すとぅるるるのアニメ日和

≫たまこまーけっと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまこまーけっと 12話(最終話)

たまこにとって一番大切なのは商店街の人なのかもしれませんね。
商店街自体が好きだというのは当然ですが、それ以上に商店街の人々との
思い出を大事にしているような気がしました。そんなたまこが商店街の人を
放り出して嫁にいくというのはまず有り得ませんよね。
それは作品を通してみれば誰もがわかる部分ではあるのですが、
たまこ自身の口から嫁に行く気はない、ときちんと言い切ってくれたのは気持ちよかったです。

デラも今回の一件に責任を感じていた部分もあったようで、
普段以上にたまこのことを気遣ってくれていました。
その気遣いもいつもながら鼻に掛けたものではなく、
彼の紳士っぷりを発揮していたかと思います。
誰よりも先にたまこの元へ飛び出したデラをみると
なんだかんだ一番たまこを想っているのはデラなんじゃないかなーとも
思えてしまいました。もちろんそれは恋愛面での好きとは違いますが。

そんな純粋な好きだからこそ、たまこもデラちゃんのことを
純粋に好きだと思ってくれるのでしょうね。
嫌いな相手には自分が相手を嫌っている気持ちが伝わっていると言いますから、
好きな気持ちだって同じ部分があるはずです。そう言った意味では
純粋な好きの方が伝わりやすいし、態度にも出しやすい。
もち蔵やみどりちゃんが今回出遅れてしまったのは
たまこに対する感情が伝えにくい、伝わりにくい「好き」だからなのでしょう。

この2人の持つ「好き」が商店街の人たちとたまこの持つ「好き」と
全く違うものとして描かれていたのも印象的でした。
これも最初から最後までずっと描かれてきたことではあるのですが、
2人だけで目線を合わして安心したシーンをみると、
恋からくる「好き」はあのシーンでは2人だけが共有しているものだとわかります。
実際、かんなちゃんや史織ちゃんは恋をしたことがなさそうなので
見え見えなもち蔵やみどりちゃんの気持ちに気づくこともないのでしょう。
こうしてみると、あんこがもち蔵の気持ちに気づいているのも
「好き」を知る存在だからだと取れるはずです。

しかし、この回りくどい「好き」は過去に豆大も経験しているというのが
また面白いですよね。あの回を見た時、面白かったけど今更
母親のことを描く必要なんてあったのだろうか、と思ったものですが
こうしてみると、あれは豆大とあんこちゃんの恋心を描く回であって
お母さんは豆大に「恋される」存在でしかなかったのですよね。

そんな恋もあって今のたまこの家庭がある。そうしてみると
分けて描かれた恋の「好き」と恋とは違う「好き」も最初からずっと
商店街を通してつながっていたものなんだなーと納得させられました。
結局のところこの商店街はみんなにとって「好き」を繋ぐ
架け橋になっているということなのでしょう。
だからたまこが好きになって大事に思うのは当然です。
私がずっと見ていたいような気持ちになるのも
この商店街が大好きな存在になったからなのでしょう。
私にとってなんか面白い、なんかずっと見ていたい、大好きな作品になりました。
この「なんか」というのは最近あまり見られない傾向にあると思うので
今後こういった作品が増えると嬉しいですね。


首輪に触れたチョイちゃんについてなんとなくで推測すると
首にあるホクロが后になる条件と関係していて
自分にも同じものがあってそれを隠しているという可能性がある気がします。
ホクロについては作中であまり語られなかったので確実とは言えませんが、
王子の下で働くものとして生まれたのにそんな条件に当てはまってしまうのは
おかしい、とチョイちゃん自身が控えている部分になるのかもしれません。
しかしそうなら、チョイちゃんが王子とくっつくという終わりも
迎えられるというわけでやはり2期に期待してしまいますね。

楽しい雰囲気を保ちつつ、感動も与えてくれてどこか懐かしい作品。
沢山の要素を持った作品でありながら、難しいことは考えずに
見られたので見ていて純粋に楽しかったです。

この作品に関わったスタッフ・キャストのみなさまお疲れ様です。
素敵な作品をありがとうございました!

スポンサーサイト

たまこまーけっと 3話

史織ちゃんにも惚れちまったデラェ…ww
と言いつつも今回もそんなデラが可愛くて仕方ないです。
可愛いだけでなく前回書いていた彼のまさに紳士と言えるべき部分も
見え始めたので満足満足♪それにしてもデラ、惚れっぽいというか軽いというか…w

デラの紳士らしさといえば、みどりちゃんの悩みの解決に
関与した時からも言えたことなのですが、今回印象に残っているのは
やはり「それは自分で伝えるべきだ」と言ったシーンですね。
これは他の人に聞いても同じ台詞が返ってくるであろう台詞なのですけれど
それでもデラが言うのはわけが違います。
彼にとって今最愛の人である史織ちゃんの意思をたまこに伝えることは
安易に考えれば自分の印象アップに繋がる可能性もあったわけですね。

それをあえてしなかったのは、彼の紳士な一面だと思います。
もし史織ちゃんがその意味を履き違えるような子であれば
「このトリはケチだ!」というマイナスの印象すら与えてしまう可能性もあったので
このあたりのデラの対応はナチュラル紳士で素敵です(笑)
結果的に史織ちゃんはその言葉の真意を理解することができたので
プラスの印象がさらに上回るものになったというのもデラらしい。
なんとなく働いた行動によって周囲に幸福を与え、
自分もそれなりに得をすることが多いというまさに世渡り上手ですね。
たまこの家でお世話になっていることも含め、本当幸せなトリですw


毎回この作品の感想を書くとデラのことばかりになってしまうのですが、
他のキャラクターも魅力的ですね。今回初登場の担任教師は
実際いるとちょっとめんどくさそうですが、いい先生みたいです。
こういう懐かしい雰囲気のキャラクターがいると作品に安心感が持てていいですね。
元々この作品は不安になる部分なんてないくらい安心感しかないような作品なんですけどw

史織ちゃんも不器用ですが普通にいい子みたいですし、
今後部活の時などに絡みが濃くなっていくのかもしれませんね。
個人的にはかんなちゃんの不思議っぷりも大好きなので
史織ちゃんとかんなちゃんの会話なども聞いてみたいです。


毎回安定した面白さを保っているたまこまーけっと。
デラや王子の話には今のところ全然触れる気がなさそうですが
それでも十分面白いつくりになっています。
とにかく毎回デラの活躍が楽しみで仕方ありません。

次回はあんこの恋の話…?おそらく相手はデラですね!
好きと嫌いは紙一重っていいますし!(ぇw
というわけで次回もデラから目が離せません。

たまこまーけっと 2話

一般受けも狙えるのでは…!!と言った矢先に百合展開!w
でもまあこれはこれでいいんじゃないかな(笑)
解釈は様々のようなので一般の方は百合という解釈には至らないかもしれませんし。

私も正直百合というよりはたまこに対する憧れのようなニュアンスの方が
あっているかなーとも思うのですけれど、かんなちゃんの「誰を好きになってもいいんだよ」と
いう台詞を考えると、憧れ以上の好意を持っているとも考えられるかもしれません。
モテモテなみどりちゃんが平凡なたまこに憧れる理由なども丁寧に描写されていたので、
キャラクターの掘り下げ回としてもいい回だったかと思います。


さて、みんな大好き(というか私が大好き)デラ・モチマッヅィについてですが、
ちょっと感想を見て回ったら存在意義がどうとかいう話も出ているではありませんか!w
確かに一見余計なことをするだけの邪魔者にも見えなくないですが、
もち蔵との糸電話を邪魔した時はデラナイス!と思った方も少なくはないでしょうし
コーヒーショップに存在するその姿もかなり様になっていたかと思います。
特にコーヒーショップではみどりの相談役としての役割を果たしたようですし
前回は母親を亡くしたたまこを慰めようとする姿も見受けられました。
この流れからするとデラの存在はコーヒーショップでは
欠かせないものになるのかなーとも思ったり。
次はメガネっこ連れてひまわりの種を食べにいくといいと思います!

そんなデラですが、みどりにとっては「紳士なトリ」らしいですw
この言葉からすると普段見られるおふざけな一面だけでなく
言葉通り紳士な一面も持ち合わせているのでしょうね。
あえてそれを視聴者にみせないあたり、製作者側も現時点でのデラの
キャラクターを崩したくないのだと考えられます。
元々悪いトリではないですが、さらなる活躍とその紳士っぷりに期待ですね。


さて、商店街の雰囲気は今回の集会で大体伝わってきたかと思います。
集会自体には参加できていないうどん屋さんにもバレンタイン企画が
伝わっていたところをみると、本当に商店街全体仲が良いのでしょうね。
これほどに繋がりを大切にしている地域は現実多くはないでしょうから、
余計にいいな、と思えましたね。私も商店街の集会ではないですが、
大人子供関係なく集まって柿ピー食べたりする会(笑)は経験した事があるので
懐かしく感じる部分もありました。それが何をする会だったのか
全く覚えていないレベルに過去の話なのですけれど…w


1話をみた時に感じた印象とは違う方向にも進みそうで
また違った期待も持てるようになりました。デラの目から映し出された映像は
案外スルーだったのにびっくりしましたが、そこは商店街の人たちの
おおらかさなのですかね(笑)王子云々の話に力を入れすぎる必要は
ないのでは、と言いつつ気にならないといえば嘘になるのでそちらにも期待したいです。

たまこまーけっと 1話

1話の掴みは個人的に◎。というか冒頭で既に「鳥」に心を奪われてしまいましたw

日常系のほのぼのした作品は多いですが、そういった作品とは
また違う雰囲気を持っていたかと思います。
どこか古臭い感じは安心感を持って見られるという意味ではいいですね。
何の雑念もなく純粋に楽しめた1話だったので、
特別評価するような部分はなくても次回もみようと思えました。


舞台が商店街だというのも私が好む理由の一つなのかもしれません。
最近では賑やかな商店街などほとんど見られないので、
日常でありながらもあまり知られていない部分が描かれそうで
興味がわいてくるのでしょう。私もこの作品ほど賑やかで
フレンドリーな商店街が実在したシーンを見たことがないので
一般的な日常ものとは違う感覚で楽しむことができそうです。

逆に、このような商店街の空気を味わったことがある方なら
この作品の商店街をみて何を感じるのか気になるところですね。



鳥ことデラ・モチマッヅィはやはり重要なポジションになってくるのでしょうか。
今回は基本的に面白おかしい役回りをすることが多かったのですが、
最後に目から撮された映像はEDと照らし合わせるとたまこに関係するもののようです。
こういった部分からはなんとなく最終的には感動的な展開になるのかなーと思わされますね。
個人的にそういった部分はおまけでもいいかなーなんて思ったりもするのですけれどw

そう思うのは単に可愛いキャラクターが見れればそれでいい、
なんとなく笑えるギャグで楽しむことができればいい、と思う部分はもちろんあります。
でもやはり一番期待したいのはどんな人でも
楽しめるアニメーションになってほしいという部分が大きいです。

最近オタク文化が浸透し、あまりアニメを見ない方でもアニメに触れる機会は
増えたかと思います。それでもやはり一般的なアニメオタクが好む作品と
アニメオタクではない人が好む作品にはどこか壁があったり、
同じアニメを見ていても同じような心境で楽しむということはほとんどないように感じます。
もちろん、そういった好みの分かれる作品や見方の変わる作品が悪いというわけではありません。
それでも昔の作品のように「みんなが知っている」「みんなが楽しめる」作品が
少なくなる今、一般層にも受け入れてもらえそうな作品は貴重な存在であると思います。
私の尺度で測った「一般向け」は多分本当の「一般向け」とはズレているでしょうけれどw

今の放送枠で一般層を取り入れることは難しいかもしれませんが、
いずれ再放送などで一般層にも受け入れられる作品になってほしいところです。
というか、そろそろ京アニさんはそういった方向への進出も考えているのでは…とも思ったりw
本当のことはわかりませんが、もしそうならば全力で応援したいです。
これからも毎週の楽しみになりそうです♪

 | HOME | 

プロフィール

すとぅるるる

Author:すとぅるるる
将来の夢は自宅警備員!とはさすがに言えない歳になってきた…w

アニメやゲーム、絵を描くことなどが好きです。
基本的にはただのオタクで萌え豚。
ツイッターでは記事に書かないアニメの感想や
ゲームのあれこれなどくだらないことを呟きます。


ツイッター


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ

春期アニメ総評 (12)
夏期アニメ総評 (19)
秋期アニメ総評 (15)
冬期アニメ総評 (12)
Fate/Zero 2NDseason (11)
ココロコネクト (1)
ペルソナ4(小説) (1)
ペルソナ4(ゲーム) (7)
ペルソナ4(アニメ) (10)
キングダム (3)
おジャ魔女どれみ16 (3)
あの夏で待ってる (9)
UN-GO (7)
ちはやふる (25)
Fate/Zero (13)
うさぎドロップ (4)
輪るピングドラム (9)
青の祓魔師 (2)
デッドマン・ワンダーランド (5)
C (10)
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 (10)
神のみぞ知るセカイⅡ (7)
TIGER & BUNNY (19)
Steins;Gate (7)
花咲くいろは (9)
イラスト (5)
スイートプリキュア (10)
フラクタル (8)
レベルE (7)
GOSICK (9)
みつどもえ増量中! (5)
魔法少女まどか☆マギカ (10)
夢喰いメリー (10)
君に届け 2ND SEASON (6)
それでも町は廻っている (10)
荒川アンダーザブリッジ*2 (7)
侵略!イカ娘 (11)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない (12)
Panty and Stocking (8)
STAR DRIVER 輝きのタクト (19)
テガミバチ REVERSE (8)
バクマン。 (6)
モンハン日記 ぎりぎりアイルー村 (7)
屍鬼 (20)
戦国BASARA弐 (11)
世紀末オカルト学院 (12)
学園黙示録 (12)
みつどもえ (13)
ハートキャッチプリキュア (30)
HEROMAN (14)
けいおん!! (18)
アニメ感想 (68)
その他 (30)
未分類 (1)
新世界より (15)
絶園のテンペスト (20)
たまこまーけっと (4)
進撃の巨人 (2)
ガッチャマンクラウズ (2)

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。