すとぅるるるのアニメ日和

≫2011年04月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 3話

ぽっぽの影響力はすごいですね。3話目にして全員集合を実現させました!

本当に強いのはじんたんじゃなくてぽっぽかもしれませんね(笑)


今回めんまを見た、という人が一気に増えました。

ぽっぽが見たのも少し大人びていましたが多分めんまでしたし、

ゆきあつが嘘をつくとも思えないような気がします。

ただ、ゆきあつの方はじんたんに張り合っているという可能性もありますよね。

とにかく、彼のめんまに対する気持ちは今回もひしひしと伝わってきましたw



それにしても、つるこが意外と優しいではありませんか。

もっと冷徹な感じかと思っていたのですが、あなるに対する指摘も

彼女を思ってのことだとすれば優しさですよね。

特に驚いたのはめんまを呼び出すことに一番その気になっていた事。

ろうそくという方法はどうかと思いますが(笑)彼女もめんまに

もう一度会いたいという気持ちがあるのかもしれませんね。



次回はゆきあつの発言により、めんまのところへ…?

めんまは複数人いるのでしょうか?w じんたんのめんまは

ぽっぽに姿を見せにいった記憶がないみたいですし…。


もしかすると、今じんたんがみているめんまはじんたんの思うめんまであって

他のメンバーは各々の思うめんまを見ているのかもしれませんね。

でもそうなるとまた話がややこしく…(笑)


王道な部分もありつつ、めんまの存在が謎だらけなので展開は読めませんねw

EDの中で予告はいるのはちょっとやめてほしいかな…。ED好きなのでw



スポンサーサイト

C 3話

説明回ではありましたが新キャラも登場、

そして次回は現実での知人とディールですか…。

公麿はディールで負けると現実でも破産する(死亡確定?)ということを聞いたばかり。

となると、彼の目にはディール=殺し合いとしか写らないかもしれませんね。



金融街には一応国境もあるみたいですね。

最初に戦った相手が日本人には見えなかったので

てっきり国境も何もないものだと思っていましたw


真坂木は公麿を招待した事に関して「偶然」の一点張りですが

何か思惑があるようにしか見えませんよね。

公麿の父は結構名を馳せたアントリだったみたいなので

公麿にも同じ強さがあると認識してのことでしょうか。

ならば、後公麿に足りないのは三國のいう、「幸せにしたい人」。

羽奈日であってはいけない気がしますが…どうなんですかね?

誰であれ、貢ぎすぎるのは良くないと思いますがw



三國が金融街でディールを続ける理由は人々に幸せを与えるためだそうです。

ディールで勝つ=相手が現実で死ぬ ので若干の矛盾を感じますが

私利私欲のためだけにディールを続ける人よりはマシなのでしょうね。

結局、三國の視野にはディールをしない人の幸せしか入っていないのかも。



そして気になったのが三國はどうして自分の口から

公麿の父のことを話さなかったのか、ですよね。

三國は公麿の父を知っているようですしある程度語ることはできたはず。

となると、公麿の父の最後のディールの相手は三國だったのかもしれません。

公麿に手を貸そうとするのもその償いも兼ねてですかね。



今回登場したサトウの言っていた

「彼の二度目のディールの行く末がそのまま待ちの行く末になる」

というのも気になる点です。

やはり公麿は特別な存在なのか。真坂木の動きすべてに意味があるのなら

彼女を金融街に招待した理由はIMFに金融街の存在を伝えるためでしょうね。

それでも真坂木の目的は全くわかりませんが…。



花咲くいろは 4話


待ちに待った学校編!菜子ちゃんは…クラス違うのか(´・ω・`)

でもお弁当一緒に食べたりして、もう緒花とはうち解けてますね♪

早く3人でお弁当食べてるシーンもみてみたいものです。


今回明らかになった民子の好きな人は意外でしたね。

良い先輩、という認識は元々あったように見えましたが

まさか恋愛感情を抱いているとは…!!w


でも職場、しかもあの女将の存在がある旅館に

そんな気持ちを持ち込むっていうのは大丈夫なんでしょうか?

多分民子もそれはわかっているだろうけど、そうならそうで

もうちょっと隠さないと女将が怖い…ヽ(;´ω`)ノ


最後に結名と徹が出かけるようなシーンがありましたが、

付き合ってる、とかいうことは多分ないですよね。

おそらく勘違いか何か…と思わないと民子が可愛そうww



菜子が民子をあだ名で呼ぶまでの流れをみると

やっぱり民子は優しいですよね。なのにどうしてあそこまで緒花を嫌うのかと

疑問に思うこともあるのですが、やっぱりあの空気の読めなさですよね(笑)

私にはそろそろ可愛らしくも見えてきたのですが、

民子にとってはまだまだうっとおしいようですw


それにしても民子は学校でも近づきがたいオーラを出しまくっています。

多分友達は多くないでしょうねぇ。菜子とはどういう流れで仲良くなったのでしょうか?

仕事仲間ということで学校の友達とはまた付き合い方が違ったのでしょうか?


まだまだキャラに関して知りたいことも多く、わからないことは多いですが

やはりこの作品のキャラはどこか独特で気になりますね。

新キャラ結名も一癖ありそうなので、今後の登場に期待です♪



神のみぞ知るセカイⅡ 3話

そういえば駆け魂については簡単な説明しかされてませんでしたよね。

エルシィがやってるとお遊び程度にしか見えませんが

駆け魂狩りとは過去の悪魔と現在の悪魔の戦いだったようです。


しかも駆け魂は成長すると大変なことになるようで。

今回のラストで人間が多く巻き込まれていましたから

多分あれが第一段階なのでしょうね。

ハクア編はちょっとシリアスな話になりそうですが、これはこれで楽しみですね♪



ハクアの気持ちはなんとなくわかるような気がします。

自信が経験したわけではないのですが(まだ社会に出てないしw)

身近に同じ様な人がいるのですよ。エリートとまではいきませんが、

そこそこ勉強も出来て、学校での人付き合いは出来ていたのですが

就職してみると学校のようにはうまくいかなくて…という人。


そういう人って元々自分は駄目だ、と思ってる人が出来ない以上に

出来ないことに対する苛立ちが大きいと思うんですよね。

今までできなかったことなんてないのだから、無理もありません。


1番1番、と自分で連呼していたハクアですがそれは現在自分が

1番じゃないということがわかってのことでしょうねぇ。

ましてや、自分の後輩のように扱ってきたエルシィに負けているとなれば…ねw



そして今回改めて実感したのはエルシィの可愛さ!

ハクアも可愛いですがやっぱりエルシィです。

消防車みて喜んでるだけで視聴者の心は浄化されますww


桂馬の推理もさすがです。このコンビの良さを早くハクアにも認めてもらいたいものですねw



4月TOP絵


TOP絵変更!アニメは終わってしまいましたが…

原作にハマり中の「夢喰いメリー」からメリーちゃんです(`・ω・´)

描いたのは結構前だったりするんですけどねw


加工前と加工後と全然違いますね(^▽^;)

TOPにはあえてあんまり加工してない方を使ってみました。



すとぅるるるのアニメ日和



すとぅるるるのアニメ日和


まぁ、どっちもどっちですねw


デッドマン・ワンダーランド 2話


いきなり原作と違うような…?読んだのが相当前なのであまりちゃんとした

記憶はないんですがw 食堂での話が省略されていたのは間違いないですね。


それにしてもやっぱり気分が悪いw 

エグいシーンに規制が掛かっているのはいいんですが

そもそもの内容が気分のいいものじゃない(^▽^;)


そんな中で天真爛漫なシロの存在は浮いていますが、いいですね。

多分この作品はシロの存在がないと視聴続かないですw


ガンタが昔、シロと知り合いだった記憶がないという点や

なぜ赤い男がガンタを選んだのかなど、まだまだ分からないことだらけです。

もう少し話が見えだしたら長々と書くかもしれません(笑)



とりあえず、原作既読の範囲だと感想書きにくいので

早く2巻以降にいってほしいですねw



けいおん!! 27話(番外編)

やっとみれた・°・(ノД`)・°・ ただでさえツ○ヤ行く機会少ないのに

毎回レンタル中とか残念すぎる…(´・ω・`) 

それだけけいおんファンが多いと言うことで喜ばしいことでもあるんですけどねっw



やっぱりけいおんはけいおんですね!だらだらしてるだけなのに面白い。

小ネタの入れ方がうまいのもあるかもしれません。


それにしてもパスポート作るだけの尺がめちゃくちゃ長い(笑)

実際唯たちがどれだけだらけて物事に取り組んでるかがひしひしと伝わってくるw

それでも面白くなくならないのは吉田さんの才能でしょうね。

けいおんの脚本は慣れない人がやったら最高に面白くなくなる気がしますw



だらだらしつつも間に挟んでくる「私たち、どこだっていけるよ!」とか

「私たちはどこ行っても放課後ティータイムだよ!」とかどこか深いような台詞がイイ。


「どこだって」のシーンは唯が明るい方に立ち、他4人が影の方に座っていたので

唯の存在がなんか神秘的にもみえたような(笑) 多分この脳天気にも見える発言が

軽音部にとってどういう存在なのかを表すための演出だったのかもしれませんね。

こういう細かい演出にも注目できるのがこの作品の良いところ♪



これは映画に続く内容になるんでしたよね。もちろん映画は見に行きます(`・ω・´)

ただ、悩んでいるのは前売りの特典をどうするか…。

一番早い前売りを買えばファイルがもらえるみたいなんですが、

やっぱりそれ以降の特典も気になるじゃないですか!w


…最後はなんか話がそれましたが、けいおんはいくらでも番外編が作れそうな

(商業面でもw)いい作品ですね。映画には反対の声も多いですが

純粋にけいおんが楽しめればそれでいいかとw



よんでますよ、アザゼルさん。 3話


アザゼルさんの能力って、今後役に立つことあるのだろうか…ww

今回も新キャラ続々です!それにしても能力がすごい!


毎回やられ役なアザゼルさんですが、逆にこれがもう彼の立ち位置なのかも(笑)

サラマンダーに対して目を輝かせているシーンなんてすでにプライドとか0ですからねw

アザゼルさんもベルゼブブも単純お馬鹿なだけかもしれませんがw


それにしてもアザゼルさんの顔、この作中では不細工と罵られることが多いですね(^▽^;)

こんなに不細工不細工言われてしまっては、最初の視聴のきっかけが

アザゼルさんの可愛さなんて誰にも言えないじゃなイカ!(爆



好悪まで変えてしまうサラマンダーの能力はもはや最強最悪(笑)

これにアンダインの能力がどう抵抗するのか…ってこれ、

海老ちゃん的な人が不細工になる以外選択しなくないですか?w


それこそメディアを揺るがす大惨事になるので

できればそれ以外の方法をとってほしいところですねww





TIGER&BUNNY 4話

作画はちょっと落ちてしまったような気がしますが。

それでも安定のおもしろさ!毎週楽しみで仕方ないです♪


やはり嫌々ヒーローやってる人がいましたねw

それは、学生兼ヒーローのブルーローズ・カリーナでした。


カリーナは元々、歌手デビュー目当てでヒーローやってるみたいですね。

歌の方はそこそこ上手いみたいなのでそちらに絞ることもできないようには思わないのですが。

やはりそこはヒーローをしなくてはいけない義務感のようなものがあったのかもしれません。


緩い感じでやってることに関しては学生だから仕方ないですよね(笑)

学生にとって大切な放課後をつぶされたりなんかしたら、そりゃあ嫌にもなります。

というか、理由を知らせていない状況でちゃんと友達がいるのがすごいですよね。

普通なら友達ができないとかでも悩みそうですが。



虎徹とバーナビーは似たもの同士、という描き方が多いですね。

普段冷静なバーナビーも人の命に関わることになると熱くなるようです。

こういうところがお互い嫌いあっていても、

どこか認め合っているような関係を築けるポイントなのでしょうか。


今回主役はブルーローズだったわけですが、それでも2人が空気になることはなかったですね。

カリーナの歌をBGMに人命救助を行ってるシーンは格好良かったです!




次回はヒーローたちのプライベートが今まで以上に見れそうな予感。

この作品のヒーローたちは全員「ただの仕事仲間」という関係ではないので

見ていて楽しいですね(*^▽^*) それでもやっぱり事件は起きるみたいですがw


前々から思っていたのですが、こういう番組の形態をとると普通は

ポイントの取り合いや妬みなどからメンバーの関係が悪くなるはずですよね。

なのにむしろ皆協力的で、手柄よりも人の命を優先しているように見えます。


となると、ポイントとかスポンサーとか気にしているのは会社やテレビ局だけですよね。

そういった面でヒーローと会社の間に亀裂が入ったりすることがあるかもしれません。


今後も他にはないヒーローものの展開に期待したいです♪



C 2話

真坂木が公麿を選んだのでしょうか?

それともたまたま…?


前回新人に対して圧倒的なバトルをしていた三國も初期は

今回の公麿と同じようにアセットを気遣いながら戦っていたようです。


これが強さの条件なのでしょうか?三國は現在、かなりのプロのようなので

公麿も時期にこうなる存在なのかもしれません。

それなら現在、三國が公麿に興味を持つのもわかります。


今回、金融街のお金と現実のお金が混ざりあっているということも発覚しました。

1話ですぐに死んだおじさんは金融街に金を流れさせるために

招待されたのかもしれませんね。もしそうなら金融街の目的は儲けることになりますが…。



でも、これって相当経済がおかしくなりそうですよね(笑)

週に一回とはいえど、この金融街に関わる人はそう少なくないようですし

多分国境とかも関係ないですよね? なら、そのバランスをうまく保つ役割が

三國だったりするのでしょうか?彼の存在はまだよくわかりませんが

今後も主人公に関わってきそうな気がします。公麿を後継ぎに…とでも考えているのかも。



アセットの真朱が登場し、むさ苦しい環境じゃなくなったのは見やすいですねw

羽奈日が普通のヒロインではなさそうなのも気になります。


今後も視聴継続決定!


あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 2話

2話でも1話のようなクオリティを維持!

これは今後も期待できそうですね♪


今回はぽっぽとの再会からあなるとの関係復活がメインでした。

高校に行かず、世界を旅しているというぽっぽは

普通の高校生とは気持ちの持ち方が違うようで。

じんたんが見ているめんまを幻覚だと言わずに信じてくれました。


やはりこういう時にめんまの存在を信じているのが自分一人じゃないというのは

心強いですよね。多分、じんたん一人であなるに会いに行っても

今回の結果のようにはならなかったでしょうし。



そしてやっぱりあなるが可愛い…!! じんたんに対する気持ちは

今も変わらないようですね。となると高校選びもじんたんにあわせたと考えられるような。


一応、今回であなるはクリアのように見えましたが、

じんたんが学校に行くとなるともう一波乱ありそうな気がします。

今のあなるの友達はギャルっぽい子ばかりなので

あなるがじんたんを気にかけると同時に絶対何かしてきますよね(^▽^;)


それが少し心配ですが、徐々にこうして超平和バスターズが復活していくのは

いいですね。つるこやゆきあつがかなり強敵っぽいですが

いつか全員集合するときがくるとなると楽しみです♪



魔法少女まどか☆マギカ 11・12話(最終回)


すとぅるるるのアニメ日和


キュゥべえから語られる、人類の歴史。

どうやら歴史の殆どにインキュベーターが関わっているようです。

遙か昔から魔法少女を生み、憎しみ、魔女を生んできたインキュベーター。

事の原点は彼らが感情を持ち合わせていなかったからなのですが

それをああまで開き直って話されると、それはまどかも怒りますよね。


そしてまどかは「もしも、あなたたちがこの星に来ていなかったら?」という質問をしました。

もしかするとこの時から、最悪の場合の願いを考えていたのかもしれませんね。

ただ、その覚悟を決めることはまだできませんでした。



すとぅるるるのアニメ日和

きっかけになり、分かれ道になったのは、やはりほむらの告白でしょうね。

今までの時間ではまどかに真実を話さずにいたほむらですが

真実を語ることで、まどかは今までの時間とは違う動きを見せました。


結果的に、まどかは魔法少女となる道を選んだわけですが

この膨大な願いを叶える糧となる力を与えてくれたのはほむらのループ。

確かにほむらが繰り替えし続けた時間も無駄にはしませんでした。


こうしてまどかは過去の魔法少女も未来の魔法少女も救うべく、戦い続けるわけですが

やはりそうなると本人が憎しみを抱え込み、魔女になるのは当然ですよね。

そこで自身の絶望も滅ぼし、まどかはすべての希望・神になりました。


それによって、今までほむらが苦しみながら戦ってきた過去も知ることができたようです。

まどかに残された希望はたったこれだけですが、自分のためにこんなにも

頑張ってくれた友達がいるということはまどかにとって相当大きな希望なんでしょうね。


まどかの最後の仕事は、魔法少女として戦ってきた少女を迎えに行くことでした。

さやかの本来の願いは「上条のバイオリンをもっと沢山の人に聞いてもらいたい」というもの。

これを思い出すことができただけでさやかは救われました。でも、嫉妬を生まずに

こうした心を持てるのは元々さやか自身、正義感が強い子だからでしょうね。

途中で壊れてしまうことはあったけど、やっぱりさやかは最後までさやかでした!

このブレない信念というかなんというか…とにかく、さやかのキャラは純粋にすごく良いと思えました。



すとぅるるるのアニメ日和

エピローグ(?)でまどかの存在が完全に消えたというわけではないこともわかりました。

うっすらとではあるけど、一部の人の心の中に「まどか」がちゃんと存在しました。

それによってほむらの希望が消えず、ほむらが絶望に満ちることがないというのは納得です。


まどかが望んだ世界には「呪い」が存在しないというわけではないのも

現実味がありますね。変わったのは魔法少女の絶望から魔女が生まれるという原理。

なら呪いすべてを消すという願いが叶えば…と思ったりもしたのですが

それこそ気味の悪い世界ですよね。歴史も何もかもなくなってしまいそうですし。



すとぅるるるのアニメ日和


結果として、これが最高のハッピーエンドだったのではないでしょうか?

これ以上に希望を求めれば求めるほど、矛盾が生まれ歴史が壊れます。

だからまどかも、魔法少女そのものをなかったことにするのではなく

魔法少女の末路を覆したのでしょう。そうすれば、魔法少女たちの戦いも

願いも決して無駄なものではなくなりますから。



Cパートでは再びワルプルギスの夜のようなものを迎えていましたね。

ワルプルギスの夜=大きな自然災害ということらしいので

やはりどこの未来でも避けることはできないのでしょう。


ただ、ほむらにはまどかがいますから、ほむらが絶望することはないんですよね。

要するにほむらは無敵の魔法少女になったというわけです。

結局戦い続けなければならないほむらが救われたようには見えませんが

彼女にとってはまどかが最高の友達であるという事実と、

ずっと一緒にいると感じているそれだけで十分なのでしょうね。



すとぅるるるのアニメ日和


ちゃんと友情物語として簡潔しました! 報われたかどうか、といわれると微妙。

ほむらが全世界の呪いと戦い続けるのか、という疑問も湧いてきそう。


でも、何度も言いますがこれ以上のハッピーエンドは迎えられないと思います。

世界から呪いをなくすなんていうのははじめから無理なことだと分かり切っています。

だから、2人の友情のハッピーエンドを描いたのでしょう。

私はこの終わり方に不満はありません。




いろいろとありましたが、最後まで楽しく視聴・感想を続けることができました。

この作品に関わったスタッフ・キャストのみなさま、お疲れさまです!



Aチャンネル 3話

トオル回(?)でした!


トオルは意外にもクラスで人気があるようですね。

どちらかといえばユー子の言う立ち位置の方がトオルらしい気はしますがw


そして今回やたらとトオルに絡んできたユタカ。

この子はただトオルが気になるだけのようですが

行動のすべてがいちいち迷惑すぎるww

結局、トオルもユタカの事を友達と認識し始めていたようなのでいいですがw


もう一人いたロングの女の子はユタカの友達ですかね?

いつか三角関係とかになったら怖いなぁ…(笑)



保健の先生は謎ですねw るんの顔(でこ)を見つめてるのは

完全に変態だと勘違いされそうです(^▽^;)

…というかるんに対する執着はすでに変態?w

そもそもあの人に他の人の治療なんかできるのだろうか…。

結局ナギの治療もるんがやっていたようなww



正直、この作品は内容があるかと言われればないですね(笑)

それでも見ていて眠くなるわけではないし、キャラが可愛いので

感想は書ける時に書く程度で続けたいと思います。


次回は水着回…ではなさそう?

そろそろナギのダイエット回なるか!?w


Steins&#59;Gate 3話


もはや話に置いて行かれつつあるような…(笑)

複線らしきものはいっぱいあるけど、どれが本当に複線で

どうなるのかがさっぱりわかりません(^▽^;)


それでも引きが上手いから続きは見てしまうんですけどねw



今回気になったのは鈴羽の言動ですね。

「死亡通知」とか言い出したり、IBNの話に過剰反応したり…

何か隠していることは間違いないですよね。もしかすると

未来ガジェット研究所の下でバイトを始めた理由も岡部に近づくためなのでしょうか?

外見と振る舞いが一番普通なだけに怪しいですよね(笑)



そしてダルのハッキングの早さww ふざけて言っているのかと思っていましたが

ダルが天才ハッカーだというのは本当のようですね。

まだメールの一部だけしか見られないようですが、ミニブラックホールの発明に

成功しているとかZプログラムとか…気になるワードが盛りだくさん!w


今回の時点で全く分からなかったのは、Zプログラム。

人の生き死にに関わるような実験のようですが、一体何を作ろうとしているのやら(;´▽`A``

ミニブラックホールとの関連もありそうなので

SEANの目的もタイムトラベルだったりするのでしょうか?

そうなると岡部たちにとっては厨二発言関係なく敵になりそうですね。



正直まだわからない事が多すぎて感想書くのが辛いですw

原作知らないとわからないような作りにはなっていない事を祈りますw



メイトとポケセン♪

 
こんにちは~(・ω・)ノ
今日は久々にバイトもなく、のんびりしております♪
 
なので日記的なものを…(笑)
 
 
すとぅるるるのアニメ日和-268632389.jpg
 
少し前にアニメイトとポケモンセンターに行って参りました!
 
リア友に見つかりそうになるという事件もありましたが…
眼鏡でなんとか回避っ!!(したつもりw
 
 
写真は購入品です。基本的にキャラグッズは買わないのですが
サンシャインのチャームは最後まで迷いました(^_^;)
結局つける場所がないので諦めたんですけどねw
まだちょっと未練が…(´・ω・`)
 
 
※以下おお振り16巻ネタバレ注意
 
 
おお振りの最新巻は出てたの知らなかったんで即買いです♪
今回は武蔵野対春日部が中心でしたが
面白さは全く変わらず!!先行きが気になるところで
次回へ続く…(´;Д;`)w
17巻は一体何ヵ月後になるんでしょうねw
 
それにしても榛名のキャラが最近割りと好きです。
登場してすぐは嫌なヤツかと思いましたが、
番外編や16巻をみるとなかなかいいキャラしてますよね。
今回の試合は榛名にとっても特別みたいなので
武蔵野の勝利に期待します!!
 
 
…で、西浦の方はエロ話が面白すぎましたねww
合宿の内容もちゃんとあるのはもちろんなんですが
選手たちの日常会話もうまいですよね。
あの内容がアニメでも放送されるのかは微妙ですが
3期があるなら期待したいです♪
 
 
※メリー1~3巻ネタバレはないつもり(笑)
 
アニメが中途半端に終わってしまったので買っちゃいました(笑)
 
でも買って正解でした!!
漫画の方がテンポもいいし、メリーと夢路の関係も徐々に伏線張られてます♪
 
OPでちらついていた映像が気になりすぎて
アニメだとどうもモヤモヤがw
1クールでできる範囲にまとめるために
泣く泣く切ったのでしょうけど(^_^;)
 
4巻以降は重かったのでまだ買っていません。
でも続きが気になるので早く買いにいきたいです♪
 
 
 
 
メガミマガジンは
『魔法少女まどか☆マギカスペシャルブック』
目当てで購入しました(・ω・*)
 
都合により収録できなかった2話分はまた補完されるようです。
今回も割りと丁寧に作られた内容だったので
次も買っちゃいます!!w
 
 
 
で…メガミマガジンに付いてるポスターはえちぃですね(〃▽〃)
家族の前では絶対に開けないっww
でも…メリーのポスターにムフムフしてる自分がいます(爆
 
次に買うときはまどマギのポスターとかもついてるといいな♪
 
新作もそろそろポスターついたりしますよね。
美少女中心だからブルーローズとかも期待できる!!?w
 
 
 
では…まどか☆マギカ最終回をオールで見るために寝ます!!w
 
おやすみなさい~(・ω・)ノ

神のみぞ知るセカイⅡ 2話



すとぅるるるのアニメ日和


楠先輩完全ストライク!!w もうデレ加減がたまらんですねw


デートをすることになった楠先輩と桂馬ですが、

その内容はデートとはほど遠い…ヽ(;´ω`)ノ

映画はまだアリかもしれませんが、チョイスがなぜにブタラッシュ(?)ww

キャプはブタラッシュの動きがあまりにも気持ち悪かったのでw


その後公園でのんびりする二人ですが、カップルを見つけ最後の作戦に!

1つのソフトクリームを一緒に食べるという破廉恥な作戦は

演出とかいろいろの所為でなんかエロかった(笑)


それにしても顔真っ赤にしてる楠先輩可愛い♪

桂馬もこういう時は無表情じゃないところがまだまだウブですねw



すとぅるるるのアニメ日和



作戦によって出てきたもう一人の楠先輩。

元々はその先輩を倒すことで問題解決…となるはずだったのですが、

そう簡単にはうまくいかないようで。 分身のほうが意外と強かったんですよねぇ。


というか、女の子の心を持ち合わせている分身が強いんだから

楠先輩も「可愛いものが好き」だということが

弱さにつながっているわけじゃないってことに気づくべきですよね。

むしろ勝てないくらい強いんだから、可愛いものを好む先輩の方が

強くなれるかもしれませんよね。


結局、分身はしばらくの間可愛いものを我慢することにしたようです。

その場しのぎのように見えた結末でしたが、最後に道場に入ってきた猫に

寄っていく楠先輩が写されたから、もう可愛いものを我慢してないのかもしれませんね。



楠先輩編はこれにて終幕!もうちょっと可愛い先輩をみたい気もしましたが、

1期の最初が一話簡潔だったことに比べるとまだマシですか。

ハクアの登場も楽しみにしていたし、次回以降はまた切り替えて楽しみますかねw



すとぅるるるのアニメ日和



エルシィの、、、見えそうで見えない…(黙w


今回も活躍のほどは微妙でしたが、エルシィ可愛かった♪

まあとりあえず視聴者目線からいえば先輩の服はぐっじょぶですね!w

出番が1期よりも減ったような気もしますが…w


次回以降もエルシィの活躍に期待します(`・ω・´)
こんなこと言いながらハクア派になっちゃったらどうしようw


デッドマン・ワンダーランド 1話


原作は一巻のみ既読。ちょっとインパクトの弱い1話だったかな…。


原作で内容を知っている、という点もあるかもしれませんが

期待していたほどできの良い1話でもなかったような。


まず、絵がちょっと嫌ですね。原作の方はもう少し愛嬌のある絵なのですが

アニメだとどこか生々しい。特にガンタの目のあたりが気になりました。

決して作画が悪いわけではないので後は慣れの問題でしょうか。

シロの笑顔はすごく可愛かったんですけどね(/ω\)w



でも視聴はおそらく最後まで続けるかと。

原作を買うのをやめたのは、あまりにも気分の良くない内容だったからなのですが

その点はアニメの方が幾分かマシかな? 

この作品の単行本1冊を一気に読むと気分が悪くなりましたからね…(笑)



今後もあまり観ていて気の良いものにはならないとは思いますが

原作一巻だと、作品の方針も分からない状態です。

先が気になるおもしろさはあるので、次回以降には期待ですね。


青の祓魔師 1話


CMのネタバレが日朝並ww

親父さんの顔をみた瞬間に思ったことは全員同じでしょうね(^▽^;)



話の大筋は魔神の子である主人公が

祓魔師(エクソシスト=悪魔を狩る者)になることのようですが

一話はとりあえず主人公とその家族の説明ですね。


親父さんのキャラはおもしろいし、何か秘めているような雰囲気がいいですね。

CMがなければ今後の活躍も思いっきり期待するところなんですが(笑)


気になるのは燐との関係ですね。本当の親ではない、ということで良いのでしょうか?

そうなると、どこでどう知り合ったんですかね。二人の過去について明かされることはあるのでしょうか?




ところどころのギャグは割と好みだし、嫌いではないのですが

これもまた期待しすぎだったのかもしれませんね。

スタドラも最初はこんな感じだったので次回以降も期待を込めて視聴します。


TIGER&BUNNY 3話


王道なのに飽きさせない。難しいことですが

これをしっかりと抑えているこの作品はやはり今後にも期待できるのではないでしょうか。


しつこく言っていますが、やはり主人公・虎徹のキャラがいいです。

虎徹は、ヒーローとして心に決めた自分のやり方を持っています。

それを他者に邪魔されるのが大嫌いでプロデューサーなどにわざと反発したりするのは

一見子供じみているようにも見えますが、レジェンドのようなヒーローになりたいという信念も伺えます。


ある種、虎徹はすでにレジェンドに近いヒーローのような気がします。

前回はネクストとして力を発揮してしまった子供をヒーローに仕立て上げるために

自分の活躍を捨てました。それはおそらくレジェンドが虎徹をヒーローに仕立て上げた時も

今回もそうだったのかもしれません。


今回バーナビーに爆弾処理をさせ、その様子をビデオカメラで撮影していました。

ただのネタっぽい行動のようにも思えますが、断りもせずに引き受けたのは

バーナビーを引き立てるためだったのかもしれません。


文句を言いながらですが、ちゃんとスポンサーに言われた仕事もこなしているというわけです。

そういう点では一番大人なヒーローなのかもしれませんね。(年輩とかいうわけではなく)




バーナビーは親探しではなく、親の敵討ちのためにヒーローになったようです。

顔を明かすことで犯人を見つけられる、というわけではないと思うのですが…

となると、顔や名前を明かす理由は別にあるのでしょうか?

「親は死んだ」というニュースそのものが偽りだということも考えられなくはなさそうですが。




まだあまり登場していないキャラが多いのに、殆どのキャラの名前と顔を覚えました。

どのキャラも魅力的なのがよくわかります。 話によると2クールらしいので

この調子でキャラの描写も丁寧にやってほしいですね。



花咲くいろは 3話


3人の微妙な関係も見ていて楽しめるくらいになってきましたね。

菜子とはもうほとんど打ち解けたような。

何事にも一生懸命な民子の攻略はまだ難しそうですけどw



今回は緒花の仕事に対する思いと、小説家・次郎丸の気持ちの変化を

同時に上手く描いていたと思います。お互い抜けている部分が目立つ人間ではありますが、

それを補いあえたということで今回の事件は双方にプラスになったことでしょう。

今後働くという次郎丸がどんな風に従業員たちと接するのか、楽しみですね。



女将さんは緒花をただ蔑んでいるわけではなかったようです。

話によると皐月と緒花がすごく似ているということなので

皐月のことをよく知っている女将さんは、緒花のこともわかっているのかもしれませんね。

なんだかんだで頼りにしているみたいで、今回は女将さんの好感度もアップですね(笑)



それにしても、菜子のキャラがツボすぎます!w

普段はおとなしいのにいざとなったら動ける子って素敵です。

言動もいつもと全然違いましたね。普段はおどおどしていて

仕事のできなさそうな菜子ですが、それでも女将さんがクビにしたりしないのは

菜子のそういう面も知っているからなのかもしれませんね。



次回はついに学校!民子がモテモテ…というのがどういう状況なのか

すごく楽しみです。 仕事では見られないような菜子や民子が見られますように…w



新作アニメ予定

まだ始まったばかりですが、現時点での期待度と

感想書く予定をまとめておきます。




◆ 期待度★★★  感想は毎回書くつもりです。


・TIGAR&BUNNY


・神のみぞ知るセカイⅡ


・花咲くいろは


・STEINS;GATE


・あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。



◆ 期待度★★ 感想はできる限り書く予定。


・よんでますよ、アザゼルさん。


・C


・青の祓魔師(エクソシスト)


・デッドマン・ワンダーランド



◆ 期待度★ 感想は気が向けば書きます。


・電波女と青春男


・Aチャンネル


・GOSICK-ゴシック-(継続)


・スイートプリキュア♪(継続)




◆ 視聴のみ


・DOG DAYS


・SKET DANCE



◆ 今後視聴の予定無し


・俺たちに翼はない


・日常


・変ゼミ




ここに載っていない作品は未視聴、もしくは1話途中で断念しました。

抜けているものがあれば後日追加します。



今期はみたい作品が多いので記事の更新のスピードは

今まで以上に遅くなるかと思われます(^▽^;)

基本の更新は期待度3の5作品になるかと。


時間には追われることになりそうですが、今期は豊作の予感♪

感想を予定していない作品でも場合によっては書いたりしちゃうかもです(笑)


毎回適当なブログですが、今後ともよろしくお願いします(;´▽`A``



よんでますよ、アザゼルさん。・変ゼミ 2話

多分変ゼミの感想は今回まで。


◆よんでますよ、アザゼルさん。 2話


お楽しみのベルゼブブ(神谷さんw)登場!!

でも開始早々排便中はないでしょう!!ww


依頼は大学の教授の飼い犬探しでした。

トッキーの顔がまんまアザゼルさんな時点で笑ってしまった…w


新キャラ・ベルゼブブは強制的に脱糞を促す能力をもっているそうでww

しかもその糞をタッパに入れて持って帰るなんて酷すぎますw


さらにそれだけではすみませんでした。

糞が冷めてしまったからレンジでチンするそうですw

ペンギンじゃなくて元がハエなら理解できないこともないですが…

食べている姿が見たいとは思いません(^▽^;)



それにしてもりん子がアザゼルさんの扱い上手くなってますね!

さすが、芥辺に認められただけはありますw

次回も新キャラ続々?楽しみです♪




◆変ゼミ 2話


闇鍋のシーンはテレビ的に写せないでしょうね(笑)

…というか全然鍋してないし!!


松隆の「ついていけない」のセリフには激しく同意w

そろそろネタについていくのが厳しいですね。

2話まででとりあえず視聴もやめときますか。



GOSICK 13話


2クール突入!…というわけで久々に感想を。


今回のエピソードは錬金術師が絡んでくるようです。

錬金術といえば、等価交換ですが金を生み出すことに成功していたのは

賢者の石があったからですかね?バラの色を変えたり、永遠の若さを王妃に与えたり…

っていうのは錬金術というより魔法の力みたいですけどね(^▽^;)


リヴァイヤサンがイアンを殺した経緯はさっぱりわかりませんねw

イアンの方に何か変化があったのでしょうか?

それまでは普通に仲良くしていたようにも見えたのですが。



そういえば、何かと関係してくるブライアン・ロスコーが気になりますね。

最初の登場はただのマジシャンでしたが、灰色狼の村に電気(水道だっけ?w)を引いたり

コルデリア(?)と一緒に居たり…。そして今回は東洋人と行動を共にしていたようです。


彼のポジションがまだ掴めないので、今後どう話に関わってくるのか想像がつきませんね。

多分、重要な役割があるのでしょうど。



最近アブリルはちょっとめんどくさいですね(笑)

恋する女の子なのは別に良いのですが、無理に九条を引き留めて

ヴィクトリカの所に行くのを阻もうとするなんて!!w


結果、九条は羨ましい三角関係ということで視聴者からは恨みを買うことでしょう!(違


新作アニメ C・電波女と青春男 1話


・C 1話


金融街での戦いに勝てばお金ゲット、負ければ現実で自殺…

背水の陣もいいところなギャンブルのお話ですね(笑)



真面目に稼いで、真面目に大学に通う主人公・公麿(きみまろ)は

将来の夢もなく比較的安定収入だと思われる公務員を目指しているそうです。


その点では至って普通の大学生ですよね。

親に頼らずに生活を立てているというのは珍しいかもしれませんが。


なぜ真坂木に選ばれたのが公麿だったのかはまだわかりません。

ですが、普通の大学生である公麿を金融街へ正体する真坂木は

何か意図があるようにも見えました。公麿に何かしてほしいことでもあるのでしょうか?



結局、金に目のない人間なんていないわけで。

公麿も金融街へと向かうことになってしまいます。


これから公麿が変化してしまうのか、公麿が金融街の何かを変えるのか…

内容はほぼわからない状態ですが次回が気になります。



・電波女と青春男 1話


エリオの電波はニノさんを越えました…!w

電波=ニノさんのイメージがあったのですが、

どうもエリオはその上をいくらしいですw

でもここまで電波だと、こいつおかしいんじゃないかと思えてしまった(爆)



主人公・真はほぼ一人暮らしという生活に憧れて都会にやってきたワケなのですが…

そこは憧れの場所とはかけ離れた場所でしたw


最初は電波女に興味を示さなかった(できるだけ無視しようとしていたw)真ですが

一緒に暮らすとなると、そうもいきませんよね(´・ω・`)

むしろ、美少女と発覚してからはかなり乗り気になっている感じもしたようなw



視聴は続けますが、感想はどうなることか…。

次回以降を見て、Cと電波女 どちらかの感想を続けることにします。

今のところCの方がおもしろくなりそうかな。


あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 1話


期待はしていましたが…一話でこんなに

うるうるしてしまうような作品だったとは・°・(ノД`)・°・

ていうか、木曜アニメ多すぎる(笑) 



略すとあの花になるそうです。これだけ長いタイトルの中で

重要なポイントは花…? 花が関連した話になるのは間違いなさそうですね。



主人公・じんたんは高校入試に失敗したのが原因で引きこもりになっているようです。

そこに突然現れためんまはじんたん達に何かしてほしくてやってきたようなのですが、

それが何だったのかは覚えていないそうです。


この「何か」は良くある方向に進めば、みんなが昔の超平和バスターズのように

仲良くすることになるのでしょうけど、1話での演出が上手すぎたので

それでも十分良い作品になりそうな気がします。



そして意外にもめんまは自分が死んでいることに気づいていました。

それでもまた成長した姿でここに戻ってくる理由は何なんですかね?

可能性があるとすれば、超平和バスターズが解散したことを

自分の所為だと思っているのかもしれませんね。


もちろん、解散の理由にめんまが関わっていないというわけではないのですが。



それにしてもキャラがいいですね。

天真爛漫なめんまの可愛さはもちろんですが、私はあなるが気になります。



あなるは多分、今も昔もじんたんのことが好きなのでしょう。

でもこのくらいの歳だと周囲の目が気になったりするものですよね。

地味で引きこもりなじんたんを好き、とは誰にも言えないのでしょう。


これからも揺れ動くあなるの心情には注目ですね!



一番変えることが難しそうなのはゆきあつでしょうか?

それでいて、めんまの事を気にしている描写もあったので

本当はイイやつなのかもしれませんが。

実はめんまの事が好きだったとかいうパターンでしょうか?

まだまだ推測するには難しいですが、ゆきあつも気になるキャラですよね。




他にも注目したいキャラは多いですが、今回はこの辺りで。





そういえば、OP・EDはかなりツボでした!特にEDは大好きな曲だったので

鳥肌が立ちました!久々にZONEのアルバムを出してこよ~っとw



Steins&#59;Gate 2話


タイムトラベル、というよりは「世界線」をテーマにした話なのでしょうか?

世界線という言葉を聞いたのが初めてなので、まだ殆ど理解できていないのですがw


ジョン・タイターの言う「世界線」は、この作中では実際に存在しているようですね。

でなければ、1話であった事件に説明が付かなくなります。


岡部の持つ携帯電話が世界線の鍵になるというのも、間違いないでしょう。

ゲルバナの移動は謎すぎますが、携帯を使用しているので関連があるといえますよね。



今、岡部が混乱している状態の説明としては、

1話の牧瀬殺害事件は今岡部がいる世界線とは

別の世界線で起こった事なのではないか、というところでしょう。

だから、そこの世界線で起こった出来事を他人に話しても辻褄があわないのです。

ジョン・タイターが2000年に存在しなかったというのも、それが理由なのかもしれません。


ただ、現時点でどうしても納得がいかないのは素振りの件ですね。

たまたまどちらの世界線でもるかに妖刀(笑)を渡していたというのはないでしょう。

ここにも理由がありそうですが… 今回の注目すべきところはここではない気もw



今回の締めは牧瀬の訪問でした。

岡部に興味もないような素振りでしたが、なんだかんだで彼が気になったのでしょうか?

行動の意図が全くわかりません。彼女も何か特殊な存在だったり…しないかw



この作品は隅々まで見ないといけないという話を聞くので

かなり集中して観てはいるのですが、どうも難しいですね(^▽^;)


少しでも見落としがあれば、すぐに放って行かれそうな気がします。

次回はさらに集中して視聴することにしますww



神のみぞ知るセカイⅡ 1話


帰ってきた!!エルシィぃぃぃぃぃ!!!w


開始早々可愛いですねぇ(´∀`*)

桂馬を守るためにほうきを振り回す姿なんて…きゅーーーとっ!

(かなり出遅れてはいましたがw)

このままエルシィの可愛さを語り続けるのは危険なので感想を(笑)



二期での最初のヒロインは春日楠。 名字と名前が逆にできそうなw


武道家でありながら、可愛いものが大好き…というのは

ハトプリのいつきを思い出させますね。部類としては同じようですが、

楠先輩の方が格段に変人レベルが上!w 可愛いものや軟弱なものを

好んではいけないと制御するあまり、それを排除しなくては気が済まないようですw


桂馬の顔は本当に武器です(笑) オタクでありながら可愛い女子を攻略できるのは

彼がイケメンだからなんですよね(;´▽`A`` なんて酷い世の中・°・(ノД`)・°・


それにしても楠先輩受けが良すぎます。

あの軟弱かつ可愛らしい(?)顔がかなり好みなんでしょうねww

見つめられるだけで頬を赤らめる楠先輩はまさに恋する乙女っ(/ω\)

そんな楠先輩にすでにハートキャッチされました!w



デートスタート!で締めるのは卑怯です!w

先が気になるではありませんかwwしかも楠先輩の美しいお姿を見せた後だなんてorz


途中、少しエルシィが空気になるかなーと不安ではありましたが、

一期同様、うまく入ってきてくれそうですね♪


視聴も感想ももちろん継続です!


花咲くいろは 2話


仕草が丁寧に描かれているのがイイ。

特に菜子の仕草はいちいち清楚な感じが可愛いですね。

キャラとしてはまだよくわかっていませんが、それだけで魅力的です(´▽`*)



緒花の良いところが見えてきたような気がします。

前回までは「空気の読めないお騒がせ者」という印象が強かったように思いますが

意外と自分で考えて動ける子でした。 それが原因で民子との関係は一時悪化しましたがw



やはり料理ができるというのはいいですね。

自分から進んでまかないを作るとは思っていませんでした。


多分、最初のまかないは女将に自分のできるところを見せつけよう、

という意味もあってのものでしょうね。(母の夕飯にブロッコリーを入れたのと同じような意味で。)

その作戦はなかなかうまくいったようです。

みそ汁をのんだ女将からまた文句が出るかと思いましたが、何も出ませんでした。

とりあえず、少しは緒花の株が上がったのではないでしょうか。



一番印象に残ったシーンといえば、民子と菜子に嫌いな食べ物を聞くシーンですね。

育てられ方があれなので、緒花の行動はいろいろとおかしいのですが

それでも自分を曲げないのがいいですね。わかりにい伝え方ではあったけど

2人に自分の気持ちを伝えることができました。

ここが3人の関係を変える分岐になりそうな気がします。




どういう内容?と聞かれれば説明しがたい内容ではありますが

引きがうまく、緒花の成長をもっとみたいという気持ちになりますね。


小説家がかなり怪しいにおいを臭わせていたのが気がかりです。

本当に有名作家なんだろうか…www



新作アニメ アザゼルさん・変ゼミ・DOG DAYS


◆よんでますよ、アザゼルさん 1話


内容は完全に青年誌臭が(笑) でも変ゼミよりは好みかな(ぇw


視聴のきっかけは召還された悪魔たちの容姿がキモ可愛い(?)からでしょうか。

次に登場するであろうペンギン(?)が一番気になるのでとりあえず3話までの視聴は続けます。


パンスト同様、大丈夫なのか?というような内容ではありますが、

ネタは結構笑ってしまいましたw 巨乳の演出とか…ありがちですが笑わずにはいられませんww


その他にもふれたい事はありますが、きちんとした感想は次回以降で。

ドン引くような内容にまで発展しなければ良いのですがw



◆変ゼミ 1話


石田ボイスで吐かれる変態発言…。これだけで結構客は寄ってきそうですw


アザゼルさんよりエグい(?)ギャグはありませんでしたが、

水越さんのキャラは濃いですねぇww 外見は美人なのに勿体ない(゜д゜;)


主人公・松隆は基本的にいじられっぽいですね。

花澤さんなのは非常においしいんですが…内容はアザゼルさんより好みじゃありませんでした。

小麦先輩の発言はドン引きに値します(笑)


視聴継続するとすれば、アザゼルさんのついででしょうか?

今期は多いのでとりあえずは保留です。



◆DOG DAYS 2話


2話続けて見たので、1話の感想は書いていませんでした。


キャラで気になったのは緑の子(エクレール)でしょうか。

ありがちではあるけど…それがイイ!(黙w


でも内容があまりにも適当すぎるような気がします。

それを楽しむ作品なのかもしれませんが、あまりにもバトルに緊張感がなさすぎるw


この絵柄でマジな殺し合いとかされても困りますが、

お手頃戦争、みたいなのは好きではないですね。

雰囲気を楽しむ冒険モノといったところでしょうか。

得意ではないので感想は切らせていただきます(;^_^A



TIGER & BUNNY 2話

凸凹コンビっぷりがおもしろかったですねw

でも、考え方から違うようなので今後しばらくこんな関係は続きそう…(^▽^;)



今回は、ヒーローの生い立ちがわかりました。

元々周囲から変な目で見られる存在だった能力者が

人々のために戦う…こうしてヒーローは成り立っているようです。

義務ではないようですが、多分こうする以外世間から受け入れられる方法がないのでしょうね。


考えてみると能力者ばかりが損をしているようにも思えますが、

実際嫌々ヒーローになった人とかはいないんですかね?(前にも書きましたが)

早く他のヒーローにもスポットを当ててほしいところです♪

なんかブルーローズが女子高生みたいですし!(黙w



それにしても、文化遺産を傷つけるな、とかリアルすぎる(笑)

他のヒーローなら町なんて壊し放題ですが、この作品では普通に賠償金とか

払わないといけないようですw ヒーローに対して待遇が悪すぎますが

こんなのでよく毎回悪者を倒そうっていう気になれますよね(゜д゜;)



能力の覚醒は小学生くらいの時期に起こるものなのでしょうか?

虎徹の時も、今回の少年の時もそうでした。

少年を過去の自分と同じようにヒーローの道に導くタイガーは格好良かったですね。

やることは結構ダサダサなのに、こういう出来事があるだけで全然印象が違いますw



そして気になるのはバーナビーの目的。

親と写っている写真を眺めていたので親探しかな、と思ったのですが…

どこか裏がありそうな気がします。そのために本名でヒーローをやっているみたいなので

親が関係していない事はないと思うのですが、過去に何かあったのかもしれません。

次回がもう過去編になるのかな…??



1・2話と見ましたが、ギャグも話のテンポも良くこのまま視聴を続けられそうです。

視聴継続決定!次回も楽しみです♪




 | HOME |  »

プロフィール

すとぅるるる

Author:すとぅるるる
将来の夢は自宅警備員!とはさすがに言えない歳になってきた…w

アニメやゲーム、絵を描くことなどが好きです。
基本的にはただのオタクで萌え豚。
ツイッターでは記事に書かないアニメの感想や
ゲームのあれこれなどくだらないことを呟きます。


ツイッター


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ

春期アニメ総評 (12)
夏期アニメ総評 (19)
秋期アニメ総評 (15)
冬期アニメ総評 (12)
Fate/Zero 2NDseason (11)
ココロコネクト (1)
ペルソナ4(小説) (1)
ペルソナ4(ゲーム) (7)
ペルソナ4(アニメ) (10)
キングダム (3)
おジャ魔女どれみ16 (3)
あの夏で待ってる (9)
UN-GO (7)
ちはやふる (25)
Fate/Zero (13)
うさぎドロップ (4)
輪るピングドラム (9)
青の祓魔師 (2)
デッドマン・ワンダーランド (5)
C (10)
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 (10)
神のみぞ知るセカイⅡ (7)
TIGER & BUNNY (19)
Steins;Gate (7)
花咲くいろは (9)
イラスト (5)
スイートプリキュア (10)
フラクタル (8)
レベルE (7)
GOSICK (9)
みつどもえ増量中! (5)
魔法少女まどか☆マギカ (10)
夢喰いメリー (10)
君に届け 2ND SEASON (6)
それでも町は廻っている (10)
荒川アンダーザブリッジ*2 (7)
侵略!イカ娘 (11)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない (12)
Panty and Stocking (8)
STAR DRIVER 輝きのタクト (19)
テガミバチ REVERSE (8)
バクマン。 (6)
モンハン日記 ぎりぎりアイルー村 (7)
屍鬼 (20)
戦国BASARA弐 (11)
世紀末オカルト学院 (12)
学園黙示録 (12)
みつどもえ (13)
ハートキャッチプリキュア (30)
HEROMAN (14)
けいおん!! (18)
アニメ感想 (68)
その他 (30)
未分類 (1)
新世界より (15)
絶園のテンペスト (20)
たまこまーけっと (4)
進撃の巨人 (2)
ガッチャマンクラウズ (2)

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。