すとぅるるるのアニメ日和

≫新世界より

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新世界より 25話(最終回)

早季は結局、奇狼丸を利用する形になってしまいましたか。
これは少々残念ではありますが、奇狼丸との約束を果たしたところをみると
早季がただ無情だというわけでもないように思います。
いずれまたバケネズミの反乱があってもおかしくない状況で
バケネズミを存続させるという意見を通すのは簡単ではないでしょう。
その点からはいずれまたその時が来るまでに
より良い社会を作り直すという彼女の決意を感じました。
それが現実のものになるには今の人間を根本から叩き直す必要がありそうですが、
最後に得たバケネズミの生まれを話し、今回起きたことを歴史として伝えることができれば、
今の人間たちのようにバケネズミに対して蔑んだ態度を取る者も減るのではないでしょうか。
それをきちんと伝えることが早季と覚に残された宿命ですね。

しかし、野弧丸に対する人間のやり方や裁判の様子をみると、
人間の嫌なところばかりが目立ってバケネズミ側につきたくなるような気持ちになりますね。
これはやはりこの作品が狙っているところでもあるのでしょう。
元々人間側として見ていたものの、蓋を開ければバケネズミ側にも言い分があり、
しかも彼らは元人間で人間が都合のいいように作り替えた存在であるという事実。
これだけ聞いて人間に憎悪しない人はあまりいないのではないでしょうか。

それは事実を知った早季たちも同じで、まさに自分たちの祖先が
その文明を築いたというショックは大きいはずです。
そんな中でも前向きに今後を変えていこうという判断ができる
早季や覚は十分すごい存在なのですよね。確かにバケネズミとの戦いの中、
残虐なこともしましたし、納得のいかない判断を下したこともありました。
それでも、最終的に今の決断についたということは十分立派であり、
今までの犠牲も無益なものではなかったという解釈もできます。

こうして書くと、私が人間側の思考を持っているようにも思えますが、
バケネズミたちが元人間である可能性があると随分前から言っていたので
最終回を迎える直前まではバケネズミ側の勝利を願う部分もありました。
それが覆るというか、人間が勝ってもよかったと思えたのは
人間が滅んでバケネズミが君臨する世界というのはただ支配者が
入れ替わっただけでスッキリする結末とは言えないからのですよね。

それが、こうして人間が勝つ事によってバケネズミとの関係を見直し、
共存することができる可能性が生まれたわけです。
可能性の話なので、そうはならないことだってありえますが、
人間がただ滅んで終わり、というよりは十分救いのある終わりだったかと思います。

酷い仕打ちを受けたスクィーラも、今回の一件を起こしたことが
将来、バケネズミたちの運命を変えることになれば本望でしょうしね。
これも人間の都合のいい解釈であると承知した上で、終わりとしては良いものだったと感じます。


途中、振るいにかけられそうになったこともありましたが(主に2部序盤的な意味でw)
最終的には見てよかったと思える作品になりました。
考えさせられるアニメとしては間違いなく今期1でしょう。

この作品に関わったスタッフ・キャストのみなさまお疲れ様です。
素敵な作品をありがとうございました!
スポンサーサイト

新世界より 24話

いくらなんでも今回の早季はやらかしすぎィ!!と言いたいところですが、
実際死んだ友達の子供を簡単に殺せるかどうか考えれば
彼女の決断も決しておかしなことではないのでしょう。
これほど残酷な決断を迫られているのですから無理もありません。

そんな中、早季のように真理亜との関係があったわけではないですが、
同じような状況で迷いなく行動できる覚はすごいですね。
それが彼なりの決意なのでしょうけど、早季の分まで背負おうとしている
感じが否めません。彼がいるからこそ今の早季が成り立っているのですが、
このままだと覚の身が持たないような気がしますね。
特に早季がそこに気づいていないというのがなんとも…(汗)
早季には覚の身体的な心配だけではなく精神面も気にしてやってほしいところです。


さて、前回問題として取り上げられていた奇狼丸ですが、
今回をみたところだとわざわざ負け試合をはじめるほど
低脳ではないようなので、兵力がほぼ0である今
早季たちに牙をむくことはないと考えて大丈夫でしょう。
彼の口から過去に人間を滅ぼす事を考えていた、とも
語られましたし、その野望は今から成せるものではないと理解しているのでしょうね。

こうして彼の決意を知ると、一気に心強い存在のように思えてきました。
人間に恨みがないわけではないし、野望を諦めたわけでもない彼は
決して安心して身を委ねれる相手ではありません。
それでも奇狼丸に転機が訪れないであろう今の状況は
奇狼丸が早季たちに従わざるを得ない状況を作り上げています。
とりあえず安心はしていいのでしょう。


今回も瞬の助言がありましたね。助言の内容から察すると
奇狼丸を利用しようと考えているような感じですかね。
もしそれに早季が賛同してしまうのであれば少し残念ではあります。
それが正しい方法だとしても悪鬼に対する情はあっても
今まで助けれくれた奇狼丸に対する情はないのか…と思えてしまいますからね。
元々バケネズミに情なんてものを持つ必要はないにせよ、
情を優先して行動したあげく、相手によって情無く行動してしまうのでは
早季の行動が自分勝手で都合の良いものになってしまうのですよね。
まあ人間は所詮、自分にとってどうでもいい人のことなんて
考えないというのが筋ではあるのですけれど…。
そこは真っ直ぐな彼女の志を突き通して欲しいところです。

次回の作戦は本当に最終手段になるのでしょう。
バケネズミ側か人間側か、どちらが生き残るのか非常に楽しみです。

新世界より 23話


やはり奇狼丸が裏切る可能性は捨てきれないようですね。
こうして作中で誰かがほのめかすということは実はそうではないと
いう場合も多いのですが、あの恐ろしい海に行くよう指図したり、
あまり得策ではないようにも思える二手に分かれる策を講じたりするあたり、
どうも怪しい匂いが漂い始めたように思います。
まだそれが個人的な反乱であるのか、野弧丸とのグルなのかどうかはわかりません。
とにかく今は覚の命が危ない気がします。裏切る可能性があると
覚も気付いていれば良いのですが、奇狼丸に対する警戒心の低さは
普段起点の効く覚も早季並みですからね。あまり期待はできなさそうです。

今回東京がどうしてこんな状況になっているのか説明がありました。
元々呪力が漏出することは一般的に起こっていることであり、
瞬ら業魔だけに限ったことではないようです。
それがこうした結果に繋がったのは人間による思い込みが原因。
結局、呪力は全く関係のない場所にも悪影響を与えていたというわけですから
話が向かおうとしている展開とは別として、呪力はいずれ滅ぶべき存在であるようにも
思えてしまいました。別にバケネズミたちのやり方や行動が正しいというわけでもないのですけれどw

こうして考えると、以前奇狼丸が東京に来た原因はさておき、
東京をみた彼らが呪力を使う人間を滅ぼそうと考えるのは全うであるようにも思います。
今の奇狼丸の目的がそこにあるとすれば、彼の狙いも早季たちと同じサイコバスターでしょう。
そうであるならば、早季と再開するまで覚は一応安全かもしれませんが、
再開後、すぐにでも牙をむき出す可能性がありますね。そこで早季たちが
すぐに状況を飲み込んで、判断を下すことができれば良いのですが。

そして今回の見所といえなやはり瞬の再登場でしょう!
彼が今後実態として存在しているのか、それとも精神だけが早季の中に
存在する状態なのかはわかりませんが、助言だけでも彼の力は大きいです。
もしかすると彼の助言を得られるのは東京にいる間だけなのかもしれませんが、
それでも唯一人間が勝ち残る鍵になると言ってもいい存在でしょう。
残り2話程度でしょうか?期待が膨らみますね♪

新世界より 22話

悪鬼を始末する方法とまでは行きませんが、
バケネズミの言語を使うことが何か鍵になってきそうですね。
軽く流された部分ではありますが、それを利用すれば悪鬼を
無力化することができる可能性もあるかもしれません。

悪鬼として考えられている守と真理亜の子供が
悪鬼であるという確証がないというのは確かにそうですね。
人間たちのように愧死機構がないところをみると
人間離れしていることは確かなのですが、以前見せられた
悪鬼の様子に比べるとどこか操られているようにも見えなくもないのですよね。
もちろん、バケネズミが人間を操るといった能力を持っているとは
考えられないので幼い頃からの調教か何かが原因なのでしょうけど、
それら原因を掴むことができればサイコバスターに頼らなくとも
悪鬼を撃退することもできるような気がします。

しかし、その原因を掴むのが難しいというのが現状。
奇狼丸によるとバケネズミたちが愧死機構を知っているというのは
当然のようなので、さらにバケネズミは愧死機構を消す方法も
知っているのかもしれません。全てがミノシロモドキから得た情報とするには
少し都合が良すぎるかもしれませんが、サイコバスターの情報を握る
ミノシロモドキが居たり、その辺を歩き回っているミノシロモドキも
いるくらいですから、運良く今の人間が知りえない情報を入手することが
できたと考えれなくもないですしね。


気になるのは、バケネズミが愧死機構を知っているのは
当然だといった奇狼丸がその件について詳細に答えなかったところですね。
彼の様子を見ていると、単に人間に忠実なバケネズミともとれなくないのですけれど、
行動の意図がわからない点が多すぎるのですよね。
なぜバケネズミがそんな情報を得ているのか。それは早季たちにとって
必要な情報であることは確かです。なのに聞かれなかったからと言って
スルーしてしまうのはどこか引っかかりました。
単に何もなければそれでいいのですけれど、彼の立場なら野弧丸と人間
両方に恨みを持ってしまってもおかしくですからね。
野弧丸とグルという可能性も捨てきれないといえば捨てきれないのですが。


個人的に今回入手しようとしているサイコバスターに関しては
最終兵器としては欠陥品なのでは?と思う部分が多いので
入手すること自体が勝利の要因にはならないように思います。
というか、東京という危険な場所に隠されているという時点で
掘り起こしてはいけない臭がぷんぷんしているように思うのですが…。
その辺早季のお母さんは調べ上げた結果で言っているんですかね?
早季のお母さんの地位がいまいちわからない以上、あまり信用はできないように
思ってしまう視聴者も少なくないのではないでしょうか。

ともあれ、次回は無事サイコバスターの元にたどり着く事は
できるようなので一安心…?覚と乾さんはそろそろ生死を
さまよいそうな気がして心配です。でも楽しみ!

新世界より 20話

この戦いで人間に勝ち目はあるのか…。
前回悪鬼が現れた時は、相手が子供だったこともあり
悪鬼は医者との相討ちで始末されました。
しかし今回現れた悪鬼は大きさからすると大人のようにも
思えなくないのですよね。もし大人だとすれば
以前起きた事例よりも厄介なことかもしれません。

あれがバケネズミの言うとおりに動いているのかは気になりますね。
現時点で野弧丸率いるバケネズミたちの作戦の中に加えられていることは
ほぼ間違いないといっていいでしょう。気になるのは、悪鬼を利用し終えた後
バケネズミたちはどう始末するつもりなのか、ですね。
野弧丸がそのあたりを考えずに行動しているとは思えないので
もしその方法が人間たちにも伝わることがあれば、勝機もあるかもしれません。

早季は覚と離れ離れになってしまった時点で
あまり活躍に期待できないような気がしますね。
そもそも覚が生きているかどうか怪しいところですが、
そこは彼の技量に期待して生きていることを祈りたいです。
向かった先で合流することができれば良いのですけれど。


こうして今の状況を考えると、なかなか人間に勝ち目はないような気がしてきますね。
バケネズミたちが知っているであろう悪鬼の始末方法も
簡単に知り得る情報ではないでしょうし、鏑木さんの力も
悪鬼に抵抗できるほどのものかと言われれば微妙。
そこに覚の知略が加わればまだ可能性も…とも思わなくないのですが、
悪鬼を倒すことでこの戦いが終わると考えているのも浅はかなような気がします。

こうなってしまった以上、これから野弧丸がどんな策を仕掛けてくるのかを
楽しむのも悪くはないかもしれませんw 人間の勝ち目を見出すのが難しすぎる…。
それでもこの状況を打破しうる存在が現れるのならそれは面白いですし、
期待したいです。真理亜たちがどう絡んでくるのかも気になるところです。

 | HOME |  »

プロフィール

すとぅるるる

Author:すとぅるるる
将来の夢は自宅警備員!とはさすがに言えない歳になってきた…w

アニメやゲーム、絵を描くことなどが好きです。
基本的にはただのオタクで萌え豚。
ツイッターでは記事に書かないアニメの感想や
ゲームのあれこれなどくだらないことを呟きます。


ツイッター


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ

春期アニメ総評 (12)
夏期アニメ総評 (19)
秋期アニメ総評 (15)
冬期アニメ総評 (12)
Fate/Zero 2NDseason (11)
ココロコネクト (1)
ペルソナ4(小説) (1)
ペルソナ4(ゲーム) (7)
ペルソナ4(アニメ) (10)
キングダム (3)
おジャ魔女どれみ16 (3)
あの夏で待ってる (9)
UN-GO (7)
ちはやふる (25)
Fate/Zero (13)
うさぎドロップ (4)
輪るピングドラム (9)
青の祓魔師 (2)
デッドマン・ワンダーランド (5)
C (10)
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 (10)
神のみぞ知るセカイⅡ (7)
TIGER & BUNNY (19)
Steins;Gate (7)
花咲くいろは (9)
イラスト (5)
スイートプリキュア (10)
フラクタル (8)
レベルE (7)
GOSICK (9)
みつどもえ増量中! (5)
魔法少女まどか☆マギカ (10)
夢喰いメリー (10)
君に届け 2ND SEASON (6)
それでも町は廻っている (10)
荒川アンダーザブリッジ*2 (7)
侵略!イカ娘 (11)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない (12)
Panty and Stocking (8)
STAR DRIVER 輝きのタクト (19)
テガミバチ REVERSE (8)
バクマン。 (6)
モンハン日記 ぎりぎりアイルー村 (7)
屍鬼 (20)
戦国BASARA弐 (11)
世紀末オカルト学院 (12)
学園黙示録 (12)
みつどもえ (13)
ハートキャッチプリキュア (30)
HEROMAN (14)
けいおん!! (18)
アニメ感想 (68)
その他 (30)
未分類 (1)
新世界より (15)
絶園のテンペスト (20)
たまこまーけっと (4)
進撃の巨人 (2)
ガッチャマンクラウズ (2)

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。