すとぅるるるのアニメ日和

≫Fate/Zero 2NDseason

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fate/zero 2NDシーズン 25話(最終回)

これが聖杯戦争に参加した者たちの「運命」。

締めくくりというよりは次の作品へ繋げるような形で最終回を迎えました。
既に続編であるstaynightはアニメ化されているようなので
その作品の「宣伝」止まりの作品になってしまうのかなーという不安もありましたが、
切嗣やセイバーなど今回の聖杯戦争に参加した者がそれなりに自分の答えを見つけ、
運命に従っていく様子が丁寧に描かれていたかと思います。


最後まで好きになれないし、共感もできなかった綺礼ですが
彼に関しては最終回でやっとなんとなくは彼の心情もわかったような気がします。
それでも綺礼というキャラクターを好きになることは無理そうですがw

結局彼をあんなふうにしてしまったのは、求めた末に見つけた答えが
自分の思っていたのと全く違う答えだったということが一番の原因でしょう。
これは切嗣に対する彼の固定観念が招いた結果ですが、
今までの一連の流れと他人との関わりがなければ綺礼もここまで
落ちぶれることはなかったように思います。元々「何もない」人間だったので
ほんの少しの些細な出来事が彼の運命を狂わせてしまったのかもしれませんね。

そういった彼の「運命」は哀れむべきでもあるのかもしれませんが、
最終的に自身であの道を選んでしまった以上、同情することはできません。
それでも綺礼が「人間らしい」切嗣をみて羨んでいるかのようにも
見れたシーンは考えさせられましたし、良かったかと思います。
今までで一番、綺礼の人間らしさが見えるシーンでしたね。


アーチャーことギルガメッシュはというと、聖杯の意志により
「受肉」することに成功したようです。彼自身の望みが受肉という
結果に繋がったのは綺礼の末路を見届けたい、という部分からでしょうね。
こういったギルガメッシュの人柄は聖杯に気に入られる要因だったのかもしれません。

同じように生きることを義務付けられた綺礼もまた、
聖杯に気に入られた存在なのでしょう。言い方は悪いですが
私がこの作品をみた印象だと聖杯は相当ひねくれているし、
他人の不幸をみて喜ぶギルガメッシュと同じような存在だと思っています。

それが今回この二人を勝利に導いた上で一番重要な点だと思っているのですが、
この「運命」が聖杯によって義務付けられものであり、
なにをどうあがいても覆されないものだとは思いたくありません。

この作品、「Zero」をみただけだと、綺礼が聖杯戦争に参加することになった経緯や
ギルガメッシュが時臣のサーヴァントとして現界した不幸(笑)など
彼らが勝利することが始めから決まっていたかのように思える部分も少なくありません。

それでも最終的にウェイバーのように良い方向へ人生を転換するきっかけになった人もいますし、
全てを「負」の方向へ導こうとする聖杯にも思い通りへいかない部分もあるのではないでしょうか。
そういった部分が積み重なり、いつか誰かが聖杯に勝利することができるのではないか、
そんな希望を持てる最終回にするといった意味で続編のキャラクターが登場したのはよかったです。

私はZeroからの視聴ですが、養子の登場はこの物語が無意味でなかったということを示す
重要な鍵になっていたように思います。大人になってしまった切嗣に対して
「自分が正義の味方になる」と宣言するシーンはこの作品にとって一番の希望になったでしょう。
そうはいっても、子供じみた平和を望んで戦ってきた切嗣が聖杯に触れ
どうなったかを知っている視聴者は「そんなの無理なのでは」と思わずにはいられないはずです。

それでも、「希望」がある以上その結末を見届けたいというのが一般的な考えで、
このラストによってstaynightへ興味を持った人は私だけではないはずです。
先ほども書いたウェイバーの成長もあったわけですし、「負」の方向に進まない
結果がありえないわけではないということも証明されています。
不可能に限りなく近いことかもしれませんが、もしかすると切嗣が果たせなかった事を
四郎が果たしてくれるのでは…と期待せずにはいられません。

また、バーサーカーことランスロットとの会話を通じて、
新たな決断をしたセイバーの活躍も非常に気になります。
Zeroではあまり活躍が見られない、と聞いていたはまさにそうだったのですが
この聖杯戦争が彼女にとってプラスになったということはわかりました。

逆にこの聖杯戦争によって絶望した部分も多かったかもしれませんが、
理想の王であろうとする彼女が絶望するだけで終わるわけがありません。
それをバネにしていつかまた自分の果たすべきことのために戦おう、と決心できるのは
素晴らしいことだと思います。そういった意味でのリベンジマッチになる
staynightはそれなりに彼女の活躍にも期待できそうですし、
何よりもセイバー自身が今回の戦いを経てどう変わったのかが気になります。
アニメよりもゲームを推奨される方が多いので、いつかプレイしてみたいですね。


全体を通して、映像のクオリティはもちろん、ストーリーの構成、
音楽などどこを取ってもほぼ完璧といっていいような作品でした。
所々個人の感情や思想を持ち込んで考えると異論がでる作品でもあったかと思いますが、
そういった自分の考えについても改めさせられる内容の作品は
ここ最近で少ない貴重な作品のように思います。

伝わってくるメッセージ性だけでなく、様々な境地に立たされた
魅力的なキャラクターをあれだけの人数、丁寧に描ききったのも素晴らしかったです。

褒め出すと多分止まらないのでこの辺にしておきますが、
間違いなくこの作品は私のアニメ史に大きく名を残す存在になりました(笑)

この作品に関わったスタッフ・キャストのみなさまお疲れ様です!
素敵な作品をありがとうございました!

スポンサーサイト

Fate/zero 2NDシーズン 23・24話

一挙放送でしたので、まとめて感想書かせていただきます。
2話分を1話として捉えてしまっているような部分や
内容が前後してしまっている部分が目立つかもしれまん。



バーサーカーの正体がついに明かされましたね。

一応、11話の時点で(というか1期EDがネタバレw)
バーサーカーがランスロットであることを踏まえた感想は書いていました。
その点においては予想できていたのですが、ランスロットがセイバーを
ああまで恨んでいる理由がどの説に基づいたものなのかがわかりにくいですね。

11話の感想の時点ではそこまで言及してはいませんでした。
でも、こうしてランスロットとアーサー王が戦っているのだけをみた結果、
ランスロットの怒りの矛先がどこに向いていたのかがわかりません。

もしグェネヴィアとの関係があった説に基づいているのならば
ランスロットは自分が原因で円卓の騎士がバラバラに
なってしまったことへの罪悪感のようなものを抱いていたはずです。
それがどういう過程で「怒り」という感情に変わってしまったのかは
非常に興味深い点です。もしかすると小説では描かれているのかもしれませんが、
できればこの辺も過去の回想などで補完して欲しかったですね。



結局、セイバーが出した結論は我武者羅な結論でした。
というか、ここ最近のセイバーは自らが貫こうとする「王道」に
押しつぶされそうになっているような印象が強いです。

今回セイバーがライダーの言葉を思い出すシーンがありましたが、
ライダーの言葉はまさにその通りでしたね。
その時から既にライダーは、彼女が「理想の王」であり続けることで
掴めるものが少ないのだと見抜いていたのだと思います。

それでも自分が信じる王道を貫き続けるセイバーはかっこよくも見えますが、
ライダーのように「この人について行きたい」と思えるような姿ではありません。
さらに次回、足掻いて足掻いてつかみ取ろうとしていた聖杯を
自らの手で壊すことになりそうなので、もう本当に彼女には絶望しかないように思います。

おそらく、今回の聖杯戦争においてセイバーは
自分の貫こうとする王道が人々にどんな影響を与えるのかを学ぶことになるのでしょう。
彼女がZeroにおいてヒロインらしくないのは、
そういった面での成長過程だからなのかもしれませんね。

staynightの知識は全くないのですが、もし今回の聖杯戦争での
記憶や経験が5次にも引き継がれるのならば、セイバーにとってのリベンジマッチであり、
本番であるのはstaynightになるのでしょうね。
もしそうならZeroで目立った活躍がなかったのにも納得できます。



反対に「成長物語」として綺麗に終わらせたライダー陣営は最後まで清々しかったですね。
大好きな陣営だったので退場してしまうのは
非常に辛かったのですが、最後にいいものを魅せてもらいました。

特によかったシーンはウェイバーがアーチャーと対峙するシーンですね。
アーチャーから目を背けず、自分の成すべき事を真っ直ぐと
見つめているウェイバー。彼の成長の全てが魅せられたシーンでした。

それをアーチャーが認めたのも十分に納得できます。
ウェイバーの揺るぎない決心はアーチャーにとってライダーと
同じようなものを感じさせられたのでしょう。
おそらくウェイバー以外にアーチャーを納得させるマスターはいないでしょうね。

最初は命をかけて聖杯戦争に参加し、自分の実力を見せつける、という
目的しか持っていなかったウェイバーが今後の人生を見定め
生きる道を選んだというのはこの作品において一番綺麗にまとめられた部分だったかと思います。


おそらく、このライダー陣営でのウェイバーの成長が
第四次聖杯戦争において唯一よい方向に進んだ出来事になるのでしょうね。

他のサーヴァントやマスターは自分の夢の儚さを知り、絶望するばかりになりそうです。
というか、実際願望器に辿りついた切嗣が絶望してしまったのですから
もう今回の聖杯戦争に望みはないですね(苦笑)

後はセイバーが今回の聖杯戦争でどういった事を学び、
次の聖杯戦争に引き継がれるのかが気になるところです。

大方決着がついた今回でしたが、次回は一体どんな風に締めくくられるのか、楽しみですね。

Fate/zero 2NDシーズン 22話

ウェイバーが決断する鍵になったのは意外な人物の言葉でした。

マッケンジーさんが言うことは1期の最終話でライダーがウェイバーに
言ったこととほぼ同じことだったのですが、改めて別の人物に言われると
その言葉の意味をちゃんと理解できたのでしょうね。

「今が命をかける時ではない。」これは、命をかけて戦うことが
自分の実力や才能を見せつける唯一の手段だと思い込んでいた
ウェイバーの考えを改めさせるきっかけになりました。
以前ライダーに言われた頃は、ライダーが自分を馬鹿にしているのだと
反発するような結果になりましたが、仲間の命をもかけてまでオケアノスを
夢見たライダーがどんな思いで戦っているのかを理解した今、
ウェイバーにとって同じ言葉も違うように聞こえたようです。

ここからも彼の成長は十分に読み取れますが、マッケンジーさんたちへの
普段の接し方も伺えたのは今回のとても良かった部分だと思います。
確かにウェイバーの優しさは、日頃のライダーに対する囁かな親切心、
キャスターによって無残な死に方をした子供たちを哀れむ心など
少しですが描かれてきました。そして今回、暗示がとけたマッケンジーさんが
赤の他人であるウェイバーに「君が孫でいてくれて嬉しい」と語るシーンがありました。
このシーンはマッケンジーさんの本当の孫との関係を考えるとちょっとうるっときましたね。
ウェイバーが偽物の孫であっても良い孫であろうとする姿が伺えましたし、
なにより、それがマッケンジーさんたちにとっても良い方向につながっていたというのがいいですね。
ウェイバー自身は自覚していないかもしれませんが、
彼には間違いなく無意識に周囲へ優しく接する心があります。

最初に聖杯戦争への参加を決めた頃のウェイバーは「命をかけて自分の力を見せつけること」
だけが目的でした。でも今は自分の良さを見つけ、さらにはそれを認めてくれる人々がいる。
ライダーを自分のサーヴァントとして従えることをやめたのは、
これが自分にとっての聖杯戦争のゴール地点だと思ったからなのでしょうね。

でもそれは自分がゴールしたから後はどうでもいい、というわけではなく
オケアノスを夢見て共に命をかけ、死んでいった戦友を思うライダーへの
優しさなのでしょう。ウェイバーは自分がついていっても邪魔になるだけで、
最悪の場合はライダーが過去に失った仲間と同じ道を歩んでしまう、と考えたのでしょうね。
決して自分の身の安全を優先したわけではなく、
生前と同じ悲しみをライダーに与えたくなかったのだと思います。
最終的にライダーが出した答えはウェイバーが出した答えの斜め上をいっていましたが。

こうしてウェイバーも「戦友」としてライダー最期の戦いに参加することになりました。
一見、ライダーは過去の過ちに気づけなかったのでは?とも思えるかもしれませんが、
実際のところウェイバーを死なせる気なんてさらさらないのでしょう。
彼の出した結論はおそらく「戦友と共に戦い抜き、なお戦友を死なせない」と
いうものなのかもしれません。仲間を死なせるのが怖いからといって
孤独に戦う道を選ばなかったのは彼らしいですね。でも、よく考えれば
彼にとってその決断は当たり前なのですよね。もともと仲間を大切にしてきた
彼ですから、仲間と共に戦うことをやめるなんてまずあり得ません。

今回ウェイバーを馬に乗せたライダーは間違いなく生前叶わなかった仲間との勝利を掴む気でしょう。
最悪の場合、それが叶わなかったとしてもウェイバーという戦友を死なせない自信はあるようです。
最初にライダーが聖杯を欲する理由としてあげていた世界征服もウェイバーによって
少し方向がかわったような気がします。ウェイバーの優しさに影響されてか、
過去に夢を追うばかりで失った仲間を思い、どちらかというと今は仲間の安全を
重視した考え方にかわったような気がします。この辺は特に私の個人的な考えなのですが。


次回はいよいよ最終決戦開幕ですね。ライダー組は今回で退場するものだと
思っていたのでひとまず安心しましたが、次回の活躍が最後になるか…と
結局毎回不安でいっぱいになりそうですね(笑)

ついに綺礼も念願の切嗣とあいまみえることになりそうですし、楽しみですね。
その他アーチャー対ライダー、セイバー対バーサーカーなどの戦いも
見所になりそうです。誰が勝ち上がるかはなんとなくわかってしまいますが、
それでも期待せずにはいられませんね!



-お知らせ-

旧ブログすとぅるるるのアニメ日和(Ameba)から移転してきました。
5月末までは両方のブログの更新を行いますが、6月以降はこちらのFC2ブログでのみ更新を行います。

移転後もどうぞよろしくお願いします!



Fate/zero 2NDシーズン 21話

綺礼が仕向けた雁夜の運命…。更なる外道の誕生ですね(苦笑)

今回で、やはり前回アイリスフィールをさらったのはライダーたちではない、と
いうことが発覚しましたが、バーサーカーの本来の能力が変身だったのには驚きました。
となると、今まで手に触れたものが宝具になっていたのは、
その能力を物体に利用していただけということになるのですね。

自分の宝具や大技がなくても現時点で通常運転のアーチャーとは
互角に戦える戦闘能力が備わっているのがすごいですが、
これは過去に彼が生きていた頃の成果なのでしょうね。
前期のEDやセイバーに対する執着などから、既に真命はわかっていても
やはりセイバーとのバトルに期待したいですね。


さて、悲痛な運命をたどる雁夜おじさんはというと、
今回はまんまとハメられてしまいましたね。
というか、蔵ケン(石辺に見)もこれを楽しんでいる以上
今後もハメられ続けるのでしょうね。
予想では次あたりにバーサーカーとセイバーの戦いを仕組んできそうです。
雁夜だけでなく、バーサーカーも悲痛な運命を辿ってきた人物なので
特にアーチャーあたりが思いつきそうですね。同時にセイバーの苦悩も
目の当たりにすることができるでしょうし…。

この点をみると、蔵ケンが始めから雁夜に期待をしていなかったということが
よくわかりますね。おそらく彼があの英霊をバーサーカーとして
召喚させたのはより悲痛な運命を辿らせるためだったのだと納得できてしまいました。

こんなことを書いていると私も楽しんでいるかのように見えますが、
実際見ていて最高に気分が悪いですね!(どっちだよw
やはり人の不幸を楽しむ、という蔵ケンやアーチャー、綺礼の考えは
理解できません。ましてや、下心があったといえど葵さんへの
愛一心で頑張っていた雁夜への仕打ちはあまりにもひどすぎると思いました。

もちろん、雁夜に全くの非がないわけではありません。
むしろ、彼の中は矛盾と自己中と勘違いでいっぱいです(笑)

でも彼の間違いには人間らしさが見受けられますし、なぜか共感できてしまうのですよね。
自分が雁夜のような苦痛を味わったことがあるのかと聞かれれば、ありません。
でも、彼の葵さんを取られたという憎しみ、桜ちゃんを奪われた葵さんを
救ってあげたいという愛情…行動と想いは矛盾していても
人間らしさがにじみ出ていて、とても良いキャラクターになっているのですよね。

おそらく、今回綺礼たちがシナリオを描かなかったとしても
雁夜の思い描く未来は来なかったでしょう。そもそも自分が思う
葵さんの心情が現実と全くの正反対なのですから当然ですね。
そんな結果が待っているとしても個人的に綺礼たちにお茶を濁してほしくはなかったです。
雁夜が思ったとおりの行動をとって、自分は間違っていたのだと気づけば
まだ話は違ったでしょう。ましてや、自らの手で葵さんを
殺すようなことにはなっていなかったはずです。

今、まさに桜ちゃんに顔向けできない状態の雁夜はどうなるのですかね。
このままセイバーと戦って終わり、というのはさみしいので
どういう形であっても桜ちゃんとはきっちり
自分で決着をつけさせてあげてほしいです(笑)




ライダー陣営に関しては、もうほんとナイスコンビで見ていて清々しいです!
前回の迷いがどういう形でまとまったのか気になるところですが、
とりあえず現時点で迫り来る難敵に正々堂々と挑む決心が見られたので満足。
おそらく前回課題となったお互いの目的の相違は彼らが脱落する時に語られるのでしょうね。

というかそれ、多分次回じゃなイカ…?w 
なので、ほぼ確定で次回はライダー陣営が退場しちゃうみたいですね…。
非常に寂しいですが大好きな陣営だけに良い回を期待せずにはいられないです。
個人的にこの作品に触れ始めてすぐくらいからウェイバーは
この作品において「成長する人物」だろうなーと思っていたので
実際退場するのはライダーだけになりますかね?

彼らの最後がどんなものになるのか、あまり想像がつきませんが楽しみですね。
好きキャラの最期を見届ける覚悟はまだですが、早く来週になってほしいところです(笑)



-お知らせ-

旧ブログすとぅるるるのアニメ日和(Ameba)から移転してきました。
5月末までは両方のブログの更新を行いますが、6月以降はこちらのFC2ブログでのみ更新を行います。

移転後もどうぞよろしくお願いします!

Fate/zero 2NDシーズン 20話

ライダー陣営の登場でほっこり(*´∀`*)…してる場合じゃなかったですね(笑)

切嗣の過去編が終わって、ストーリーはまた本筋に戻ったわけなのですが
アイリがそろそろ本当にヤバそうだったり、
各陣営も本格的に他のマスターを倒しにかかろうとしています。
いよいよ第4次聖杯戦争にも終わりが近づいてきた、というところでしょうか。


さて、今回はどこの陣営も大きな動きがあったので
陣営ごとにわけて色々と考察したいと思います。




まずはライダー陣営。彼らはやはり誰が見ても一番マスターとサーヴァントの
相性がいいコンビですね。ただ一つだけ合わない点といえば聖杯に対する考えでしょう。

聖杯戦争に参加している誰しもが思うであろう「聖杯とは本当に存在するのか」という疑問。
この疑問を持つのは2人とも同じなのですが、ウェイバーは真実などどうでも良く、
ただ自分にもできることがあると証明するためにそれを求めているようです。
要するにウェイバーは聖杯への祈りを果たすことが一番の目的ではないのですよね。
それを知っているからこそライダーもイマイチ乗り切れないのでしょう。

でもライダー自身は一応「受肉」という野望があるので聖杯を
欲していないというわけではありません。単純にいけばここで利害が一致し、
聖杯をとろうよ!といった流れになるのが普通なのですが、
そうならないのはライダーの前科にも原因があるように思います。

彼は自分の野望のために多くの人を犠牲にしてしまった、と言っていました。
おそらく、当初の自分の無鉄砲さを悔いているのでしょうね。
彼の王道に惹かれ、賛同する人々が多く死んだのですから
自分の所為だと思ってしまうのも無理はないでしょう。

ですが、その犠牲となった人々は皆、自分の意志でライダーに賛同し
同じ道を進もうとした者たちです。私としては死んだのも自己責任。
ましてや自分のやりたいことを全うして死んでいったのですから
その人々は無駄死にではないと思います。

でも、その人々とウェイバーが同じ存在かと聞かれれば違いますよね。
少なくとも、ウェイバーはライダーについて行くだけの存在ではありません。

だからこそ余計に、同じように自分の野望のためにウェイバーを巻き込むのが
嫌で仕方ないのでしょう。ランサーがそうだったように英霊のほとんどは
自分の過去の過ちを正したいから聖杯戦争に参加しているのですから当然ですね。

おそらくライダーはウェイバーがライダーに賛同する存在だったとしても
巻き込むことを躊躇したでしょう。それもまた前科があるから、となりますし、
なによりウェイバーの願いは今ここで命をかけて聖杯をとることで
果たされるとは限らない願いなのですしね。
というかむしろ、ここで聖杯を勝ち取るという方法よりも
もっと別の方法で果たすべきことなのでは…とも思えます。
これもおそらくライダーがウェイバーを巻き込みたくない理由の一つでしょうね。


まとめると、彼らは相性がいいのですが求めるものが違うのですよね。
ライダーは万が一ウェイバーが聖杯を手にした時に彼が変わってしまうのも怖いのでしょう。
なんだかんだでウェイバーの自分と似た無鉄砲さ、
高みを目指すために努力を惜しまない心構え、正義感の強さなど
上げればキリがないほど大切にしたい部分が多いはずです。

そんなウェイバーに今のままでいて欲しいから聖杯をとるのはちょっと…とも
思い始めているのかもしれませんね。それでもマスターであるウェイバーが
望む限り、今一番ウェイバーがやってほしいと思っていることをやるのでしょうけど。





次はセイバー陣営についてです。


舞弥は自分が空っぽだとか人間らしくないとか言いますが、
既にそれは人間らしさを持っているということの現れではないかと思います。

おそらく舞弥が切嗣に「昔の切嗣=人間らしくない切嗣」であってほしいと思うのは
自分が「人間らしさ」を取り戻すことによってどれだけの悲しみを背負うかを
理解したからなのでしょうね。人間らしくあることは機械のように
生きることよりも苦しいことだと感じたからなのかもしれません。

でも、それと同時に舞弥は人間らしさを得ることで切嗣のことを想い
ただ効率だけを考えて機械的に動くモノではなくなりました。
それはアイリと一緒に綺礼に挑んだ時もそうでしたし、
そう考えるとかなり前から舞弥にも人間らしさが芽生えていたのだと考えられます。

そんな彼女が退場してしまったのは正直非常に残念ですね。
今までは彼女に特別な感情はなかったのですが、
彼女もアイリと同じように切嗣に「人間らしさ」を貰った存在だと気づいた今
彼女の死はただ切嗣の「機械」が死んだというものではなくなったように思います。

唯一救われたな、と思うのは「人間らしさ」を得たことによって
苦しみながらも誰かを愛して逝けたのはよかったのではないでしょうか。
「機械」として人生を終える方が楽ではあったでしょう。
でもそんな生き方に意味はありません。それを知っているからこそ
切嗣は自分の周囲の人間に無意識に人間らしさを与え続けているのですね。
せめて自分以外の人間は「人間らしさ」を捨てずに生きて欲しいと。

こういった彼の無意識な優しさは実際に彼と触れ合わなければ
気づくことはないのでしょうね。だからセイバーは切嗣と対立するばかり。
舞弥の死に続いてアイリスフィールがさらわれたのですから、
そろそろ二人の距離が縮まるエピソードがあってもいいかな、とは思うのですが。




次回はいよいよライダー対セイバー?なのでしょうか?
どうもアイリスフィールをさらったり舞弥を殺したり…というのが
ライダー陣営のすることに思えないのですが、
これは私の目に勝手な補正が入ってるだけなのでしょうか?w

そもそも、夜まで休めば…と言っていたので夕方時点での
行動はおかしいかなーとかいろいろと疑問に思う部分が多いですね。
でも偽物とかそんなの出せる宝具とかあったけ…と考えるとやっぱり
普通にライダーが聖杯の有無を確かめるために動いたと考えるのが妥当?

わからない部分は多いですが、来週までゆっくりと考察して
待つしかなさそうですね(笑) 次回も楽しみです!

 | HOME |  »

プロフィール

すとぅるるる

Author:すとぅるるる
将来の夢は自宅警備員!とはさすがに言えない歳になってきた…w

アニメやゲーム、絵を描くことなどが好きです。
基本的にはただのオタクで萌え豚。
ツイッターでは記事に書かないアニメの感想や
ゲームのあれこれなどくだらないことを呟きます。


ツイッター


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ

春期アニメ総評 (12)
夏期アニメ総評 (19)
秋期アニメ総評 (15)
冬期アニメ総評 (12)
Fate/Zero 2NDseason (11)
ココロコネクト (1)
ペルソナ4(小説) (1)
ペルソナ4(ゲーム) (7)
ペルソナ4(アニメ) (10)
キングダム (3)
おジャ魔女どれみ16 (3)
あの夏で待ってる (9)
UN-GO (7)
ちはやふる (25)
Fate/Zero (13)
うさぎドロップ (4)
輪るピングドラム (9)
青の祓魔師 (2)
デッドマン・ワンダーランド (5)
C (10)
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 (10)
神のみぞ知るセカイⅡ (7)
TIGER & BUNNY (19)
Steins;Gate (7)
花咲くいろは (9)
イラスト (5)
スイートプリキュア (10)
フラクタル (8)
レベルE (7)
GOSICK (9)
みつどもえ増量中! (5)
魔法少女まどか☆マギカ (10)
夢喰いメリー (10)
君に届け 2ND SEASON (6)
それでも町は廻っている (10)
荒川アンダーザブリッジ*2 (7)
侵略!イカ娘 (11)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない (12)
Panty and Stocking (8)
STAR DRIVER 輝きのタクト (19)
テガミバチ REVERSE (8)
バクマン。 (6)
モンハン日記 ぎりぎりアイルー村 (7)
屍鬼 (20)
戦国BASARA弐 (11)
世紀末オカルト学院 (12)
学園黙示録 (12)
みつどもえ (13)
ハートキャッチプリキュア (30)
HEROMAN (14)
けいおん!! (18)
アニメ感想 (68)
その他 (30)
未分類 (1)
新世界より (15)
絶園のテンペスト (20)
たまこまーけっと (4)
進撃の巨人 (2)
ガッチャマンクラウズ (2)

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。