すとぅるるるのアニメ日和

≫あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 11話(最終回)


疑問が全く残らない最終回だったかと聞かれれば違いますが、

良かったかどうかと聞かれれば間違いなく良かった、と答えられる作品でしたね。


花火の打ち上げによって、めんまに変化がなかったのはやはり皆の気持ちが

バラバラだったからなのでしょうね。今回でめんまの望みは明かされましたが

それとは別で、超平和バスターズが個人の自己中心的な考えでめんまの

成仏を願っていたことも関係がないとは言えないはずです。



わかりやすいのはやはりあなるでしょうね。恋のライバル、

しかも全くかなう見込みのない相手がいなくなることは

自分にとって好都合だと考えない人なんてまずいないでしょう。

その点一番明かしやすい悩みだったのかもしれませんが、

彼女の告白から皆が告白をし始めるのは良かったですね。


ぽっぽもどこか最近可笑しな雰囲気がありましたが…意外と重かった。

むしろ、友達を見殺しにしてしまったという見方をすれば一番重いのかも知れません。

それでも告白することができたのは、皆がお互いを再び信頼し始めたからなのでしょうね。


彼は作中で一番昔と変わらない存在(めんま除く)として見られてきたわけですが、

それは一番昔から成長していないとも取れるような気がします。

世界を旅していたというのも、単なる「逃げ」だったのでしょう。


つるこの告白が見たいという願望は叶いませんでしたが

一応、あなるが仲介して伝えてはくれましたね(笑)

やはりあのつるこが10年も秘めた想いを簡単に口にするわけがないですよね。

それでもやっぱり見たかった…!!(黙w




この作品に登場する秘密道具(笑)日記帳は個人的に賛成派ではなかったのですが

最後にああいう使い方をされると受け入れるしかなくなってしまいますよねw


手紙のシーンは本当に号泣しました…。めんまが日記を取り出した時点で

大体何をするのか想像は付きましたがそれでもあの演出はずるい!w



最後に皆にめんまが見えるシーンがありました。もうこれは理屈とか関係なく

普通に感動すべきシーンですよね!どうして突然見えるようになったのか、とか

余計な理由とかは必要ないと思います。みんなの願いが叶ってやっと「会えた」のですから。




結局、母親の死から、友人の死から抜け出せないじんたんを

助けることが全体の話だったのかもしれませんが、

めんまは実際、それ以上のことを成し遂げました。


多分、これによって嫌な意味で「忘れられない超平和バスターズ」はなくなったわけです。

逆にいえば、モヤモヤが解消されたことにより

大人になるにつれて忘れてしまう出来事に転換されたとも言えるでしょう。


でもそれがきっと死んだ人の望みなのだと思います。

死んだ人は恐らくいつまでも自分の死を嘆いてほしい、なんて思っていないはずです。


よって、いつかは忘れてしまう出来事になっためんまたちは

「生まれ変わり」ができるようになったのでしょう。

もう自分の死で悔やみ続ける人はいない、と安心して。




いざ感想を書いてみると最終話の感想は書き辛かったですね。

これも私なりの解釈ですので、実際にこのようなメッセージが

込められているのかはわかりませんが。


なんにせよ、アニメやドラマは個々が好き勝手に受け止めればいいものですよね!(ォィw


終始感動させられっぱなしのこの作品は最終的にとても心に響く作品になりました。

この作品に関わったスタッフ・キャストの皆様、ありがとうございました!



スポンサーサイト

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 10話

花とめんまの関係性は生まれ変わりでしたか。

となると一瞬写った黄色い花はじんたんの母親の生まれ変わりでしょうか?


めんまの「生まれ変わるために成仏する」という考えは

じんたんの母の受け売りのようですが、それをじんたん自身が拒むことになるとは。

結局じんたんも大好きなめんまを独り占めしたいという願望を持っていて

ゆきあつたちとさして変わらないんですよね。


今回の「あの日」を再現することでゆきあつやあなるはちゃんと失恋しました。

ゆきあつはなんとか吹っ切れたような様子に見えましたが、

それでもあなるはじんたんが諦められないみたいですね。

多分、じんたんもめんまがいなくなったからといって代わりにあなるを選ぶことはないでしょう。

それがわかっているからこその涙なんでしょうね。

この辛さを乗り越えたときにあなるは大人になるのでしょうか。



つるこはというと、相手が近くにいるにも関わらず、想いを秘めて過ごしてきました。

ゆきあつがめんま一筋だということがわかっていたからこそ伝えなかったのかもしれませんが

代わりにあなるを選んだゆきあつを見てそろそろ気が気でなくなってきたという感じですね。


彼女は「あの日」の再現によって失恋してはいません。だからこそ最終回には

つるこの告白シーンも入っていればな、と思うのですがどうなりますかね。



おそらく、今回めんまが成仏しなかった理由の中に「超平和バスターズ」の

変化も含まれているのだと思います。「あの頃」に叶わなかったことをメンバー全員が

成し遂げ、心の中のモヤモヤを解消し大人になることが成仏の条件でしょうか?


数年後に成仏…とまではいかないかもしれませんが、打ち上げ直後に

めんまの成仏があり得るようには思えなくなりましたね。



今回一番良かったなと思ったシーンはめんまと弟の再会シーンですね。

…なんか自分でもよくわからないんですが涙がぶわっと出てきましたw


最終回までに不安なことは沢山ありましたが、それもこの調子だとカバーされそうな気がしてきました。

残り1話(?)ですが多分尺足らずではないでしょう。今期で一番構成はうまくいっているように思います。



あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 9話

今まで干渉しなかった事に意味があるとして、

前回、あのタイミングで干渉してきたことに意味があるのでしょうか?

本編のゆきあつたちの会話で

「どうして今までは筆談で自分の存在を証明したりしなかったんだろう」という

疑問が生まれていました。今まではできない理由があったのか、

それとも前回にやらなくてはならない理由があったのか。どちらにしても気になりますね。



じんたんの気持ちの揺れも超平和バスターズのメンバーの心の揺れも

基本的に波長があっていませんね。めんまの存在が与えた影響で

再びメンバーが集結するという良い点もありましたが、今こうしてみるとめんまの存在が

周囲に対する嫌な気持ちを募らせているようにも見えます。


もちろんこれがめんまの目的で、復讐だ、とは考えません。

結果としてそうなってしまっているわけですが、この状態をなんとかする方法は必ずあるでしょうし。


花火を打ち上げることで何かが解消されると良いのですが

今のこのモヤモヤとした状態で打ち上げた花火にめんまを成仏させるほどの力があるのでしょうか?

成仏したとしても、多分メンバーはすっきりしないでしょう。

お互いを悪く思う気持ちも晴れないままになります。


花火を打ち上げるのは最終回だと勝手に思いこんでいたのですが

次回予告で花火の打ち上げのようなシーンが写されていました。

誰かが今、打ち上げるべきでないと気づき阻止するのか、それとも

モヤモヤとした気持ちを打ち上げてしまうのか。


どういう方向に話が進むのか想像もつきません。次回も楽しみです♪


あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 8話

娘の死によっておかしくなってしまった母親。

じんたん達の成長をみて辛くなるのは当然ですが…

十代の子供たちにあの台詞はキツすぎるんじゃないでしょうか(笑)


確かにめんまの死はじんたんたちも実感しているように彼らの所為になるのかもしれませんが

ここまで年数が経っても恨み続けているのは恐ろしいですねぇ。

しかも今いる息子には殆ど愛情を注いでいないようです。

ある種、この母親もめんまに執着しすぎているゆきあつたちと同じですね。


以前めんまの弟が登場した時には「実の姉に対して偉く冷たいな」と

思っていたのですが、そういうことでしたか。

死んだ姉に対していつまでも執着し続け、今生きている自分には

見向きもしてくれない母親に対して引いている部分を直接母親に見せるわけにはいかない。

だから以前、姉はもう死んだんだからいいだろ、的なことを言っていたのですね。



今回、今までめんまが直接干渉しなかったことの意味がなくなってしまったのは残念でした。

正直今まで何度も「めんまがちょっとモノ動かせばいいのに」と思う人は多かったはず。

しかも文字まで書いてしまいましたからやろうと思えば

筆談でみんなと会話もできるようになってしまったんですよね。


じんたんがみんなに対して言葉を持たないめんまの存在を

どう知らせるのかが物語のポイントになってくると思っていたので

その点がなくなってしまったのはちょっと勿体なかったですね。

多分めんまは自分の所為でじんたんが疎外され始めたのが嫌だったんでしょうけど。



とは言ってもまだまだ気になる展開は続きます。

さすがにこれでめんまの存在を認めない人はいないでしょうからねぇ。

次回はめんまがどう動くのか。楽しみです♪



あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 6話

わすれてほしいけど、わすれてほしくない。

矛盾してはいますが、実際死んでしまった人の心情はそういうものなのかもしれません。

普通ならわからない故人の思いがめんまを通して語られているような気がします。



めんまの涙は確かに他人のために流す涙ばかりでしたね。

今回も自分の母親に対する涙を流しました。しかしめんまはやはり

他人の事を考えすぎな気がしますね。


よく言われる「死んだ人よりも残された人の方が辛い」という言葉がありますが

多分めんまはこれに従って気を使っているんでしょうね。

でも、この言葉が成り立つのは死んだ人間は

何も感じることもできなくなるからだと思います。


めんまの場合はどうでしょう。確かに死んではいるけれど

感情もあるしじんたんやみんなと一緒にいることができる。

そんな状態で自分の死を認識することが辛くないわけがありません。

前回、ぽっぽの言葉に涙を流したのは

自分の死を再認識してしまったから、というのもあるかもしれませんね。



ようやくメンバー全員がめんまの死と真面目に向き合いだした、という感じですが

これによって導き出される答えは正しいものになるのでしょうか?

前回のぽっぽにせよ、空回りになってしまう場合も今後少なくはないような気がします。

今回の本間家訪問が正しい方向に進むかどうかは日記の中身を見てからでしょうね。



この作品ではじんたんの成長にも目を向けたいところです。

以前学校に行こうとした時は登校中に言われた一言だけで引き下がってしまいましたが

今回は違いました。多分、あの時に今回起きたような事があっても

じんたんはあなるを助けなかったでしょう。既に彼の中で何かが変化し始めているように思います。


その変化が何なのかは、まだはっきりはしていません。

でも今の彼はあの頃のように今こそみんなを引っ張って行かなくては、

という使命感を持ち始めているような気がします。



彼のすべきことは恐らく超平和バスターズの復興。

そしてめんまに対する後悔を切り離し、各々の未来へ進んでいくこと。


これが今のところ推測できる範囲でしょうか。

また最終回に予想を裏切られてしまうかもしれませんけどねw



 | HOME |  »

プロフィール

すとぅるるる

Author:すとぅるるる
将来の夢は自宅警備員!とはさすがに言えない歳になってきた…w

アニメやゲーム、絵を描くことなどが好きです。
基本的にはただのオタクで萌え豚。
ツイッターでは記事に書かないアニメの感想や
ゲームのあれこれなどくだらないことを呟きます。


ツイッター


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ

春期アニメ総評 (12)
夏期アニメ総評 (19)
秋期アニメ総評 (15)
冬期アニメ総評 (12)
Fate/Zero 2NDseason (11)
ココロコネクト (1)
ペルソナ4(小説) (1)
ペルソナ4(ゲーム) (7)
ペルソナ4(アニメ) (10)
キングダム (3)
おジャ魔女どれみ16 (3)
あの夏で待ってる (9)
UN-GO (7)
ちはやふる (25)
Fate/Zero (13)
うさぎドロップ (4)
輪るピングドラム (9)
青の祓魔師 (2)
デッドマン・ワンダーランド (5)
C (10)
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 (10)
神のみぞ知るセカイⅡ (7)
TIGER & BUNNY (19)
Steins;Gate (7)
花咲くいろは (9)
イラスト (5)
スイートプリキュア (10)
フラクタル (8)
レベルE (7)
GOSICK (9)
みつどもえ増量中! (5)
魔法少女まどか☆マギカ (10)
夢喰いメリー (10)
君に届け 2ND SEASON (6)
それでも町は廻っている (10)
荒川アンダーザブリッジ*2 (7)
侵略!イカ娘 (11)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない (12)
Panty and Stocking (8)
STAR DRIVER 輝きのタクト (19)
テガミバチ REVERSE (8)
バクマン。 (6)
モンハン日記 ぎりぎりアイルー村 (7)
屍鬼 (20)
戦国BASARA弐 (11)
世紀末オカルト学院 (12)
学園黙示録 (12)
みつどもえ (13)
ハートキャッチプリキュア (30)
HEROMAN (14)
けいおん!! (18)
アニメ感想 (68)
その他 (30)
未分類 (1)
新世界より (15)
絶園のテンペスト (20)
たまこまーけっと (4)
進撃の巨人 (2)
ガッチャマンクラウズ (2)

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。