すとぅるるるのアニメ日和

≫UN-GO

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UN-GO 11話(最終回)


ついにこの作品も最終回。解決回ということでやはり盛り上がりはすごかったですね!

盛り上がりだけでなく、話として蹴りをつけた部分も丁度よかったのではないのでしょうか?

原作は読んだことがないのでわからないのですが、多分これが原作の最後ではないはず。

11話+劇場版でそこまでの話を全て終わらすというのは無理なので

「海勝さんのような良い人にも汚点があり、

 たとえその汚点が善のためでもそれを新十郎が許すことはない」

というこの作品らしい新十郎の歪みない正義感で締めくくったのは後味がいいですね。



推理に関しては怪しまれていた人が皆犯人でしたw

共犯である可能性はある…というのは前回書きましたが、

ただの共犯というよりは速水さんと別天王が他の犯人たちを

手駒にしたという方が合っているような気もしましたね。

各々が事件を起こしたというのは間違いないですが、最終的に

複数の事件が絡み合って、今回のようなややこしいことになったのですし(笑)



話としては、事件の関係者を全員集めるという推理ものらしい熱さもあり、

突如始まったボンズアクションでも驚かされ、さらには今回の事件で

新十郎が海勝のやり方を受け入れるわけでもなく一時の共闘だったという締め。

最終回にして盛りだくさんすぎる出来でした。推理が嫌いとか言いつつも

十分に推理要素も楽しめたような気がしますし、キャラクターも良いし…文句ないですね。



各ストーリー全てに何らかのメッセージがあったようにも思います。

全てが読み取れたかというと微妙なのですが、この辺りの解釈は人それぞれというわけで(笑)


今回なら、海勝さんの「美しい理想」のためなら何かを捨てなくてはならない、というやり方

新十郎の「それでも悪事を働いたことには変わりない」という思想、

そして速水の「恋」のためにここまでの事件を起こすという動機、

全てに共感できるような話になっているのは見事でした。



因果に関しては今後どうなるのでしょうね?「嘘」という言霊の塊を食べたわけですが、

あれは「嘘」であって「真実」のミダマではありません。そう考えると新十郎は

今後も因果にミダマを与え続けなければならないのでしょうか?


結局、今の新十郎は海勝のやり方を追求する上で探偵をやめることはないでしょうね。

その時にパートナーとして因果の存在は必要でしょうし、

たとえミダマを与え続ける必要がなくなったとしても

彼には今の仕事をやり続ける意味があります。彼にその「やるべき事」を

与えたのが最初は厄介ものでしかなかった因果だというのも「因果」という言葉と絡み合っていて面白い。


劇場版の感想にも書きましたが、因果の存在は悪の根源(原因)だったわけですが、

新十郎との出会い(間接的要因)によって悪の根源ではなくなりませんでした。

これも「因果」なのですが、彼が生きる理由を見いだせたのも因果のおかげであって

因果」なのですよね。(伝わりにくい文章ですみませんw)




(以下少し劇場版の内容含みます。今後観る予定のある方、

 ネタバレが嫌な方は飛ばしちゃってくださいw)





そして最後に語られていた新十郎が探偵で有り続ける理由。

彼は自分のやっていることを周囲に見せつけようとするタイプではないので

「昔好きだった女の体に乗り移っているのが因果だから」と言っていましたが、

実際、始まりは因果がミダマを食べる時に人を殺さないよう強制するためでもあったのですよね。

私は劇場版を見て後者の方が「理由」として強いものだと思っています。

そこをあえて自分の「個人的な理由」で因果の面倒を見ているという風に言うのは

「自己犠牲でやってるんだ」とか「自分はすごいんだ」というような

意識を持ち合わせていないからなのでしょうね。これも彼の魅力の一つでしょう。


そもそも、彼がこうして人のために動こうとしている事の原点は

身寄りのない自分を周囲の人たちが助けてくれて育ったという過去があるからなのですよね。

それだけでここまで無意識のうちに周囲のために動こうとする人間になれる彼は立派です。

少し自分が持つ固定観念にとらわれてしまう部分もありますが、そこは誰にだってある汚点でしょう。

少なくとも今回の事件では自分の固定観念による間違いを認めましたし、

彼はそうやって自分の推理を見つめ直すことができます。

「美しい真実」を作り出す海勝さんのやり方も時には良い方向に進みますが、

真実を追求するという仕事は新十郎の持ち合わせている様々な部分があるからこそできることなのでしょうね。



(劇場版の内容はここで終わり。)




全体として、本当に文句の出ない最終回でした。

今までに起きた事件が絡んでくるような構成、推理の魅せ方、

キャラクターなど言い出せばきりがないくらいこの作品は出来がいい。


様々な方面から視聴者を集めるような作りになっているのも魅力でしょう。

割とキャラクター重視で話を見てしまうような私でも楽しめるように

キャラクターにも魅力がありました。その魅力は回を重ねるごとに

強くなっていき、最終的には海勝の側近で最初から登場していた

速水さんが犯人…というドキドキさせられるような展開は本当に熱かったです!



劇場版に関しては、見ていればより内容を濃く感じられたかもしれませんね。

特別TV放送でやろうとしていた内容に関わってくるものではなかったかもしれませんが、

因果と別天王の正体、新十郎の過去について詳しく知りたい方は今から

DVDを待ってみるというのも良いでしょう。多分もう一度本編を見直したくなりますよw



この作品は劇場版や後に発表される話などに頼る作品とは別格かと思います。

劇場版は劇場版でまた違うメッセージが込められていましたし、

劇場版がなかったとしても同等の評価は得られたでしょう。


普段、劇場版や後日談に頼るような作品(明らかに商業目的)はあまり好まないのですが、

きちんと劇場版を見ていない人にもわかるような作りになっていたのは本当に見事でした。


2期を期待したいところですが、最後の語りまでいったところをみると…ないのでしょうね。

それでもきちんと完結させたこの作品は高く評価するべきかと思います。


今期ではまだ終わっていない作品もありますが、多分私がみた作品の中では1・2でしょう。

この作品に関わったスタッフ・キャストの皆様、お疲れ様です!



スポンサーサイト

UN-GO 10話


海勝がまさかの爆死…?まだ実際どうなったのかはわかりませんが、

犯人の目的は海勝が隠していることを世間に晒すことだと思っていたので

意外でしたね。もしこれで本当に死んだのなら、余計に犯人の目的がわからなくなるような。


まず、前回メガネ議員が犯人じゃないのかと書いたのですが、

わからなくなってきましたね。今回、運転手の男と議員に関係があることがわかりましたが、

未だに海勝を殺そうとする理由が見つからないのですよね。

よって、海勝を殺そうとする人物が議員と組んでいるという可能性も出てきました。

さらに、二人組みではなくグループである可能性も考えられますが…

実際犯行を行う人物よりさらに上の黒幕が存在することもありそうです。


海勝を殺そうとする人物として、テレビ局での爆発に居合わせた人物が

数人疑われていましたね。確かに、彼らにも犯行に及ぶ理由があるかもしれません。

ただ、議員やその他にいるかもしれない人物の上に立つほどの人物かどうか…と

言われると微妙なのですよね。 因果に指示を出している別天王が一瞬写りましたが

もし別天王に意志が存在するのなら彼女が黒幕ということもありそうな気がします。


まあ推理的なことは得意でないのでこの辺りでパスでw




今回、海勝が新十郎を信じている、という描写があったのには驚きでしたね。

新十郎がどこか海勝を嫌っているような描写はかなり目立っていましたが。


今後の展開としては今まで海勝が行なっていた「真実の塗り替え」を

新十郎が行うことになるかもしれなくなってきましたね。

まだ新十郎は海勝を信じてはいないようですが、本当の「真実」を知った時

多分新十郎は今回晒された件を隠す必要がある、と感じると思うのですよね。


それは海勝の生死にもよりますが、もしそうなれば皮肉ですよねw

今まで海勝のやり方を否定していた新十郎が結局は彼のやり方を

肯定することになってしまうのですから。




さて、次回は最終回というわけで今回は作品通しての

ストーリーが関係しているような描写が目立ちました。

なかなかわかりにくい作品ではあるのですが、毎週考えるのが

楽しみでもあります。解決回になるであろう次回は特に楽しみですね!


風守も相変わらず可愛いですし、色々な方向から

楽しめるこの作品の最後にはかなり期待出来そうです♪



UN-GO 9話

今回もまた謎が増えましたね。一体どこから触れていけばいいのやら(笑)

全部に触れると長ったらしくなりそうなので、

とりあえず特に気になった何点かだけに触れることにしますね。



まずは小説家の口。あれは因果の能力なのでしょうか?

口が使えなくなる=別天王も使えなくなるというのはわかるのですが

因果にそんなチート能力があったのですか!?

もしくは別天王と契約(?)する上で何かやってはいけない事を

やった人間がああなる、とかですかね?

この辺の説明はなさそうで怖いですねw

それとも既に説明されていて見落としている…?



そして因果が持っていたハンカチ。これは多分犯人であろう議員と

因果が関わった事を示しているのでしょうね。ミスリードの可能性もありますが、

とりあえず現時点での別天王所持者は議員さんっぽいような。

海勝さんに敵意剥き出しの速水さんも怪しいと言えば怪しいのですが、

どうもこちらがミスリードのように思えてしまいますね。


海勝さんに関してはまずないでしょう。彼がもし本気であの人たちを

殺そうと思っていたなら、普通もっとうまくやるはずなのですよね。

あの状況は明らかに彼が犯人だと思われるような状況ですし、

彼が起こした爆発というよりは彼に罪を着せるために起こされた爆発です。


もし議員が犯人だとすれば、今のところ動機の説明ができなさそうですが…。

やはり犯人の推測は私にはむいていませんねw



複数存在する海勝に関してはやはり別天王でしか説明できませんね。

前回も書いたとおり、ラスボスは別天王の所有者になるのでしょうけど

個人的にラスボス=議員となるとちょっと違うな、といった印象。

残り2話なのでまた新たな人物、もしくは既に更なる黒幕が…という

展開になる可能性もありそうですね。既にいるのなら展開としてかなり熱いですねw



私は推理ができないので解決編にならないと話の筋が見えてこないのですが、

それでもこの伏線や謎の散りばめ方が最高ですね!

もう少しで最終回を迎えてしまうというのが非常に残念ですが、

推理だけでない話の落ちどころがどこになるのか、期待できますね♪


解決編になるであろう次回はもうちょっと頑張って感想書きます(笑)

UN-GO 8話


普通に別天王の能力って受け止めて大丈夫だったみたい(笑)

変にひねくれて見ようとしたらダメですねぇw

話題になっていたツイッターでの発言は一体…?w


今回で劇場版を見ていない人も大体わかるようになったんじゃないですかね?

細かい部分はさておき、別天王は「術者が言った言葉を

現実で起きているかのように錯覚させる能力」を持っていることが発覚しました。

これで因果と対になる存在だと言うこともなんとなく分かったのではないでしょうか。



さて、これでやっと能力の説明が終わってさらに面白くなってきました。


今回の事件に関しては、新十郎が別天王の能力を破る以外は

全て小説家の筋書きどおりになりました。前回書いたように

女優たちは全員囚人だったのですが、おもに戦争が原因で捕まった人たちでしたね。


戦時中と言えば偏った思想を抱くだけで罰をくだされたりするのものですから

なんとも理不尽です。「テロリスト」といってもこればっかりは責めることもできないように思うのですよね。

そういった意味で小説家が見せていた世界は彼女たちには理想だったのかもしれません。

現時点では小説家の犯行理由がいまいち見えてこないのですが、

理不尽な理由で捕まった囚人たちに夢を見せることが目的だとか言われたら

小説家のキャラクターも違うふうに見えてきそうな気がします。

まあ彼の今までの行動やらをみると単に自分が楽しむためだった、というのが

一番ぴったりなんですけどねw 結局何が言いたいかというと

この作品は時代背景も含めて犯人の動機を探ると、現代で同じことをした

人間を見る目とは違う目で見られて面白いです。

同時に「戦争」に重きを置いている部分もあると思うので、過去に起きた戦争を

考え直すことにもつながったりするかもしれませんね。


話が大きくそれてしまったのですが、次回は海勝の秘密にも迫ることになりそうです。

というか、残りの話数的にラスボスは海勝になるのでしょうか?

速水の口から「別天王を連れ出したのは海勝じゃないのか」という言葉を

聞くことになったのは意外でしたが、もし本当にそうだとすれば

そうなる可能性も十分に考えられますよね。 


今まで1話構成であっても2話構成であってもうまく着地してきたこの作品ですが、

最終話の着地点は一体どこになるのでしょうか?別天王が出てきたということから

彼女が付く人間がラスボスになるのはほぼ間違いないのですが、

物語としてどう蹴りを付けるのか非常に楽しみですね^^


UN-GO 7話


劇場版を見れば話がわかる!と思っていたら大間違いですね~w

今のところ、劇場版みてわかることってかなり少ないようなw


正直今回の話をみて理解できたことはほとんどありません。

そこは前編後編に分けて次回明かされるんですかね?



今回新十郎がいた世界は戦争が起きていない世界でしたね。

演出的には別天王と小説家の力によって、新十郎が異世界に飛ばされたような状況ですが、

果たしてそれをそのまま受け止めてしまっていいのかどうか、ですよね。


まず、風守が介入できるというのは不思議ですよね。新十郎の思考の中なら

風守が侵入することは不可能。また、異世界であったとしても介入することは不可能なはずなのです。

この時点で今新十郎がいる場所がどこなのか、一言で片付けるのは難しくなりますね。

劇場版で得た答えをそのまま適用するのが現時点では無難ですが…。



後気になるのは、公式の相関図で紹介されている女優たちと

本編で出てきた女優たちの容姿があまりに違いすぎた事ですかね。

おそらく、公式の相関図で描かれている彼女たちの服装は囚人ですね。

作中でも「罪人」という言葉が出てきましたが、多分実際に彼女たちはそうなのでしょう。

「罪人もそうでない人も平等に裁かれる」という言葉からもなんとなく想像できますね。


監督が新十郎に彼女たちと関わるな、といった理由はそこからでしょうか?

この辺は本当に何もわからないので次回を待つしかなさそうなのですが、

やはり今回のこの終わり方はモヤっとしますねぇw



謎解きをする見方は私には向いていないので基本的に

解決編以外の感想は短くなってしまいそうですねw

今回の事件の犯人に関しては女優3人の中にいるという事は

ほぼ間違いないのですが、それ以外はさっぱりです(-_-;)


とりあえず、事件の解決を待ちますw








 | HOME |  »

プロフィール

すとぅるるる

Author:すとぅるるる
将来の夢は自宅警備員!とはさすがに言えない歳になってきた…w

アニメやゲーム、絵を描くことなどが好きです。
基本的にはただのオタクで萌え豚。
ツイッターでは記事に書かないアニメの感想や
ゲームのあれこれなどくだらないことを呟きます。


ツイッター


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ

春期アニメ総評 (12)
夏期アニメ総評 (19)
秋期アニメ総評 (15)
冬期アニメ総評 (12)
Fate/Zero 2NDseason (11)
ココロコネクト (1)
ペルソナ4(小説) (1)
ペルソナ4(ゲーム) (7)
ペルソナ4(アニメ) (10)
キングダム (3)
おジャ魔女どれみ16 (3)
あの夏で待ってる (9)
UN-GO (7)
ちはやふる (25)
Fate/Zero (13)
うさぎドロップ (4)
輪るピングドラム (9)
青の祓魔師 (2)
デッドマン・ワンダーランド (5)
C (10)
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 (10)
神のみぞ知るセカイⅡ (7)
TIGER & BUNNY (19)
Steins;Gate (7)
花咲くいろは (9)
イラスト (5)
スイートプリキュア (10)
フラクタル (8)
レベルE (7)
GOSICK (9)
みつどもえ増量中! (5)
魔法少女まどか☆マギカ (10)
夢喰いメリー (10)
君に届け 2ND SEASON (6)
それでも町は廻っている (10)
荒川アンダーザブリッジ*2 (7)
侵略!イカ娘 (11)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない (12)
Panty and Stocking (8)
STAR DRIVER 輝きのタクト (19)
テガミバチ REVERSE (8)
バクマン。 (6)
モンハン日記 ぎりぎりアイルー村 (7)
屍鬼 (20)
戦国BASARA弐 (11)
世紀末オカルト学院 (12)
学園黙示録 (12)
みつどもえ (13)
ハートキャッチプリキュア (30)
HEROMAN (14)
けいおん!! (18)
アニメ感想 (68)
その他 (30)
未分類 (1)
新世界より (15)
絶園のテンペスト (20)
たまこまーけっと (4)
進撃の巨人 (2)
ガッチャマンクラウズ (2)

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。