがに言えない歳になってきた…w

アニメやゲーム、絵を描くことなどが好きです。
基本的にはただのオタクで萌え豚。
ツイッターでは記事に書かないアニメの感想や
ゲームのあれこれなどくだらないことを呟きます。


ツイッター


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ

春期アニメ総評 (12)
夏期アニメ総評 (19)
秋期アニメ総評 (15)
冬期アニメ総評 (12)
Fate/Zero 2NDseason (11)
ココロコネクト (1)
ペルソナ4(小説) (1)
ペルソナ4(ゲーム) (7)
ペルソナ4(アニメ) (10)
キングダム (3)
おジャ魔女どれみ16 (3)
あの夏で待ってる (9)
UN-GO (7)
ちはやふる (25)
Fate/Zero (13)
うさぎドロップ (4)
輪るピングドラム (9)
青の祓魔師 (2)
デッドマン・ワンダーランド (5)
C (10)
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 (10)
神のみぞ知るセカイⅡ (7)
TIGER & BUNNY (19)
Steins;Gate (7)
花咲くいろは (9)
イラスト (5)
スイートプリキュア (10)
フラクタル (8)
レベルE (7)
GOSICK (9)
みつどもえ増量中! (5)
魔法少女まどか☆マギカ (10)
夢喰いメリー (10)
君に届け 2ND SEASON (6)
それでも町は廻っている (10)
荒川アンダーザブリッジ*2 (7)
侵略!イカ娘 (11)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない (12)
Panty and Stocking (8)
STAR DRIVER 輝きのタクト (19)
テガミバチ REVERSE (8)
バクマン。 (6)
モンハン日記 ぎりぎりアイルー村 (7)
屍鬼 (20)
戦国BASARA弐 (11)
世紀末オカルト学院 (12)
学園黙示録 (12)
みつどもえ (13)
ハートキャッチプリキュア (30)
HEROMAN (14)
けいおん!! (18)
アニメ感想 (68)
その他 (30)
未分類 (1)
新世界より (15)
絶園のテンペスト (20)
たまこまーけっと (4)
進撃の巨人 (2)
ガッチャマンクラウズ (2)

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。