すとぅるるるのアニメ日和

≫2011年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みつどもえ増量中! 1話


◆みつどもえ増量中! 1話 (本気戦隊ガチレンジャー?w)



すとぅるるるのアニメ日和


待ってました♪みつどもえ2期!

OPは特別版でガチレンジャーw


すとぅるるるのアニメ日和


…と思ったら本編もガチレンジャー!?ww

もう突っ込みどころが多すぎてどこから突っ込めばいいのやらw


敵のラスボスがまんまお父さんの時点で吹きましたw

その後のゲスラゴンのゲスっぷりにも…ww


レッドとイエローの乗り物が逆なのも理由が酷いですね。

後ろで引きずられているゲスラゴンとかもう突っ込みきれないw


すとぅるるるのアニメ日和


CMをはさんでひとはが唖然w どうやらいつものガチレンは

もうちょっと格好いいみたいですね。


でも今回のガチレンジャーはみつばがおもしろがるのもわかりますw

あほらしすぎて逆におもしろいんですよね(´∀`;)


すとぅるるるのアニメ日和
すとぅるるるのアニメ日和


戦隊モノの本部が住民に襲われるってどんなだww

しかも幹部のおじさんは普通に住民を撃退( ̄∇ ̄;)

おばあちゃんの身体能力無駄に高かったですしw


そして敵の倒し方がまたひどい!

メリケンまではぎりぎりオッケーでもその後のリンチは

もう子どもに見せられない!w ピンクの提案もダメだww


とりあえず定番の巨大化→ロボで倒す で終わった訳なんですが

爆発した人たちも生き返っているという不思議ww

とりあえず死者は全くのなしということにしたかったんでしょうねw


エキストラにクラスメイトが居たのも気になるw


すとぅるるるのアニメ日和


今回の脚本の方はひとはに一生呪われるようですw

さらに怒りの鉄槌はみつばにも…w


すとぅるるるのアニメ日和


EDもガチレン仕様。これはOPよりまだみつどもえ要素があったかなw

グリーンがやたらと強調されていたのは可哀想としか…(´・ω・`)



今回はみつどもえをみた、というよりガチレンジャーをみたという感じですねw

丸井3姉妹の活躍を期待していた人たちには物足りなかったかもしれませんが

これはこれで、結構(というかかなりw)楽しめましたw

みつどもえのスタッフは戦隊モノのセンス◎ですね(*´ω`*)



そして次回予告。


ゲドールの作戦で町からパンツが消えちまった!
町を救えるのは元からパンツをはいていないゲスラゴン…おまえだけだ!
次回、特攻ゲスラゴン パンツよ永久に… 
ガチに決めるぜ!



…(゜Д゜)え?w と思ったけど次回は普通にみつどもえなようですw

とりあえず8話しかないのにガチレン一話つくって大丈夫か?w



魔法少女まどか☆マギカ 1話


◆魔法少女まどか☆マギカ 1話



すとぅるるるのアニメ日和


冒頭はまどかの夢からはじまりました。


この世界はキュゥべえ(打ちにくいw)の言う「滅び」の状態なのでしょう。

こんな世界を変えることができるのは君だと言われ、

まどかがどう返事をするか…というところで目が覚めます。


この冒頭にはまず、驚きましたね。

タイトルと絵柄からしてこんな内容のものだと思っていなかったw

演出は完全にシャフトって感じですね。



すとぅるるるのアニメ日和



夢の中で戦っていた少女・暁美ほむらが転校生として

まどかのクラスにやってきました。

しかも彼女の記憶の中にまどかが存在するようです。


そんなほむらが言った「今の自分から変わる必要はない」という言葉。

これは魔法少女として戦う道を選ばなくてもいい、ということでしょう。

きっと彼女自身がそれによって何かを失ったのだろうけど…まだわかりませんね。

ほむらの過去が早く知りたいです。



すとぅるるるのアニメ日和

どこからともなく聞こえてくる声の方向にまどかが進んでいくと

そこには傷ついたキュゥべえ(打ちにくいww)がいました。

キュゥべえを傷つけたのはほむらのようです。

何らかの理由があるのでしょうけど、今の時点では

完全にほむらが悪役のような描かれ方でしたね。


そして突如異空間へ。この演出がまた、目を引きますね。

ひげの生物はなかなかに気味が悪かったですが(´∀`;)


まどかとさやかのピンチに現れたのはマミ。

この人も魔法少女のようです。



すとぅるるるのアニメ日和


変身シーンはお花が散ったりして可愛らしい感じでしたね。

が、攻撃方法はそんなイメージと一変ww ものすごい数の銃で

ひげの生物を瞬殺してしまいましたヽ(゚∀゚)ノ


ほむらとマミは今のところ敵対しているみたいですね。

同じ魔法少女同士なのに…なぜなんでしょうか。


そしてキュゥべえの「契約しよう」の言葉。

どこぞのイマジンだと突っ込みたくなりましたねww

「おまえの望みをかなえてやr(以下略w」

こんなセリフを吐かれてしまってはキュゥべえがどんなに可愛らしい顔で

笑っていてもなんか怖いですねw 本当の黒幕は…とか。さすがにそれはないですねw
(1話にしてこれは出すぎましたw


予想よりも遙かに良い1話でした。今後も楽しみ!


夢喰いメリー 1話


◆夢喰いメリー 1話



すとぅるるるのアニメ日和


今期の中で結構期待している作品です。


山内さんの絵コンテは顔のアップが多いと有名ですが…

メリーではへそが多用されていましたね!w


藤原夢路の今夜みる夢を予想することができる能力は

今後メリーのために役立てるんですかね?

普通に生きているうちでは全く役に立たなさそうな能力ですが(´∀`;)


メリーとの出会いはよくある感じでしたw

とりあえず、メリーが可愛いですね(*´ω`*)


すとぅるるるのアニメ日和


眠っていないはずなのに突如夢の世界に来てしまった夢路。

そこに現れたジョン・ドゥにより器にされかけますが、メリーによって助けられます。


器というのは夢魔という夢の中(=幻界?)に生きる者が

現実に来るために必要な体のことだそうです。

メリーはそれをなしに現実(=現界?)に来てしまっているから、

普通の夢魔とは違うんでしょうね。他の夢魔が造り出した世界にも入り込めるようですし。


そしてこのメリーですが、こっちの世界に来る前の記憶がないようです。

これにも理由があるのかもしれませんが、その辺りは最終回近くになりそうですね。


そしてジョン・ドゥとメリーのバトル開始ヽ(゚∀゚)ノ



すとぅるるるのアニメ日和


キャシャーンのような戦闘シーンを期待していましたが、違いましたね。
部分的にキャシャーンを連想するようなところもありましたが。


でも良い意味で違ったような気がします。あんまり他では見たことのないアクション。

手首足首のアップが多かったような気がします。(ヘタなのでキャプは断念w)

音楽の使い方も良かったですね。まさに音楽に合わせてバトルしている、と言う感じ。

そして実感、このアニメはアクションの要素もあったのね!とww


勝負には勝ったメリーですが、ジョン・ドゥはメリーを幻界に連れ帰ってはくれませんでした。

ジョン・ドゥはメリーが普通の夢魔ではないことに気付いたみたいですね。

気付いた、というより知っていたのかもしれませんが。


すとぅるるるのアニメ日和


現界に戻った夢路。そこにはメリーもいました。

次回からはメリーが幻界に帰るための話ですかね?
それに夢路の能力がどう役立つのか。楽しみです。

夢路がメリーが去っていくのを止めたのには何か理由がありそうな気もします。

メリーが戦っているとき、何度もメリーの名をリピートしていました。

もしかするとメリーの名に覚えがあるのかもしれないですね。


今回、ジョン・ドゥは夢路を器にしようとしていました。

きっと夢路の特殊な能力が目的なのでしょう。

となると今後も夢路は夢魔に狙われ続けるのかも。

そして公式を見て知りました。秋谷智子さんの名前があるではないですか!

メリーは山内重保さんが監督な上、久々に秋谷さんのレギュラー出演!

作画にキャシャーンのスタッフが目立ったのも嬉しいところ(^ω^)

アクションだけでも十分楽しめそうですが話の方も頑張って欲しいですね。



君に届け 2ND SEASON 0話


◆君に届け 2ND SEASON 0話


今期の最初のアニメです!

原作は未読、1期は視聴済みです。

原作との比較などのコメントは大歓迎ですが

できるだけネタバレは控えていただきたいです♪


的はずれな予想をしていても放置願いますww



すとぅるるるのアニメ日和


まずOP。やっぱり君に届けはOPいいですね。

少女漫画らしいしキレイ(*´ω`*)


噂の宮野さんキャラも居ましたね。どんなキャラなのか楽しみ!



すとぅるるるのアニメ日和


0話ということで1期のくるみ編の総集編みたいです。

でも内容的にはただの総集編ではなかったし

ちゃんと2期の内容に繋がりそうですね。

中学時代を思い出して笑っているくるみは印象的でしたね。

嫌な思い出のはずなのに…それもやはり爽子のおかげでしょうね。

放送時は爽子目線だった部分もくるみ目線で描かれているように思いました。

実際どうなのかはちょっとわかりませんが、それだけで全然印象が違いましたね。


すとぅるるるのアニメ日和


くるみの策略が成功しない中、まっすぐくるみに向き合う爽子。

口では「うざい」などと暴言を吐いていましたが、

実際こうして人と向き合える爽子が羨ましくもあったのかもしれません。


爽子は意外と思ったことをちゃんと言える部分もあるんですよね。

くるみはこの時から除除に爽子にはかなわないかも、と思い始めていたのかも。


風早くんのことを楽しそうに話す二人。輝いていましたw

間違いなくくるみもあの話題を楽しんでいたでしょう。
2期では爽子とくるみの関係がさらによくなるようですし、

こうして風早くんのことを話す相手として仲良くするんですかね?


ライバルであることも変わらなさそうですが。



すとぅるるるのアニメ日和


1期の神回(*´ω`*) くるみの告白のシーンは

ほんとに良かったですね~!!もちろん何度みてもいい!


風早くんも曖昧な返事を返すのではなく、はっきりと自分の本当のことを言いました。

こうしてはっきり言えたのは、これからもくるみと友達でいたい、という気持ちもあったからでしょうね。

それに対するくるみの返答も良かったです。さわやかな青春だわ~~(*´▽`*)w


次回、第一話はバレンタイン。
いきなり話の山場が来たように思いますが…どうなるのやら。

爽子にとって大切な日になるのはもちろん、どうやらくるみにも何かあるようです。

1期では解消されなかったくるみの心情も理解することができましたし、

1期の内容を思い出すのにも丁度良かったです!

やっぱりこの作品は総集編でも手抜きじゃない。

2期でおもしろくなくなる作品が多いですが

それとは別の方向に行きそうな期待がいっぱいです♪


最後に爽子ちゃんの素敵デフォルメ特集!w


↓これ特に最高ww


すとぅるるるのアニメ日和



ブサ可愛い爽子ちゃんのデフォルメ大好きですヽ(゚∀゚)ノ


秋期アニメ総評



【2010年秋期アニメ総評】



今回は割と早くかけました!年末の特番のせいで無くなったアニメが多く、

暇を持て余していましたからねw 今期は大豊作のため、私のランキングの中で

下位のアニメも楽しんでみていました。4位以下はほぼ差がない、といってもいいくらいです。


ではここで注意点を…


あくまで私にとっての順位ですので、これが夏期アニメの人気順ではありません。

また、作品に対する批判を書いている部分もあります。

そういう部分を見て気を悪くされる方は読まない事をお勧めします。

不適切なコメントもこちら側の判断で消去させていただく場合があります。ご了承ください。


誤字・脱字、用語の間違いなどは一応見直したつもりですが、

もしあればコメント覧にて訂正、もしくは見過ごしてくださいw


アニメのタイトルをクリックすると、そのアニメの詳しい総評のページが別窓で開きます。

少し長くなってしまったものもありますが読んで頂けると光栄です^^




【1位】 屍鬼



【2位】 侵略!イカ娘



【3位】 それでも町は廻っている



【4位】 俺の妹がこんなに可愛いわけがない



【5位】 バクマン。



【6位】 パンティ&ストッキングwithガーターベルト



【7位】 STAR DRIVER 輝きのタクト



【8位】 荒川アンダーザブリッジ*2



【9位】 テガミバチ REVERSE




ランキング外: ハートキャッチプリキュア


          神のみぞ知るセカイ

          


※ハートキャッチプリキュアはもうすぐ最終回を迎えるため、

 そのときにちゃんとした評価を書こうと思っています。

 なので現在の評価はちょっと低くなっているかもしれません。


 神のみの知るセカイは最近まとめて見たため、

 感想を書いていませんでした。評価は他と同様、つけていますが

 ランキングからは外させていただきます。




【1位】 屍鬼


【1位】  屍鬼



すとぅるるるのアニメ日和



ストーリー:★★★★★

キャラクター:★★★★★

作画:★★★★★



開始3話目以降、常に「先が気になる」状態を維持した作品。


最初の数話はキャラの説明や世界観、屍鬼の存在についての説明に使ったため

あまり楽しむことが出来なかった。が、そのスタイルはデュラララ同様

後のストーリーが最高におもしろく続きが見たい、という気持ちがかき立てられる。


小説原作だけあって、「なるほど」と思わされる部分が殆ど。

むしろ都合良く話が進まず、毎回の感想で予想していたことは

ことごとく裏切られてしまう。裏切られるとわかりつつも

無茶苦茶な予想をすること自体はなかなかに楽しかった。



キャラクターも必要のないキャラは殆ど説明なくさっさと死んでいく。

それでも、夏野を取り巻く人物や尾崎の関係者などはちゃんと描かれており

不足はなかった。殆どのキャラが自分の役割を持っていたように思う。



最初の方は一方的にやられていた人間がどんでん返しをくらわせるあたりからも

おもしろかった。が、その辺りから屍鬼の描写が多くなり、学園黙示録のような

「爽快アクション」という感じではなく屍鬼が殺されることにも同情してしまいそうになった。


きっと描きたかった部分の中に「屍鬼として起きあがった人々の苦しみ」があったのだろう。

その点に関しては最高に上手く描けていたと思うし、

だからと言って人間が完全な「悪」となることはなかった。

良いバランスを保っていたのではないだろうか。


人間も屍鬼も決して共存できる生き物ではないという事実を残した上に

またどこかでこの村であったような出来事が起こるかも知れない、という

恐怖を残し最終回を迎えた。ホラーとしても成功、物語としても成功。

グロいシーンも多く、見る人は選ぶかも知れないが今期のアニメの中で

最も多くの人に勧めたいのはこの作品だろう。



【2位】 侵略!イカ娘


【2位】  侵略!イカ娘



すとぅるるるのアニメ日和



ストーリー:★★★

キャラクター:★★★★★

作画:★★★★



イカ娘の可愛さだけで成り立っている、と言ってもいい作品。


ストーリー自体は落ちもなく、失笑で終わることもあったが

イカ娘の可愛い姿が見られるだけで十分満足することができた。

逆に言えばそれだけイカ娘のキャラがよくできており、

普通ならおもしろくないであろうエピソードをおもしろく描くことができたのではないだろうか。


一番のお気に入りは、やっぱりミニイカ娘。

BGMとイカ娘の泣き声(?)のみで作られているにも関わらず

最後にはなぜか涙ぐんでしまった。(結果、夢オチでしたがw)

そしてこの回はイカ娘の可愛さを最高にうまく演出した回だったと思う。


それ町との順位には迷ったが、結果作画の良いイカ娘を上にすることに。

その差は確実に作画。イカ娘ではネタのシーンでも割とちゃんと書き込まれていたし、

イカ娘の触手が動き回るシーンや千鶴とのバトルシーンは好印象。


それ町同様、最終回は裏切られたが(良い意味で)

その出来はかなりよかったように思う。


【3位】 それでも町は廻っている


【3位】  それでも町は廻っている



すとぅるるるのアニメ日和


ストーリー:★★★★★

キャラクター:★★★★★

作画:★★


元々日常を描いていたのでストーリー性はほぼなかったが、

最終話を見れば今までの物語にも意味があったように思えたので★×5。

最終話以前のギャグばかりの回でも、安定したおもしろさがあり

毎週楽しむことができた。ギャグのテンポもさすがシャフト、という感じ。


回を重ねるごとに、ちょっと影が薄いかなと思っていたキャラの魅力にも魅せられ

最終的に説明不足におわったキャラはいないのではないだろうか。

中でも杉田さん演じる森秋先生と、千葉さん演じる松田巡査のキャラがお気に入り。

特に巡査は出番がさほど多いわけでもないのに存在感があり、

歩鳥との関係がとてもおもしろいキャラだったと思う。



最終回は無理に泣かされたわけではなく、普通に泣ける話だった。

それ町で泣かされるなんて予想もしていなかったので驚いたが

歩鳥が下界の町の人たちが悲しむ様子を見る演出は巧み。

森秋先生が涙を流すシーンは泣かずにはいられなかった。


ただのギャグだけでは終わらせない、というシャフト本気と

それ町のどんな話でもできる柔軟性をみたような気がする。



その分余計に作画が残念で仕方ない。荒川と同時に2本もっていたため

多少は仕方ないかも知れないが、この作品をあの程度の作画で終わらせるのは

勿体ないように思う。どうせなら荒川と期間を分けてもう少し丁寧につくってほしかった。



【4位】 俺の妹がこんなに可愛いわけがない


【4位】 俺の妹がこんなに可愛いわけがない



すとぅるるるのアニメ日和

ストーリー:★★★★

キャラクター:★★★

作画:★★★★★


2期、もしくはネット配信で桐乃をどう変えられるかが重要な作品。


キャラクターの評価を下げているのも、ストーリーの評価を下げているのも、原因は桐乃。
メインヒロイン(?)である彼女のキャラが取っつきにくく、嫌な印象を与えている。

これも今後桐乃のキャラが良くなる為の土台なのかもしれないが、

それにしても目に余る部分が多すぎる。


その分、桐乃を取り巻く人物にあまり悪い人物は見受けられない。

毒が強いあやせでさえも、友達思いな部分を魅せたりして欠点を補うことができている。

桐乃にも今後こういう回があるのかもしれないが、1期の放送しか見ない人もいることも考え

せめて最終話くらいに桐乃回(桐乃がもっと良く見える回)をもうけるべきだったのではないかと思う。


そそのかしておいて未回収なまま終わった沙織の件はネット配信か。


ともあれ、「ネット配信」や「DVD特典」はファンの為のおまけのような存在として考える私は、

物語の論点や複線回収を放送で終わらせなかっただけで評価を下げてしまうしかない。


それでもここまでの評価に至ったのは他キャラの良さだろう。

京介は変な方向に行かない程度に今後も活躍に期待したい。



【5位】 バクマン。


【5位】  バクマン。



すとぅるるるのアニメ日和



ストーリー:★★★★

キャラクター:★★★★

作画:★★★★



原作は途中まで既読。今のところアニメでやっている部分は

すべてもう読んだことのある部分です。


内容が原作に忠実すぎるくらい忠実であるため、

感想を書くのは止めていましたがこの作品の出来には感心。


NHKということで、放送前から3話切りを覚悟していました。

が、見てみるとその出来に驚き。原作を読み返すよりも断然おもしろい。


同じ内容なのに何故ここまで原作よりも楽しめるのかは、自分でもわかりませんw

漫画だとセリフが長すぎるて読みにくい、というのはあるかも。



とにかく、原作に忠実でここまでおもしろく作られている作品は最近ないように思う。

本来漫画のアニメ化はこうあるべきなのかもしれない。



【6位】 パンティ&ストッキングwithガーターベルト


【6位】  パンティ&ストッキングwithガーターベルト



すとぅるるるのアニメ日和

ストーリー:★★

キャラクター:★★★★

作画:★★★★


「好き」「嫌い」がはっきり分かれる作品。

私は割と「好き」だったので少し順位をあげすぎたかもしれない。

ストーリーというものは殆どなく、ノリとテンション、そしてスタッフの好き放題(笑)からできている。

間のオムニバス的な話は、全くつながりのないものもあった上に意味のわかりにくいものもあった。


そんな話でもキャラの濃すぎる2人のヒロインの存在だけで

ある程度は成り立っていたし、むしろ普通なら「駄作」として見られる話も

「パンストらしい」と見過ごせるような気がした。



順位の高さはこんな(笑)作品を放送しようと考えた

スタッフ様の勇気をたたえて、ということでw



【7位】 STAR DRIVER 輝きのタクト


【7位】  STAR DRIVER 輝きのタクト



すとぅるるるのアニメ日和

ストーリー:★★★

キャラクター:★★★

作画:★★★★


物語はやっとスタートラインを踏もうとしている、という感じ。


まだ作品の雰囲気にきっちり乗り切れていない上、

主人公・タクトのキャラもイマイチつかめていない。

今まで見せられてきた物語は枠の外から見せられている、という感じで

おもしろくないことはないが、どんどんのめり込めるようにも思わない。


批判のようになってしまったが、どちらかというとこの作品は好み。


ロボットアクションは短くワンパターンであるが魅せ方がうまく、

毎回「ココ!」という格好いいシーンがある。

それがワンパターンでなくなった時にどんなものが見られるかは今から楽しみ。


最初に言っていたタクトのキャラがわからない、という部分も

いつかあると考えられる「タクト回」を見ればなくなるだろうし、

そこからの話が面白くなるだろうという期待が大きい。


順位は低くなってしまったが、次の評価で跳ね上がる可能性が一番高いと言ってもいいと思う。



【8位】 荒川アンダーザブリッジ*2


【8位】  荒川アンダーザブリッジ*2



すとぅるるるのアニメ日和

ストーリー:★★★

キャラクター:★★★

作画:★★★



1期の勢いは失いつつあったように思うが、無難に最終回を迎えた作品。


途中でギャグには飽きてしまった為、感想を書くのはやめていた。

とはいえ、今思えば2期としてここまで1期のような雰囲気を

維持していたのはすごいかな、とも思う。

その雰囲気についていけなかった私は、元々この作品にあっていなかったのかもしれない。


3期ができるといえばできるが、やらないほうがいいのでは…と思う。

某雑誌の人気作品のように駄作になるまでズルズルと長続きするよりは

今回で最終回、として切りよく終わらせた方がファンも気持ちがいいだろう。



【9位】 テガミバチ REVERSE


【9位】  テガミバチ REVERSE



すとぅるるるのアニメ日和


ストーリー:★★★

キャラクター:★★

作画:★★


1期同様、「原作の劣化」と言ってまとめるのが一番早い。


無駄なオリジナル回がが目立つため、見るのも苦しんでいた1期。

それに比べるとまだマシにはなったが、現時点ではなぜこう設定を変えたのか

わからない部分があり、また1期のように失敗に終わるのではないかという不安が大きい。


その上、原作でのキャラクターの良さを見せるようなシーンや

デフォルメのシーンが削られている、もしくは中途半端に終わらされているため

好きなキャラがアニメで動いて喋っているのに、あまり魅力を感じない。


スタッフの愛からか、ニッチの描写は比較的丁寧。

唯一このアニメを見ていて癒される存在になっている。


今後物語が原作通り進むのか、それともオリジナルで進むのかはわからないが

原作ファンとして1期よりは成功してほしいと思う。



【ランキング外】 ハートキャッチプリキュア


【ランキング外】  ハートキャッチプリキュア



すとぅるるるのアニメ日和

ストーリー:★★★

キャラクター:★★★★

作画:★★★


(~45話まで)

最終話目前にして少し崩れ始めているように感じます。


サソリーナのエピソードあたりから脚本の調子が悪くなってきている。

構成の山田 隆司(栗山緑)さんの脚本の時でも「ん?」と思う部分があったり

他の脚本ならサンシャインのセリフに違和感がある時があったり…。

最終回を製作するために本ちゃんじゃない人がやっているのは仕方ないかも知れないが

それでもさすがに酷いな、と思う部分が多いように思う。


盛り上がるような展開でもイマイチ盛り上がりに欠ける上、

作画の崩れも目立つ。それが勿体なくて仕方ない。


今崩れかかってきている分を、次の放送以降でどう取り戻せるかが問題。

最終回に向けて、ダークプリキュアvsムーンライトのような盛り上がりを見せて欲しい。



※最終話放送後、また感想と総評を書く予定です。



【ランキング外】 神のみぞ知るセカイ


【ランキング外】 神のみぞ知るセカイ



すとぅるるるのアニメ日和

ストーリー:★★★★★

キャラクター:★★★★★

作画:★★★★★


ランキング外にしてしまうのが惜しい作品。

ただ、放送時は1話を見逃したがためにあまりちゃんと見ていなかったので

感想を書いていませんでした。なので一応ランキング外に。

(結果、年末年始に全話まとめて見ましたw)


内容は「リアルギャルゲ」。ただ、実際女の子を落とすことが目的ではないため、

ギャルゲをプレイしている様子をただ見せられている、という感覚は全くなかった。

特に物語があるわけではないが、それだけで十分にストーリーとして成り立っていたと思う。


登場するヒロインも嫌な印象を与える子がいなかった。

普段自分が好みでないであろうキャラも、桂馬の攻略によって

良い部分を見せられたため可愛く見えた。


一話で終わらされた歩美のストーリーもうまくまとめられており、

不足している部分はないだろうと思う。

このあたりの構成力もストーリーに+しました。


演出が一番好きだったのは栞のストーリー。

本が本棚から飛び出し、崩れていくシーンから桂馬と栞が

キスするまでの演出は魅力的。音楽ともマッチしており、目を引いた。


2期の出来によっては、けいおんに並ぶ

キャラものの最高峰になるのではないだろうか。


唯一の心配点はヒロインのパターン化。

エピソードの数だけヒロインが必要なので

今期の4人ほどいいキャラばかりをつくることができるかが心配。


とにかく今は早見さんの演じる新キャラが楽しみ。



謹賀新年(・ω・)ノ


あけましておめでとうございます(*´ω`*)



昨年は本当に色んな方にお世話になりました!!


初めてまとも(?)なブログを始めたものでわからないことだらけでしたが、
みなさまのおかげで今日までブログ運営を継続することができました(^▽^)
短いコメントでもすごく励みになります。
今年もすとぅるるるをどうか見捨てないでくださいw


そしていつも見に来て下さる方、足跡残して下さる方、トラックバックを送ってくださる方、
本当にありがとうございます!!コメントは遅くなっても必ず返すようにしているのですが、
足跡とトラックバックに関しては返すことができていない場合も少なくないと思います。
気分を悪くされた方、本当に申し訳ないです(´・ω・`)
今後も同じ様な状況が続いてしまうかもしれませんがどうかお許しを(ノД`)゜。゜


まだまだ未熟者ではありますが、今後も今まで通り運営していく予定です♪

短い文章ですが、すとぅるるるの新年の挨拶とさせていただきます(´▽`)w

«  | HOME | 

プロフィール

すとぅるるる

Author:すとぅるるる
将来の夢は自宅警備員!とはさすがに言えない歳になってきた…w

アニメやゲーム、絵を描くことなどが好きです。
基本的にはただのオタクで萌え豚。
ツイッターでは記事に書かないアニメの感想や
ゲームのあれこれなどくだらないことを呟きます。


ツイッター


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ

春期アニメ総評 (12)
夏期アニメ総評 (19)
秋期アニメ総評 (15)
冬期アニメ総評 (12)
Fate/Zero 2NDseason (11)
ココロコネクト (1)
ペルソナ4(小説) (1)
ペルソナ4(ゲーム) (7)
ペルソナ4(アニメ) (10)
キングダム (3)
おジャ魔女どれみ16 (3)
あの夏で待ってる (9)
UN-GO (7)
ちはやふる (25)
Fate/Zero (13)
うさぎドロップ (4)
輪るピングドラム (9)
青の祓魔師 (2)
デッドマン・ワンダーランド (5)
C (10)
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 (10)
神のみぞ知るセカイⅡ (7)
TIGER & BUNNY (19)
Steins;Gate (7)
花咲くいろは (9)
イラスト (5)
スイートプリキュア (10)
フラクタル (8)
レベルE (7)
GOSICK (9)
みつどもえ増量中! (5)
魔法少女まどか☆マギカ (10)
夢喰いメリー (10)
君に届け 2ND SEASON (6)
それでも町は廻っている (10)
荒川アンダーザブリッジ*2 (7)
侵略!イカ娘 (11)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない (12)
Panty and Stocking (8)
STAR DRIVER 輝きのタクト (19)
テガミバチ REVERSE (8)
バクマン。 (6)
モンハン日記 ぎりぎりアイルー村 (7)
屍鬼 (20)
戦国BASARA弐 (11)
世紀末オカルト学院 (12)
学園黙示録 (12)
みつどもえ (13)
ハートキャッチプリキュア (30)
HEROMAN (14)
けいおん!! (18)
アニメ感想 (68)
その他 (30)
未分類 (1)
新世界より (15)
絶園のテンペスト (20)
たまこまーけっと (4)
進撃の巨人 (2)
ガッチャマンクラウズ (2)

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。