すとぅるるるのアニメ日和

≫2011年01月16日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢喰いメリー 2話


◆夢喰いメリー 2話



すとぅるるるのアニメ日和


メリーは結局あのまま夢路の家に連れてこられたようです。

そこではお決まりのお風呂覗いちゃったシチュエーションw

定番だけど夢路の顔芸のレベルが高すぎて笑ったww
勇魚は普段より入浴シーンの髪型の方が可愛いですね(*´ω`*)



すとぅるるるのアニメ日和


セリオの器になったユミという少女。

この二人はお互いを理解し、共存しているみたいですね。

セリオの方にもユミを乗っ取りたいなどという気持ちはなく、

ユミもセリオに感謝していました。

夢魔といっても色々いる、とメリーは言っていましたが

確かにデザインから性格から全て色々ですね。


メリーの話していたことは、殆ど前回のおさらいといった感じでしょうか。

そしてメリーは勇魚の家をあとにします。多分また夢路に

連れ帰ってこられそうな気はしますがw


とりあえずお父ちゃんがめちゃくちゃ格好良かったです。

転校生の登場も今回にした理由があるのでしょう。

少しこのあたりは詰め込みすぎた気もしますが

今後のための複線だと思って頑張って覚えときます!w



すとぅるるるのアニメ日和



突然夢路と同じように夢の世界に放り出されたユミ。

はさみに触れようとしたシーンが夢路がネコに触れようとしたシーンと

被って見えましたが…これにも理由がありそうです。

現実にある物体が幻界への入り口なのでしょうか。

それともこれは夢魔が仕掛けるトラップのようなもの?


その夢の中にはセリオも居ました。セリオの夢ではないのに

彼が存在したの器と同じ夢の世界に出てくる存在だからですかね。

この辺りの設定がまだよくわかっていないのですが

それの説明をかねてユミの話を取り入れて居るんでしょうね。


そしてセリオはまさかの退場(ノД`)゜。゜

夢魔が死ぬことによって器も死ぬ、とかいう仕組みはないみたいです。

でもユミの様子が少しおかしかったような…。 

この夢の持ち主(?)に乗っ取られてしまったんですかね?


すとぅるるるのアニメ日和


次回、ユミとセリオの話の結末はあるのか…?

夢路とメリーの関係がどうなるのかも楽しみです。



すとぅるるるのアニメ日和



今期はヴィクトリカとメリーの可愛さだけで食いつなげそう(笑)

スポンサーサイト

ハートキャッチプリキュア 47話


◆ハートキャッチプリキュア 47話



すとぅるるるのアニメ日和


珍しくサンシャインもネタにまわっていましたね(*´ω`*)

マリンと一緒にいるとみんなこうなってしまうのか…ww


「ターーーイム!」の声で本当に反撃を止めてくれるスナッキーたちw

その後無惨にやられていく姿…悲しすぎます(ρ_; )

えりかの考えたお馬鹿な作戦で普通に薫子さんの所に

到着するあたりは完全にネタでしたねw

これが最終回に向けて最後のネタになるのかな…?



すとぅるるるのアニメ日和


予告でも出ていましたがサバークの正体がわかりました。

既に沢山の人が予想していたかとは思いますが、敢えて言いますw

なんとサバークの正体はゆりさんのお父さんでした!!(爆)


それを知ったゆりは戦意喪失。ダークプリキュアの反撃に対し、

ブロッサムが立ち向かいます。

今までは簡単に負けてしまっていたブロッサムでしたが

今回は違いましたね。一人でダークの攻撃にうち勝ちました!


ゆりさんもついにダークさんとの決着をつけることを決意。

激しい戦いがはじまります!



すとぅるるるのアニメ日和


若干34話の使い回しがありましたが…w

それでも良かったですね!ダークプリキュアと直接戦っているのは

ムーンライトだけなのに他のプリキュアの色の光が集まってくる演出は好きです(´ω`)


これでダークプリキュアはお終いなんですかね?

そうなると結果、光が闇を照らすことになったということですが…

ならば次回ダークさんにも何かある?

今のところダークプリキュアはサバークに作られた、ということは

明らかになっていますが、どうやって作られたのかは明かされてないんですよね。


その辺りも最終回までに明かされるといいですね♪

ところで最終回まで後何話なんでしょうか…?




「今期(12月終了アニメ)を評価してみないかい?11」

※TB送信の際、タイトルの送信を失敗してしまいました(´・ω・`)

 顔文字だけのタイトルと非常に失礼なものになってしまっております。

 申し訳ございません。




「今期(12月終了アニメ)を評価してみないかい?11」



ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人


ピッコロ様の企画に参加させていただきます(*´ω`*)


前回、せっかくお誘いいただいたのに参加することができませんでした。

なので今回は早めに記事を作成しておきましたw



【屍鬼】


ストーリー5
キャラクター性4
画5
演出5
音楽4
総合的な評価5


屍鬼の視点、村人からの視点

どちらもバランス良く描かれていたのが良かったです。

屍鬼とはいわゆるゾンビのようなものになるのだろうけど

生前の記憶が残ったままで、感情を持っているゾンビをみたのはこの作品が初めてです。



【侵略!イカ娘】


ストーリー2
キャラクター性5
画3
演出4
音楽3
総合的な評価4


おもしろさのすべてはイカ娘の可愛さ。
特にミニイカ娘の可愛さは犯罪ですw



【それでも町は廻っている】


ストーリー4
キャラクター性4
画1
演出4
音楽3
総合的な評価3


作画がもっと良ければ…と惜しい作品になってしまいました。

それでもギャグのセンスも良く、バランスよく楽しむことができました。



【俺の妹がこんなに可愛いわけがない】


ストーリー3
キャラクター性2
画5
演出3
音楽3
総合的な評価3


基本的に桐乃が無理なので、桐乃回を楽しむことができなかったです。
桐乃のキャラについていくことのできる人にとっては良い作品だったと思います。

その分(?)他キャラは大体みんな好きになれました。

【パンティ&ストッキングwithガーターベルト】


ストーリー1
キャラクター性4
画4
演出4
音楽3
総合的な評価3


好きか嫌いか2つにひとつ。それでも私は割と好んでみていました。

やりすぎだろう、と思う回も多々ありましたが(´∀`;)


【荒川アンダーザブリッジ*2】


ストーリー3
キャラクター性3
画3
演出3
音楽3
総合的な評価3


2期のできばえとしては良かったかも知れませんが基本的に普通。

ギャグに飽きてしまっても視聴が困難になることはなかったです。

【神のみぞ知るセカイ】


ストーリー4
キャラクター性5
画5
演出5
音楽4
総合的な評価5


キャラものとしてかなりの出来だったと思います。

私にとって嫌いなヒロインがいないという珍しい作品。

大抵こういうアニメでは苦手な女の子が1人くらいいるものですが

この作品に関わる女の子はみんな良い子ばかりでした(*´ω`*)w




ベストキャラクター賞


イカ娘(侵略!イカ娘)



すとぅるるるのアニメ日和


何をしていても可愛い!

今期のアニメの中で最も癒し系だったと思われますw

このキャラなしではこの作品の評価もそこまで上がらなかったでしょう。
一番印象に残ったキャラでもあります。



ベストOP賞

『DOWN TOWN』 坂本真綾 (それでも町は廻っている)



すとぅるるるのアニメ日和


坂本真綾さんのこんな風な歌を聴くのは初めてでしたが

非常に曲と声があっていたように思います。


映像に関してはとにかくセンスが抜群に良かったです。

曲との一体感もあり、何度見ても飽きませんでした。




ベストED賞 

『コイノシルシ』 神のみぞ知り隊 (神のみぞ知るセカイ)



すとぅるるるのアニメ日和


曲がやたらと耳に残りました。さらに何度も聞く内に中毒にw

今期のEDがさほど特殊なものがなかった(私がみたものの中で)、

というのもありますがこのEDは普通にいいなあ、と思えました。


ヒロインたちが楽しそうに桂馬の顔を描いている(踏んでいる?w)姿は

可愛いですしね♪このEDは一度も飛ばしたことないです。



ベスト声優賞・男性 千葉 繁さん



すとぅるるるのアニメ日和


(それでも町は廻っている・松田旬作)

(パンティ&ストッキングwithガーターベルト・コルセット/市長)


どちらの役も出番がさほど多くなかったにも関わらず

独特な声の出し方が耳に残り、キャラをより印象づけていました。

ベテラン声優なので、最近主役格での起用が減っているようですが

これからも注目していきたい声優さんです。



ベスト声優賞・女性 悠木 碧さん



すとぅるるるのアニメ日和


(それでも町は廻っている・辰野俊子)

(屍鬼・桐敷沙子)

(神のみぞ知るセカイ・青山美生)

(ポケットモンスター ベストウィッシュ・アイリス)など


若さなど全く感じさせない演技力があり、

声幅も広くそのキャラに応じた使い分けがうまいように思います。

歌唱力もあり、キャラソンなどでも活躍。

次期アニメでは主役格の出演が多く決まっているため

今後さらに注目されるのではないかと思っています。

今期では特に沙子の演技が良かったです。



以上、長い文章になってしまいましたが読んでくださった方ありがとうございます。


ぜひまた参加させていただきたいです。



http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51669463.html






フラクタル 1話


◆フラクタル 1話



すとぅるるるのアニメ日和


期待していたわりには…ジブリ?w といいたくなる作品でしたが

今後面白くなりそうな気もしますね。


この世界では働くことが不要、さらにドッペルと生活できるそうです。

家族のドッペルを本当の家族と思うのは多分無理ですが

働かなくていいのは非常に良いと思いますw


でも、それを否定するのがこの作品のストーリーなんでしょうね。

他人とふれあうことのない狂った世界を主人公がどう変えていくのか。

それに同行するヒロインは赤パツツインの方でいいんですかね?

ナウシカ(違w)はどこかに消えてしまいましたしね。


1話時点でおもしろいかおもしろくないのかはよくわかりませんでしたが

今後のストーリーが気になるので視聴は続ける予定です。


感想を書くかは内容と私の時間次第(笑)


魔法少女まどか☆マギカ 2話


◆魔法少女まどか☆マギカ 2話



夢から始まるのはこの作品の特徴らしい(笑)



すとぅるるるのアニメ日和


今回は魔法少女に関する説明が中心でしたね。

マミ先輩の見せてくれた魔女退治も視聴者に向けて、だったのではw


今回ちょっと気になったのはまどかたちのもう一人の友達ですね。

ふざけているようにも見えたけど、怒っているようにもみえました。

今後関係が悪くなってしまうとかはないですよね(´∀`;)


後さやかのこと。多分まどかは魔法少女にはなりたいけど

願い事がなくて困って居るんでしょうね。

さやかの場合は、自分が思う以上に苦しんでいる人も居る中で

自分なんかのくだらない願いが叶えられることが嫌なんでしょう。

一瞬病院のような場所がうつりました。もしかすると家族や兄弟に

病気持ちの人がいるのかもしれませんね。

結果、願い事他人のために使ってしまうのでは…と思います。



すとぅるるるのアニメ日和


魔女の作った結界の中の映像はやはりおもしろいですね。


しかし、魔女がなんかすごくいびつなのは何故?

この姿にも何か理由があるんでしょうか。


私は勝手に魔法少女=魔女 というイメージを持っていたので

この2つが敵対しているのはどこか不思議に思います。


そして気になったのが、魔力を使うことによって

ソウルジェムの色が濁っていくということ。

ソウルジェムが完全に黒く染まった時、その人は魔女になってしまう

そんなことを思ってしまいました。(あくまで私の勝手な考えですw

そうして増えてしまった魔女を退治すべく、キュゥべえはまた新しい魔法少女を捜す。

そういう話だったら魔法少女モノとしてちょっと新しくて良いような気がしました。

(この設定だと始まりの魔法少女(魔女)はどうして生まれた、

 とか引っかかってくるんでしょうけどねw

とにかく、2話使っても主役が魔法少女に変身しないの作品は珍しいw

今後の展開も非常に楽しみです!




GOSICK 2話


◆GOSICK 2話


2話目にして完結せず!w それでも退屈しないのがいいですね。


すとぅるるるのアニメ日和


ヴィクトリカたちの乗り込んだ船は過去に沈んだはずのものだったようです。

混乱する人々は正気を失い、次々と死んでいきました。


ヴィクトリカの「最初は10人だったのが11人に増えている」という

発見はこの中に犯人がいる、と言うことでしょうね。

その食事の時にいなかった人が犯人…ってダレだろう?w

推理モノはあまり、というか全く読まない、見ないので

犯人探しとかはかなり苦手なんですよねw

…ただ、昔の回想の中にメイドそっくりさんがいたような気がしました、


この船では過去に殺し合いが行われていたらしいです。

それも、国籍の違う子どもたちによって。

犯人はこの船が沈んでから10年、という今日に同じ事を

起こらせようとしているみたいですね。

今のところ目的が何なのかも全くわからないんですけどね(´・ω・`)

(わかっていないのは自分だけかもしれませんがw



すとぅるるるのアニメ日和


部屋のトリックには驚きました!単純ですが、

人間の動きを見通したなかなかに頭の良いトリックのような気がします。

そして今回もヴィクトリカが可愛い(*´ω`*)


途中までは協力して助けを求めようとしていたのですが

狂気に陥った男は船のそこら中に隠されているという武器を使って

他の全員を殺そうとします。 


きっと過去もこういう展開だったんだろうけど

ちょっと出来すぎているような気もしますね。

もしかするとこの男はこの船の事をもっとよく知っている?

黒幕もこの男…っていうことはないですかねww



今回も完結はしませんでしたが、安定感がありました。

普通に次回も楽しみです!でも銃声で切るなんてひどい(ノД`)゜。゜w



 | HOME | 

プロフィール

すとぅるるる

Author:すとぅるるる
将来の夢は自宅警備員!とはさすがに言えない歳になってきた…w

アニメやゲーム、絵を描くことなどが好きです。
基本的にはただのオタクで萌え豚。
ツイッターでは記事に書かないアニメの感想や
ゲームのあれこれなどくだらないことを呟きます。


ツイッター


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ

春期アニメ総評 (12)
夏期アニメ総評 (19)
秋期アニメ総評 (15)
冬期アニメ総評 (12)
Fate/Zero 2NDseason (11)
ココロコネクト (1)
ペルソナ4(小説) (1)
ペルソナ4(ゲーム) (7)
ペルソナ4(アニメ) (10)
キングダム (3)
おジャ魔女どれみ16 (3)
あの夏で待ってる (9)
UN-GO (7)
ちはやふる (25)
Fate/Zero (13)
うさぎドロップ (4)
輪るピングドラム (9)
青の祓魔師 (2)
デッドマン・ワンダーランド (5)
C (10)
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 (10)
神のみぞ知るセカイⅡ (7)
TIGER & BUNNY (19)
Steins;Gate (7)
花咲くいろは (9)
イラスト (5)
スイートプリキュア (10)
フラクタル (8)
レベルE (7)
GOSICK (9)
みつどもえ増量中! (5)
魔法少女まどか☆マギカ (10)
夢喰いメリー (10)
君に届け 2ND SEASON (6)
それでも町は廻っている (10)
荒川アンダーザブリッジ*2 (7)
侵略!イカ娘 (11)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない (12)
Panty and Stocking (8)
STAR DRIVER 輝きのタクト (19)
テガミバチ REVERSE (8)
バクマン。 (6)
モンハン日記 ぎりぎりアイルー村 (7)
屍鬼 (20)
戦国BASARA弐 (11)
世紀末オカルト学院 (12)
学園黙示録 (12)
みつどもえ (13)
ハートキャッチプリキュア (30)
HEROMAN (14)
けいおん!! (18)
アニメ感想 (68)
その他 (30)
未分類 (1)
新世界より (15)
絶園のテンペスト (20)
たまこまーけっと (4)
進撃の巨人 (2)
ガッチャマンクラウズ (2)

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。