すとぅるるるのアニメ日和

≫2011年01月24日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GOSICK 3話


◆GOSICK 3話



すとぅるるるのアニメ日和


やはり推理モノは事件解決の回がおもしろいですね!

もちろんそれ以前もおもしろかったのですが。


徐々にデレはじめるヴィクトリカ。最近はツンの時にイラっ☆とくるキャラも

多いのですがヴィクトリカは全くそんなことないですね!絶妙なツンデレですw

頬を赤くしてるヴィクトリカがきゅーとすぎて困ります(*´ω`*)w


そしてこの主人公、九条はたしかにまっすぐな人間ですね。

普通この手のヘタレ系男子キャラはなぜモテるのかわからない事が

多いんですけど、九条に関してはヴィクトリカが感心するのもわかります。

このままどんどんヴィクトリカは九条の事が好きになっていくんでしょうけど

それでも九条は憎むべき存在ではありませんね!w


ハーレム漫画のヘタレ男子のモテ具合は視聴者からすれば

意味わかりませんからね(笑) 憎むべき存在です。(ぇw


今回の事件の犯人ではありませんが、

どんどん人が死んでいくように仕組んでいたのはネットのようです。
元が俳優らしいので演技も達者でしたね。その分豹変した今が怖い怖い…( ̄∇ ̄;)

そしてヴィクトリカのピンチに明らかにレベルの違う武器で立ち向かう九条がまた格好いい!

この辺りはやはり主人公属性ですが、それでもちゃんとした過去の九条と

今の九条と繋がっているので納得もいきますね。



すとぅるるるのアニメ日和


九条の無事を知り、安心した表情を見せたヴィクトリカ。

…でしたが一瞬でいつものヴィクトリカに元通りw

こういう平静を装っている、という描写もヴィクトリカの可愛いところですよね。

中身はやはり子どもの女の子なんだな、と安心させられます。


すとぅるるるのアニメ日和


船を用意し、事件を仕立て上げたのはジュリーでした。


ジュリーは10年前にあった同じ事件の時に集められた子どもの一人だったらしく

それの復讐のために今回の事件を起こしたようです。


それにしてもこの占いは狂っていますね(´∀`;)

今回も10年前も猟犬を演じたネットも恐ろしいです。



すとぅるるるのアニメ日和


友人との再開はこんな形になってしまいましたが、

お互い自分のやるべきことを果たした後なので悔いはなさそうでした。


やるべき事が人殺しというのもおかしな話ですが、元はと言えば二人も被害者。
今回事件に関わって死んだのはおそらく10年前の関係者ばかりでしょうし

そこまで攻めるべきことでもないような気がします。そうは行かないんでしょうけど。

ジュリーの方はロクサーヌ宛の招待状で来てしまった

ヴィクトリカたちにまで危険を及ぼしてしまいましたが

結果的に二人は無事なのが救いですかね。



すとぅるるるのアニメ日和


そしてヴィクトリカの過去が発覚。囚われの生活をしてきた上に

さらに学園からも外出許可がないと出られないなんて可哀想ですね(ノД`)゜。゜


兄との関係も微妙にややこしいですね。

相手がヴィクトリカじゃなかったらもうちょっと

兄弟との間に亀裂が入ってそうな気がします。

ヴィクトリカはあまり深いことを気にするような性格ではなさそうなので。


九条がこれからもどんどん男前になりそうですw

久々にヘタレ系男子で好きになれそうなキャラでもありますしね。


1話から3話までかけてやっとエピソード1つ完結しましたが

この作品は今後も今回のようにゆっくりと進んでいくのがいいでしょうね。


これからさらにヴィクトリカがデレていくのも楽しみであります(`・ω・´)w



スポンサーサイト

ハートキャッチプリキュア 48話


◆ハートキャッチプリキュア 48話


神回とかそういうレベルじゃない…(´∀`;)

日朝とは思えぬクオリティでした!


キャプが多すぎて見にくいですが、本当に今回は

どこで止めてもいいぐらい作画も良かったです♪


すとぅるるるのアニメ日和


前回トドメを指されたように見えたダークプリキュアですが

まだ生きていました。そして、サバークにより、ダークプリキュアが

ゆりの妹に当たる存在だということが明かされます。

要するにクローンなんでしょうけど…何故ダークプリキュアを妹と呼んだんですかね?

心の大樹の研究の果てに作られたのがダークプリキュアらしいので

もしかすると心の大樹は人間の誕生に関係あるのかもしれませんね。

それならダークプリキュアのことを「クローン」と言わずに「妹」と言ったのにも納得がいきますし。


ダークプリキュアが消えていくシーン。丁寧に作られていましたね。

同じようなシーンでもダークプリキュアの表情が全然違いました。

サバークの方を幸せそうに見つめる表情、そしてゆりの方を見つめる表情。

ゆりの方を見つめている時、ダークプリキュアは何を思っていたんでしょうね?

おそらくムーンライトが自分の姉にあたる存在だということは

今回初めて知らされたんだろうし、最期に姉の姿をちゃんと見ておこうとでも思ったんでしょうか。

ダークプリキュアが消えた後、光が空の果てに飛んでいきました。

もしこれが魂なら、また月影家に新しい子どもとして誕生してほしいです。

もしそうなれば、それほどのハッピーエンドはないと思うんですけどね。

でもそれはサバークが居なくなってしまったからもう無理なのかもしれませんが…。



すとぅるるるのアニメ日和 すとぅるるるのアニメ日和


デューンの登場。さすが、悪役らしいセリフでしたw


サバークは昔、オリヴィエとサラマンダー男爵にも会っていたようです。

こちらの話ももう少し見てみたかった気がします。が、このシーンは映画観てる前提なんですねw


覚醒したデューンに対するは月影博士とムーンライト、そして少し出遅れたブロッサム。

ブロッサムは時折迷っているような表情を見せました。

この後の流れ的には月影博士たちが憎しみを持って戦っていたからなんでしょうね。

既にラストに向けて複線をはっているとは…さすがです。


それにしてもアクションがすごい。仮面が取れたにも関わらず

スバラシイ力を発揮してるお父ちゃんもすごい(笑)
これはサバークとして長年やってきたからなんですかね。

当然だけど幹部たちよりも断然強かった。

それでもデューンに勝てないというのはやはり憎しみの所為でしょうか?

その後のデューンの攻撃を止めるために自らを犠牲にしたシーンは

間違いなく娘に対する愛で動いていたんでしょうけど。


すとぅるるるのアニメ日和 すとぅるるるのアニメ日和

憎しみに満ちたゆりを止めたのはつぼみでした。

もう今回のつぼみ、格好良すぎる(ノД`)゜。゜ そして主人公です!



自分の怒りや憎しみを晴らすために戦うなんてやめてください!


でも私はあいつが憎いのよ。
あいつの所為でわたしはコロンやお父さんを失ってしまった。
憎しみが力になるのならわたしはそれでもかまわないわ。


情けないこと言わないでください!

わたしが好きなゆりさんはそんなこといいません。
お願いです 憎しみのまま戦えば
きっと負けてしまいます 悲しみや憎しみは
誰かが歯を食いしばって断ち切らなくちゃダメなんです。


わたしたちががんばってプリキュアしてきたのは何のためなんですか?
コロンやお父さんがゆりさんに託したのは何だったんですか?


月影ゆり! わたしが憧れたキュアムーンライト
あなたが何をしたいのか、何をするべきなのか…
そして何のために戦うのか、自分で考えてください!



もうつぼみのセリフは最高でした!感動、という一言ですましてしまうのが勿体ないくらい。


プリキュアとして戦ってきたことで一番変わることが出来たのはつぼみですから、

それによって学んだことも大きかったんでしょう。

プリキュアとして戦うことが何なのか、ちゃんと理解していたようですね。


だからといってここまで深い悲しみをうけたゆりさんが憎しみに満ちてしまったことを

攻めることもできません。 それがわかっているからこそ、ゆりに何をしろと

命令するのではなく、最後には自分で考えるよう言ったんでしょうね。


今回コロンを失った時のように打ちひしがれてしまうことなく

戦うことが出来たのは、間違いなくつぼみという仲間のおかげでしょう。

もちろんここまでつぼみが変わることができたのはゆりのおかげでもあるので

皆、一緒に成長してきたんだんなーと改めて実感しました。



そしてまたアクションの素晴らしいこと!!w

サンシャインとマリンが加わってからは一層すごかったです。

4人の動きが丁寧過ぎます。無駄なカットなんて存在しなかったんじゃないかと。

すべてが繋がっていて、流れるように魅せられました。


そしてどこで止めても目立った崩れがありませんでした!

前々回のマリンの戦闘は止める場所によれば崩れも見られたわけですが

今回は皆無と言っても良いんじゃないでしょうか。

神とかそんな領域じゃないです。こんなに丁寧に描かれ、

そしてテンポの良いアクション。これはここ最近みたアニメの中で間違いなく最高です。


DVDもしくはブルーレイ、購入決定ヽ(゚∀゚)ノw



今回でデューンとの決戦は終わったかのように見えましたが

かつてキュアフラワーが戦った時の姿がまだ残っていますよね。


「私は最強のプリキュア!」最後にブロッサムがどんな姿を見せてくれるのか

とても楽しみです。1年間見てきて良かった、と思える最高の最終回にしてほしいですね。





 | HOME | 

プロフィール

すとぅるるる

Author:すとぅるるる
将来の夢は自宅警備員!とはさすがに言えない歳になってきた…w

アニメやゲーム、絵を描くことなどが好きです。
基本的にはただのオタクで萌え豚。
ツイッターでは記事に書かないアニメの感想や
ゲームのあれこれなどくだらないことを呟きます。


ツイッター


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ

春期アニメ総評 (12)
夏期アニメ総評 (19)
秋期アニメ総評 (15)
冬期アニメ総評 (12)
Fate/Zero 2NDseason (11)
ココロコネクト (1)
ペルソナ4(小説) (1)
ペルソナ4(ゲーム) (7)
ペルソナ4(アニメ) (10)
キングダム (3)
おジャ魔女どれみ16 (3)
あの夏で待ってる (9)
UN-GO (7)
ちはやふる (25)
Fate/Zero (13)
うさぎドロップ (4)
輪るピングドラム (9)
青の祓魔師 (2)
デッドマン・ワンダーランド (5)
C (10)
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 (10)
神のみぞ知るセカイⅡ (7)
TIGER & BUNNY (19)
Steins;Gate (7)
花咲くいろは (9)
イラスト (5)
スイートプリキュア (10)
フラクタル (8)
レベルE (7)
GOSICK (9)
みつどもえ増量中! (5)
魔法少女まどか☆マギカ (10)
夢喰いメリー (10)
君に届け 2ND SEASON (6)
それでも町は廻っている (10)
荒川アンダーザブリッジ*2 (7)
侵略!イカ娘 (11)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない (12)
Panty and Stocking (8)
STAR DRIVER 輝きのタクト (19)
テガミバチ REVERSE (8)
バクマン。 (6)
モンハン日記 ぎりぎりアイルー村 (7)
屍鬼 (20)
戦国BASARA弐 (11)
世紀末オカルト学院 (12)
学園黙示録 (12)
みつどもえ (13)
ハートキャッチプリキュア (30)
HEROMAN (14)
けいおん!! (18)
アニメ感想 (68)
その他 (30)
未分類 (1)
新世界より (15)
絶園のテンペスト (20)
たまこまーけっと (4)
進撃の巨人 (2)
ガッチャマンクラウズ (2)

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。