すとぅるるるのアニメ日和

≫絶園のテンペスト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶園のテンペスト 24話(最終回)

吉野が撃たれたのは腕だった!というのはある意味衝撃的でしたねw
前回散々吉野の死がどうたら書いていたのに、全部チャラじゃないですか!w
まあこれは早とちりをした自分が悪いということで締めくくり、本編の感想に移りたいと思います。


愛花のメッセージと今回勝利の鍵となったものを見れば、
やはり「愛花の不始末」は不始末ではなく愛花が2人に、
またその他の人々に託した結果であると考えられますね。
最終的に鍵となった剣は絶園の樹から生まれ、皆を照らす光となりました。
これだけで確信するのもまたどうかと思いつつ、やはりこれは
愛花自身の意思から生まれたものだと考えられるのでしょう。

それが生まれる瞬間に周囲の人々を傷つけないように働いたのが鎖部の魔法使いたちでした。
こうした人々の想いが重なった瞬間だったからこそ
この剣は光として生まれることができたというのもあるのかもしれませんね。
逆に、鎖部の者たちが現れなければ「光」として具現していなかったという可能性も考えられます。
その発生だけで人々を殺めてしまっていた可能性だってありますからね。
そんな一歩間違えれば危険なものをこの世に託したのも
おそらくは愛花が人々を信じていたからなのでしょう。

敵対してもおかしくない鎖部との共闘は今回の勝利において
最重要事項であったと思います。それが叶ったからこそ今回の勝利があり
それを叶えたのは吉野と真広という一般人。結局のところ根本は全て
この2人に託されていたということになりますが、
その後2人と共に戦う事を決めた仲間たちの存在も忘れてはなりません。

出会ったこともない人々に愛花はどうしてそこまでの期待ができたのか?という疑問も
真広と吉野の切っても切れない関係を観ていたからという事で解消できます。
普通の学園生活を送っていた頃から吉野と真広にはお互い以外の友達なんていませんでした。
これは単純に2人の人を寄せ付けないオーラや性格に問題があるという解釈もできますが、
中途半端な付き合いをする程度の人間はこの2人に寄り付かない、と
愛花が知っていたとも考えられます。 結局のところ愛花はほとんどの期待を
2人に込めていたことになりますが、鎖部一族の者や山本さんたちは
その期待されている2人と共闘してくれる素晴らしい仲間となりました。
これは愛花の意思とは関係のない部分ではありますが、そういった人物が
必ず2人の周囲に現れるということももしかするとなんとなくわかっていたのかもしれません。


愛花がどれだけすごい人物であったのか、最終回でまた思い知らされました。
しかし、真広が上に立つ人物として認められたのもすごいことだと思います。
人の上に立つ者は周囲の目を気にせず、己を貫ける者だというのにはなるほど、と思わされました。
それはもちろん、自己中心的な人物であるという意味ではなくて、
周囲の顔色を伺いながら判断を下すような人は上に立つ人物としては
向いていない、という話なのですよね。真広は元々自己中心的な部分もあったのですが、
この長い戦いを経て、本人の生き方の方向性が大きく変わったように思います。
愛花の死と踏ん切りを付けられたのもそれが理由ですし、吉野以上に
作中での成長は大きかったのではないでしょうか。

吉野も成長がないというわけではなくて、愛花の死を心から悲しみ
それでいて自分の中で決着も付けられたように思います。
だからこそ最後に葉風と真っ直ぐ向き合うことができたのでしょう。
この後どうなるかはわかりませんが、葉風の想いも報われるといいですね。

真広が言った、「吉野が他の彼女を作れば赤の他人」という台詞は
気がかりでした。この言葉の意味が「他の彼女を作るな」という意味では
ないということはわかりますが、赤の他人になる=今までのように
2人で歩いていく必要はない、ということになるのでしょうか?
それぞれの道を見つけた今、確かに2人が共にいる必要はなくなりました。
これによって、今までの深い関係とは違って普通に友達として
始めようという事なのですかね?私はそういう意味としてとりたいのですが、
このシーンが描かれた真意がどういうものなのかは気になりますね。


こうして終えてみると、目立った消化不良もなくすっきりと
終わらせてくれたような気がします。最終回としての見せ場は
もちろん、後日談にあたる部分もじっくり魅せてくれたのはよかったです。

キャラクターの面白さ、中盤以降のギャグも大好きでした!
この作品に関わったスタッフ・キャストのみなさまお疲れさまです。
素敵な作品をありがとうございました!
スポンサーサイト

絶園のテンペスト 23話

真広と吉野が作戦に加わりたがるのはわかりますが、
やはりそれで全てがうまくいくというわけではないみたいですね。

吉野が加わることで葉風のやる気を出させるという点では
山本の思惑通りとなりました。そういう役割は吉野にしか
できませんし、良い考えだったと言えるでしょう。
しかし、結果としてまた吉野が死んでしまったのでは
元も子もありません。特に真広は「死んでしまっては意味がない」と
愛花の死に対する考えを改めたようにみえていただけに
吉野の死は耐えられるものではないでしょう。

殺されてしまったであろう吉野も珍しく自分の感情を
優先する決定を下した結果がこれですからね。
せっかく羽村の言葉で変わることができたのに、
これでは変わった結果を否定されているのと大差ないですよね。

吉野が自分の感情を優先し、大事な人が決断を下す時
近くに居られないのはもう嫌だ、というシーンでの葉風の涙も
そういった吉野の変化に対する感動の涙であったとも考えられます。
それだけに、この吉野の運命は残酷すぎるものだと思います。
真広も吉野のそういった変化を知らないわけではないでしょうから、
同じようにまた運命を呪ってしまうかもしれません。

これによって、葉風の動きが変わることが一番恐ろしいですね。
今吉野が死んだことを知らないわけですが、それを知った瞬間に
作戦通りの行動なんて取れなくなってしまうでしょう。
それを避けるためにも吉野にはなんとか生きていてほしいものですが…。

後 気になるのは左門たちが任せられた仕事ですね。
既に羽村は御柱にたどり着いたのですから残る仕事と言われても
いまいちピンときません。真広曰く重要な役目らしいので
やはりこの後の後始末のような役割なのでしょうか?
個人的に左門さんの役目が単なる後始末では物足りないので
大きな役目を果たして思いっきり目立って欲しいところですw

次回はついに最終回…ですよね?w
一応主人公っぽい立ち位置にいる吉野が死んでしまった後で
物語がどう動くのか、ですね。もしも吉野が生き返る展開があるとすれば
ちょっと都合が良すぎないかと突っ込まれる可能性もありますが、
それができるなら愛花も…と期待してしまう自分がいますw
このまま世界を守ってハッピーエンドもいいですが、
吉野や真広が最後にわがままを言って、自分たちにとっての幸せを
掴み取るなんていう展開も悪くはないかと思います。
まあそれを実行すれば一度世界を滅ぼして全てをやり直す必要性が出てくるんですけどねw
現時点での愛花の死を無駄にすることにもなりますからその決断はさすがにないですかね…。

絶園のテンペスト 22話

吉野と真広はとことん自分の思っている以上の判断を下してくれますね。
愛花の言葉を受け入れない可能性も考えられると前回書いたのですが、
100%納得しているわけではないにせよ、彼女らしい生き方だと
受け入れてしまう2人には驚きました。

左門たちにとっては2人はただの高校生に過ぎないそうですけれど、
あれほどの冷静さを持つ高校生が普通であるとは思えません。
特別な能力こそありませんが、やはり2人がこの騒動に巻き込まれたのは
偶然ではなく必然なのでしょうね。それを仕組んだのが愛花となるわけですから
最初からこの2人が世界に大きな影響を与える存在であるとわかっていたのかもしれません。

そうであるとすれば、現時点の「愛花の不始末」ですら
愛花の思惑通りということになります。吉野や真広は「不始末」と
言っていますが、実際のところは愛花はそうなることを知っていて
最初から真広と吉野に託すつもりだったとも考えられます。
愛花があれだけの情報と力を持っておきながら直接はじまりの樹に手をくださなかったのも
はじまりの樹を倒すことは1人で成せることではなくて、自分の力をもって
さらに誰かに託す必要があることだからなのかもしれません。
前回あれだけの力を見せておきながら自分で戦うことを選ばなかったのは
多少不自然でしたが、そういった理由があるのなら納得もできますしね。
それに、絶園の魔法使い一人で成せることをテストの課題とするのは
あまりにも無意味です。今こうして世界を巻き込む大事になっているのは
やはり愛花が失敗した結果なのではなくて、こうなるように持ち込んだ結果であり、
最終的にいい終わりを迎えられる方向に進んでいるということになるのでしょう。


意外なところで物語の鍵となりそうな羽村は、いい役回りをしましたね。
前回愛花によって彼が不完全な存在であることは認めざるを得なくなったのですが、
不完全な彼だからこそ、吉野と真広の異常な態度に気付くことができました。
左門たちの目にもそう写ったように、一見落ち着きがあって良い判断を
下したようにみえる2人は一般人に近い思考を持つ羽村からすれば異常にみえるのは当然でしょう。

羽村は吉野や真広とは真逆で、特別な力こそ持っていますが、思考は一般人と変わりありません。
大きなものを背負うのに必死になっている左門たちとは違って、
まだ人間らしい、自分のことを考えた判断ができる貴重な存在とも言えると思います。
それが良いことばかりではないのですけれど、同じように自分のことに
目を向けない吉野や真広の判断がいいものだとも考えられません。
もっと感情的になるべきだという羽村の言葉は最もです。
それは吉野と真広にも理解できたようなのですが、
それでも今、彼らが感情的にならなかったのは今やるべきことは愛花に託された事柄であり、
感情的になる時は今ではない、と判断したかたなのでしょう。
では感情的になるのはいつなのかというとやはり全て決着がついたその時でしょう。
その時には決して見せなかった2人の涙も見られるかもしれません。
今まで我慢してきたのですから、最後くらいは感情的になって
思いっきり愛花の死を悲しむ涙を流して欲しいものです。

絶園のテンペスト 21話

「現在」に出現したはじまりの樹。現れた原因はわかりませんが、
葉風が過去に行ったことが原因とも考えられそうですね。
今回で葉風が過去に行くことは必然的なことだったと発覚したので
普通に運命の流れにそって起こった出来事だとも考えられるのですけれど。

それにしても今回も怒涛の展開でしたね!何がすごいって愛花のキャラがすごい。
彼女が変わった性格であることは以前からも語られてきましたが、
実際葉風と対面してみるとその異様っぷりはさすがといったところ。
葉風もかなりの恋愛馬鹿で変わった女の子ではあるのですけれど、
愛花の人生について考える姿勢や真広や吉野に対する想いは
異様でありながらも真っ直ぐでした。そこまで好印象をもっていなかったのですが、
今回の一周回って自分の死は真広と吉野のためであるという考えには
納得させられましたし、感動的だったかと思います。

もちろん、だからといって純粋に好きな人を悲しませたくないと
思う葉風の想いだって間違っているわけではありません。
世界を救うとかそれ以前に真広にとっては愛花の方が大切なはず。
愛花が死んだ以上、彼にとっての人生は終わってしまったも同然なのですから
今回愛花が語った通りの話を持ち帰っても、愛花がいない後の幸せより
たとえ限りがあっても少しでも多く愛花がいる時間の幸せを望みそうです。


はじまりの樹の姫君と絶園の魔法使いの関係もなんとなくわかりましたね。
「事実をみてくるだけ」と言っていた葉風ですが、少しは何かを変えることができると
自分に期待していた部分もあったのでしょう。絶園の魔法使いに歯向かうこと、
また愛花の考えを覆すことははじまりの樹の姫君である以上できないと
わかった絶望は大きいと思います。それは「現在」に戻っても同じことでしょうから
羽村の判断に任せなくてはならなくなる部分もあるかもしれません。
さらにはやるべき事としては最初に左門たちがやっていたことが
正しかったのですから、自分の存在をほとんど否定されてしまったのと同じ状態。
このショックから立ち上がる事は難しそうですが、ここでまた吉野が
元気づけてあげることができればいいですね。
彼にもそんな余裕があるかどうか微妙なところなのですけれど。


個人的にCMを見ていて安心した部分ではあるのですが、
アニメが原作未完の状態で終わるわけではないようですね。
ほぼ同時に原作もアニメも終わるとか熱すぎる!!
これは鋼の錬金術師の時もそうだったのですが、
やはりアニメ化として一番盛り上がるいいやり方だと思います。
原作を消化するだけのアニメが増えている中、原作もアニメも最高に
盛り上げて終わるというのは作者も嬉しいでしょうしね。
このやり方がガンガンで主流になっているのをみると、某週刊誌にも
少しは見習って欲しいなーと思ってしまいますね。
もちろんガンガンにも某週刊誌ほど目玉作品が豊富なら
話は違うのかもしれませんが、このままではアニメの原作となる作品が
なくなってしまうと言われている御時世ですから貴重な作品は大事にしてほしいですね。

絶園のテンペスト 20話

時を超える物語となると、作者の「タイムトラベル」に関する考え方が
如実に現れて面白いですよね。しかし、その思想の違いから
読み解くのが難しくなるのも確か。それをどううまくまとめるのか、
そこがこの作品の肝になるような気がします。正直言って、現時点での
盛り上げ方や展開のスピードなどに文句が出る部分はほとんどありませんからね。
愛花の正体も誰もが一度は考えたであろう結果だったとはいえ、あの魅せ方にはシビれました!


今回考えるべきは作者の考えるタイムトラベルがどういうものなのか、ですね。
とりあえず私は最近アニメも放送されていた「シュタインズ・ゲート」と
誰もが知っているであろう「ドラえもん」を例に上げて考えたいと思います。

まず、「シュタインズ・ゲート」におけるタイムトラベルについては
世界線という違った結末を迎える世界がいくつも存在しており、
主人公が存在する世界が本当の世界として可動するという設定でした。
(端的かつ私的な解釈になってしまっているとは思いますが。)

これがもし絶園のテンペストで適用される設定だとすれば
おそらく中心人物となるのは葉風でしょう。となると、既に彼女が今いる過去は
元居た世界とは違う展開を迎えている可能性がありますね。
愛花と葉風が出会っている時点で、未来も違っているかもしれないし
そうでもないかもしれない。このケースは未来を見ない以上
結果がどうなっているかわかりませんから、現時点ではなんとも言えない状況ですね。
それはもちろん葉風にとっても同じでしょうから、一番わかりにくくて厄介なパターンだと思います。

しかし、この設定がこの作品で適用されている可能性は低いように思います。
もしそうだとすれば、おそらく物語の主軸を担うであろう愛花には
影響を及ぼしにくいものとなってしまうからです。
それこそ彼女の死に意味はなかったということにもなりかねませんから
作者が愛花の死を本当に無駄だったもの、と片付けてしまうような
勿体ないことをするとは考えにくいのですよね。


「ドラえもん」は例を書くまでもなく有名なのですけれど、一応。
この作品においては過去を変えても結果は同じ、のび太の結婚相手がしずかちゃんでも
ジャイ子でもセワシくんの存在がなくなることはないというものでしたね。
この説は作中での矛盾も生んでしまっているので正直言っていい例とは思えません。
遺伝子による影響を無視して生まれる子供が違わないという点や
セワシくんの存在は変えられないのに、過去に干渉することで
結婚相手は変えられるという都合の良いものですからね(笑)

けれど、私にとって注目すべき点はそこではなく、ドラえもんの台詞の中にあります。

(以下ドラえもん1巻引用)

「たとえば、きみが(東京から)大阪へ行くとする。
 いろんな乗りものや道すじがある。
 だけど、どれを選んでも方角さえ正しければ大阪へ着けるんだ。」

これは大阪につく=セワシくんが生まれるという意味でどんな形で
間の過程が変わっても、セワシくんが生まれてくる未来は変わらないという意味で
使われた台詞なのですが、それ自体の矛盾は先ほども書いたとおりです。
もちろん、この設定を全否定してしまうのはドラえもんという作品を
楽しむ上でよくないことなので、作品に触れている間は受け入れるべき設定だと思います。

今私が注目したいのは、そんなことではなくて「方角さえ正しければ」という部分。
これは方角を間違えるほどに大きな間違いを犯せばセワシくんが生まれる
結果だって変わってしまう可能性があるという意味を指しているともとれます。

絶園のテンペストにおいて、その「方角」を担う存在が
絶園の魔法使いとはじまりの樹の姫君であるとするならば
この「ドラえもん」での設定を適用することは難しくないように思います。
おそらくは愛花の死は基本的に変わらないものだとします。
けれどこの設定を適用すれば、方角が変われば結果が変わってしまう可能性もあるはず。
もしかするとなかったかもしれない愛花と葉風の出会いが
方角を変えるほどに大きな出来事であるかもしれない以上、
葉風が起こした「確認のため」のタイムトラベルも大きなタイムパラドックスを
起こす原因に成りかねないということになります。

この考え自体も間違いで、今見せられていることは全て過去に起こった通りのこと
だった場合は何ごともなく確認という目的を果たせて一件落着、となるのですが、
果たしてそう簡単に葉風の思うように事が進むのでしょうか?
葉風は巫女ですが、相手も絶園の魔法使い。加護がないとも言い切れませんし、
今が既に愛花が望む世界だったとすれば、
愛花は大きく世界を変えることを拒むものだと思います。

その点は愛花の考えが分かるであろう次回までわからないことなのですが、
今回葉風が起こしたタイムトラベルは物語をそれだけ広げることができる
素晴らしい素材だということがわかります。最初にも書いたように、
それだけ視聴者に納得のいくよう、無駄に広げすぎないようにまとめるのが
難しくなったとも言えます。けれど、この作品ならばきちんとやりきってくれるような
気がしますので、なんとなく安心して視聴できますね。

次回、二人の関わりがどういった結果を招くのか非常に気になるところです。
これだけ感想というか妄想を広げられただけでお腹いっぱいなのですが、
次回もさらに楽しませてくれることに期待したいです。

 | HOME |  »

プロフィール

すとぅるるる

Author:すとぅるるる
将来の夢は自宅警備員!とはさすがに言えない歳になってきた…w

アニメやゲーム、絵を描くことなどが好きです。
基本的にはただのオタクで萌え豚。
ツイッターでは記事に書かないアニメの感想や
ゲームのあれこれなどくだらないことを呟きます。


ツイッター


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ

春期アニメ総評 (12)
夏期アニメ総評 (19)
秋期アニメ総評 (15)
冬期アニメ総評 (12)
Fate/Zero 2NDseason (11)
ココロコネクト (1)
ペルソナ4(小説) (1)
ペルソナ4(ゲーム) (7)
ペルソナ4(アニメ) (10)
キングダム (3)
おジャ魔女どれみ16 (3)
あの夏で待ってる (9)
UN-GO (7)
ちはやふる (25)
Fate/Zero (13)
うさぎドロップ (4)
輪るピングドラム (9)
青の祓魔師 (2)
デッドマン・ワンダーランド (5)
C (10)
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 (10)
神のみぞ知るセカイⅡ (7)
TIGER & BUNNY (19)
Steins;Gate (7)
花咲くいろは (9)
イラスト (5)
スイートプリキュア (10)
フラクタル (8)
レベルE (7)
GOSICK (9)
みつどもえ増量中! (5)
魔法少女まどか☆マギカ (10)
夢喰いメリー (10)
君に届け 2ND SEASON (6)
それでも町は廻っている (10)
荒川アンダーザブリッジ*2 (7)
侵略!イカ娘 (11)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない (12)
Panty and Stocking (8)
STAR DRIVER 輝きのタクト (19)
テガミバチ REVERSE (8)
バクマン。 (6)
モンハン日記 ぎりぎりアイルー村 (7)
屍鬼 (20)
戦国BASARA弐 (11)
世紀末オカルト学院 (12)
学園黙示録 (12)
みつどもえ (13)
ハートキャッチプリキュア (30)
HEROMAN (14)
けいおん!! (18)
アニメ感想 (68)
その他 (30)
未分類 (1)
新世界より (15)
絶園のテンペスト (20)
たまこまーけっと (4)
進撃の巨人 (2)
ガッチャマンクラウズ (2)

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。