すとぅるるるのアニメ日和

≫2011年03月04日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢喰いメリー 9話


◆夢喰いメリー 9話


今回はかなり重要な点が明らかになりましたね。

内容濃すぎて2回見てしまうところでしたw


まず…飯島先生ひどい(((( ;°Д°))))

千鶴は晴れて疑いから逃れることができたわけですが

飯島先生の本性は怖すぎます^^;


やはり千鶴はミストルティンに対抗する者なのですね。

目的や意図はわかりませんが、今までミストルティンが登場する場に

居合わせたのは彼女を追い回しているからだそうな。


飯島先生に関しては考えてみれば複線が多かったですよね。

人柄の良さそうな雰囲気のせいではじめの方は疑うことができなかったのですがw

ユミが例に出された時点で早い人なら予測がついていたんでしょうね。



そして明らかになった夢魔の寄生する場所。

夢魔は人間の前に歩く力・要するに夢に寄生するようです。

この点に関しては以前も書いたことがありましたね。

予想通りと言えば予想どおりですが、これによってエンギが足踏みしてしまうとは

考えていませんでした。今後全く夢魔たちに対抗するすべがなくなってしまった訳なんですが

可能性として残された希望は、メリーの能力でしょう。


以前エンギとの戦いの時に発動された能力ですが

あの時メリーの手元には鍵の束のようなものがみえました。

もしかするとそれが幻界に戻る鍵になるのかもしれません。



気になるのは勇魚でしょう。

ミストルティンの強制的に夢魔と人間を組み合わせる能力により

器になりかけてしまっているようです。

メリーもエンギもまだ対策を練ることができていません。

ここで活躍するのはやはり千鶴なのでしょうか。

まだまだ謎だらけの彼女について、やっと掘り下げがあるのなら楽しみですね♪






スポンサーサイト

夢喰いメリー 7・8話


◆夢喰いメリー 7・8話


-7話-


水着回でしたが、そこまでムフフ(笑)なシーンはありませんでしたねw


そして徐々に千鶴だけでなく飯島先生にもミストルティン疑惑が…w

パトロールと言って登場していた今回ですが、どうもそれだけには見えないような…。

職員会議(6話だったかな?)で話を聞かずにおにぎりの絵を描いているのも

微妙にその複線だったのかな?と思ってしまいました。


メリーが正義の味方をしなくてはならない理由は

夢路がメリーにあきらめてほしくないからだそうです。

これだけを聞くとかなり理不尽な主人公にも思えますが夢路からは

自分でもメリーをなんとかしてあげたいという気持ちが

日々伝わってきますので(笑)そんな風には思わないですね。


少なくとも、今はメリーを元気づけることが唯一夢路にできることなのではないでしょうか。

多少、自分でも無理を言っているのは承知のはずです。


スク水のメリーは可愛かったですが、海に入らないのはだめですね!w

またいつかプール回があることを…(黙w


-8話-


意外と早かったエンギとメリーの共闘。

お互い考え方は違いますが、とりあえずあの場でやることは戦うことしかありませんよね^^;


夢路が前回の怪我の治療のために向かった病院は、なんと由衣の家だったようでw

たまたま再会したわけですが、そこにはエンギもいるとなるとびっくりしますよねww

ただ、エンギは人間に被害を与えたことを謝りたかっただけのようですが。


飯島先生はもしかするとミストルティンの器なのかもしれませんね。

ミストルティン自身も、容易に人間の夢を聞くことができる教師に入るというのは

都合がよいでしょう。 逆に、疑われがちな千鶴はミストルティンに対抗する者である

可能性もありそうです。 (こんなこと言って千鶴がミストルティンだったら…ww)


今後、エンギとメリーはエルクレス側につく夢魔を退治していくんですかね?

お互いの考えを否定しつつも仲間っていう関係はなかなか

おもしろくなりそうなので楽しみですw



魔法少女まどか☆マギカ 9話


◆魔法少女まどか☆マギカ 9話



すとぅるるるのアニメ日和


ついにキュゥべえがまどかに対しても本性を現しましたね。


キュゥべえの言っていることはすべて自分の種族を中心に考えたことであって

人間を材料としてしか見ていません。 人間も他の動植物をそのように見ていると

言ってもいいでしょうから、キュゥべえたちの種族は今の人類の上に立つ位置づけになるのでしょう。


とはいえ、それを精神が不安定な中学生の女の子に押しつけるのはやはりひどい。

うまく騙されてくれる人を選んでいるとしか思えませんよね。


結局、キュゥべえの目的のすべてはまどかの力を手にすることですから

他の魔法少女なんてどうにでもなれ、という感じですよね。


今回杏子のソウルジェムは自ら破壊されました。

その場合は魔女になるわけでもないのでキュゥべえたちインキュベーターからすれば

作戦は失敗になるのでしょう。それを知っていても杏子を犠牲にするとは。

まどかの力がどれだけの物なのか本当に計り知れないですw


ところで、このワルプルギスの夜というものにキュゥべえたちは直接関わっていないんですかね。

魔女(魔法少女)を生み出しているのは彼らですから、

これもまどかを魔法少女にするため…という風に考えることもできるかもしれません。


今のところ、まどかが魔法少女になったら負け、のような感じになっていますが

キュゥべえの話の中で「ソウルジェムが燃え尽きて魔女になるときに膨大なエネルギーが得られる」

という部分がありました。 …となるとまどかが意地でも魔女にならなければ

キュゥべえたちの思惑通り、というわけにもならないんではないんですかね。

そうでもしないとまどかが魔法少女にならない間にアニメの放送が終わってしまいそうですww



すとぅるるるのアニメ日和


杏子のキャラに関してはなかなかつかめない部分もありましたが

今回で大体わかったような気がします。 元々、自分のやりたいようにやる

性格でしたが、今回さやかを助けようとしたのも「1人ぼっちになりたくない」という点では

自分のためといってもいいでしょう。 ですが、今回さやかを助けたいという気持ちと

自分が魔法少女になった当初の「町の平和を守る」というあこがれを思い出すことができました。


そうして杏子を変えたのは間違いなくさやかの正義感の強さです。

だから杏子もさやかのためにここまでする覚悟ができたのではないでしょうか。


それにしても杏子の演出がかっこよかったですね。

何度も見直しましたが毎回同じ部分でうるうるしますw

こうして杏子も退場してしまったわけですが、これによってまた彼女の株もあがりました。

本当にこの作品に登場するキャラクターは魅力的な子ばかりですね。



ほむらは普段無感情に見えますが、たまに感情的な部分も見せます。

おそらく元はすごく感情的な子だったのではないでしょうか。

普段はあえて感情を殺しているようにしか思えません。




最後に1話の冒頭について。

(以降、妄想ばかりですw)


あれはまどかの夢、ということになっていますが

もしかするとワルプルギスの夜なのかもしれません。

そして、まどかはあれを夢で見たと錯覚しているだけであって

本当は実際にすでに起こっている出来事なのではないでしょうか。


ほむらの能力は時空間を操るようなものなので

その未来を変えるために何度も元の時間(1話にあたる)に

移動していると考えられそうです。だから、たまに見せる感情的な表情は

「またこの未来につながってしまうのか」という絶望からなのでは。



さらに完全な妄想ですが(笑)この作品がもし最終回までに

ワルプルギスの夜を迎えるならもう一度1話に戻る、というのもおもしろそうです。

おそらく、このままワルプルギスの夜を迎えると夢の中と

同じ結末が待っているのではないでしょうか。

それでまた単に1話からやり直し、というのはもちろんおもしろくありません。


まどかは今まで、たくさん後悔してきました。マミさんのこともさやかのことも。

おそらくこの後目覚めたまどかは杏子のことも後悔するのでしょう。

「もし私があの時魔法少女になっていたら」 何度もまどかは

このようなことを考えていました。だからこそ、次のループでは

自らが早いうちに決断し、魔法少女として戦うことでマミさんの命も救い、

さやかが一人で苦しむことも逃れることができる未来を築くことを考えてくれれば…と思います。


そのためには少なくとも今の記憶を過去に持ち越すか、ほむらときちんと話をして、

次のループでは今までとは違うことをしようと決める必要があります。


それができる可能性はきわめて低いですが、それでほむらの未来も変わるなら

やりがいのないことではないように思います。



いままでは報われない話が多かったこの作品ですが

私のこの妄想のようになれば、4人(+杏子?)でワルプルギスの夜を迎えることが

可能になるかもしれません。 そうなれば、「友情物語」という肩書きにも納得できますしね。



長くなりすぎて結局何が言いたいのか、またわからなくなってしまいましたw

読んでくださった方、ありがとうございますヽ(;´ω`)ノ



<追記>


すとぅるるるのアニメ日和


杏子の変身シーンが以前と少し変わっていたのでキャプ!

もうこの変身も見られないとなると寂しいですね・°・(ノД`)・°・





http://blog.livedoor.jp/katsux2/archives/51700309.html

 | HOME | 

プロフィール

すとぅるるる

Author:すとぅるるる
将来の夢は自宅警備員!とはさすがに言えない歳になってきた…w

アニメやゲーム、絵を描くことなどが好きです。
基本的にはただのオタクで萌え豚。
ツイッターでは記事に書かないアニメの感想や
ゲームのあれこれなどくだらないことを呟きます。


ツイッター


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ

春期アニメ総評 (12)
夏期アニメ総評 (19)
秋期アニメ総評 (15)
冬期アニメ総評 (12)
Fate/Zero 2NDseason (11)
ココロコネクト (1)
ペルソナ4(小説) (1)
ペルソナ4(ゲーム) (7)
ペルソナ4(アニメ) (10)
キングダム (3)
おジャ魔女どれみ16 (3)
あの夏で待ってる (9)
UN-GO (7)
ちはやふる (25)
Fate/Zero (13)
うさぎドロップ (4)
輪るピングドラム (9)
青の祓魔師 (2)
デッドマン・ワンダーランド (5)
C (10)
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 (10)
神のみぞ知るセカイⅡ (7)
TIGER & BUNNY (19)
Steins;Gate (7)
花咲くいろは (9)
イラスト (5)
スイートプリキュア (10)
フラクタル (8)
レベルE (7)
GOSICK (9)
みつどもえ増量中! (5)
魔法少女まどか☆マギカ (10)
夢喰いメリー (10)
君に届け 2ND SEASON (6)
それでも町は廻っている (10)
荒川アンダーザブリッジ*2 (7)
侵略!イカ娘 (11)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない (12)
Panty and Stocking (8)
STAR DRIVER 輝きのタクト (19)
テガミバチ REVERSE (8)
バクマン。 (6)
モンハン日記 ぎりぎりアイルー村 (7)
屍鬼 (20)
戦国BASARA弐 (11)
世紀末オカルト学院 (12)
学園黙示録 (12)
みつどもえ (13)
ハートキャッチプリキュア (30)
HEROMAN (14)
けいおん!! (18)
アニメ感想 (68)
その他 (30)
未分類 (1)
新世界より (15)
絶園のテンペスト (20)
たまこまーけっと (4)
進撃の巨人 (2)
ガッチャマンクラウズ (2)

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。