すとぅるるるのアニメ日和

≫2011年05月24日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デッドマン・ワンダーランド 6話

以前G棟にいる人はみんな冤罪じゃないのか…という予想をしましたが

大はずれ。むしろ冤罪の方がよかったくらいですよ(苦笑)



意外なところでヨウくんと繋がりのある人物が。

しかし完全にあの流れ、お互い殺し合いなんかできない…!!

ってなる流れでしょう!ww しばらくみなつき恐怖症で夜も眠れないかもw


結局はこのG棟にいる連中ってこんなのばかりなんですかね?

前回の相手、千池は潔いいいヤツでしたがそういう人の方が

珍しいのかもしれませんね。だとするとちょっと私の見たかった話とは

違う方向に行きそうな気がしますね。それでも十分先が気になる展開で面白いのですが。



シロの存在は未だによくわかりませんね。しかし、どこか赤い男に似た様子も

あったし、もしかすると彼女もデッドマンの中でも優れた存在の可能性が高いですよね。


ガンタとは兄弟であるとみるのが無難でしょうか?

血のつながりがなんとか…と言っていたのでガンタの家系は

代々デッドマンの血を譲り受けているのかも知れません。



相手は自分を殺す気でも自分は相手を殺さない。

この主人公のあり方はこの作品で唯一気分が悪くならないところかも(笑)


スポンサーサイト

花咲くいろは 8話

前回のギャグ回とは一転してなかなか引き締まった雰囲気になってきました。

今まで掴みにくかった女将のキャラもなんとなくですが見えてきましたね。


女将は基本的に緒花にばかりきつい部分が多いですよね。

若干、自分の考えを押しつけすぎていて不快に思う点もあったのですが

既に緒花を後継ぎとしてちゃんと見ていたようです。

孫という時点で後継ぎ要素は十分ですが、今回病院から緒花を

送り出すシーンでは今すぐにでも緒花に任せられるかな、と

考えていたようにも見えました。結果、少し考え直してまだ無理だと

いうことがわかったみたいですけどw



それでも今回の緒花の働きは一度女将に見て欲しいところですね。

お客さんに差をつけるなんていうことは女将なら絶対にあり得ない、と

いうことをこの様子ならちゃんと突き通せそうです。

女将の押しつけも緒花はちゃんと受け止めていたようです。


逆に万緑は駄目駄目ですね。変なコンサルトに流されまくりで

緒花以上に女将と長い付き合いだとは思えませんよね^^;


だからこそ女将は緒花を迎え入れたのでしょうか?

正直、仕事のできる子ではありませんでしたが

意外にもこの職は緒花にあっているみたいですしね。

まだ今回も簡潔していないので、この先どうなるのかとても気になります。



料理人はてっきり福屋に借りにいくものだと思っていたのですが

徹さんじゃないと喜翆荘で出す料理である意味がありませんよね。

でも、電話で一度は断られた相手を直接連れ返しに行くっていうのはどうなのか…(笑)


まだ旅館の忙しさは序の口のようですし、次回が山場でしょうね。

今回かなり頼りになりそうな緒花の不在で変な事件が起きなければよいのですが。


神のみぞ知るセカイⅡ 7話


ちひろの飽きっぽさは桂馬を度々イライラさせましたが(笑)

最後の告白の諦めは桂馬に対する想いが募りだした…という風にも見えましたね。


一時は失敗に見えた桂馬の作戦も最終的には成功しました。

彼の思っていた通りの作戦ではうまくいかなかったものの、

結果として彼女に本当の恋を見つめ直させ、行き場が無くふわふわしていた

心のたどり着く場所も見つけさせました。


毎回思うのですが、この桂馬とエルシィの駆け魂集めは

ヒロインたちの将来をも動かしているようにも見えますね。

今回助けてくれた1期の最初のヒロイン・歩美も桂馬と関わる以前は

あんなにも周囲に気が回るような子だったでしょうか?

少なくとも自分の掃除当番を真面目にやろうという子ではなかったですよねw

(今回もなんだかんだでサボりたかっただけ…?ではないかw)


そして怪しいのはエルシィの発言。駆け魂の事でもそうでしたが

彼女は基本的に説明不足なので記憶が消えるというのもどうなのか怪しいところです。

過去そのものがなくなったというわけではない、という部分も特に気になりますよね。


考えられるのは心の透き間を埋めたのが桂馬なので、

今も彼女の心の透き間は桂馬のことで埋まっていると考えるのが妥当でしょうか?

それなら駆け魂集め以外での関わりがほとんどないに等しい彼女たちの

心に桂馬が残っているというのもわかります。



途中、少しちひろに尺を使いすぎなのでは…と思う部分もあったのですが、

最後のほうのBGMの使い方や演出はグッときました。

モブキャラだからこそ、長い尺でじっくりと魅せ、解決する必要があったのでしょう。



なんだかんだでこの作品の女の子は最終的には可愛くみえるのも良いところw



TIGER&BUNNY 8話

毎回毎回構成は文句なしですね。キャラの掘り下げも十分でしたし

国民のルナティックに対する反応もちゃんと見られました。


まずはルナティックに関して。彼の存在はやはり一部の国民にとっては

ニューヒーローとして写ったようですね。それによる現在のヒーローに対する

信頼が失われるほど反響が大きかったとなると、今後も支持者が増えていきそうな気がします。


一つ気になったのは虎徹にやたらと興味を持っている点ですね。

バーナビーがルナティックを気にするのはわかりますが、

ルナティックが虎徹を気にする理由は何でしょうか?

今のところ予測できる範囲では、彼に対するあこがれか何かですかね?


戦うことが本意ではない、というのは多分嘘ではないでしょう。

ルナティックの行動も基本的には悪人を裁くことだけですからね。

(今回飛び出してきたイワンくんを撃っていた点を考えると

 いざという時は悪人以外でも殺してしまおうという気持ちはあるようですが)


要するに、自分の行動を肯定しつつも虎徹たちも否定はしないということなのでは。

どちらもヒーローのあり方としては間違っていないと考えているのでしょう。


もしかするといつか虎徹によって考え方が叩き直される事もあるかもしれませんね。



折紙サイクロンことイワンくんは、ヒーロー時と通常時の性格が真逆でした(笑)


アカデミー時代もそう目立つような人じゃなかったようですし、

ヒーローになれた理由というのが気になるところですね。

単にお友達の枠があいたから穴埋め…という感じだったのでしょうか?


でも、考え方によれば彼の能力もそこそこ使えると思うんですよね。

確かに一人では役に立たないかも知れませんが、他との連携がうまくいけば

一番犯人を捕まえやすいように思います。 問題なのはHERO TVのやり方ですね。

前回のような非常時はヒーロー同士の回線をONにするようなのですが、

普段は切られてしまっているんですよね。


一瞬使えるのでは…と思いましたが折り紙の大活躍はそうそう期待できそうにないですねw

能力としても映像としても面白そうなのでぜひ活躍してほしいところなのですが。



イワンくんの過去話についても少し触れたかったのですが、

久々に打つと無駄に長い文章になってしまいました(笑)

また機会があれば(大抵書かないw)ということで今回はこの辺りでw



 | HOME | 

プロフィール

すとぅるるる

Author:すとぅるるる
将来の夢は自宅警備員!とはさすがに言えない歳になってきた…w

アニメやゲーム、絵を描くことなどが好きです。
基本的にはただのオタクで萌え豚。
ツイッターでは記事に書かないアニメの感想や
ゲームのあれこれなどくだらないことを呟きます。


ツイッター


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ

春期アニメ総評 (12)
夏期アニメ総評 (19)
秋期アニメ総評 (15)
冬期アニメ総評 (12)
Fate/Zero 2NDseason (11)
ココロコネクト (1)
ペルソナ4(小説) (1)
ペルソナ4(ゲーム) (7)
ペルソナ4(アニメ) (10)
キングダム (3)
おジャ魔女どれみ16 (3)
あの夏で待ってる (9)
UN-GO (7)
ちはやふる (25)
Fate/Zero (13)
うさぎドロップ (4)
輪るピングドラム (9)
青の祓魔師 (2)
デッドマン・ワンダーランド (5)
C (10)
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 (10)
神のみぞ知るセカイⅡ (7)
TIGER & BUNNY (19)
Steins;Gate (7)
花咲くいろは (9)
イラスト (5)
スイートプリキュア (10)
フラクタル (8)
レベルE (7)
GOSICK (9)
みつどもえ増量中! (5)
魔法少女まどか☆マギカ (10)
夢喰いメリー (10)
君に届け 2ND SEASON (6)
それでも町は廻っている (10)
荒川アンダーザブリッジ*2 (7)
侵略!イカ娘 (11)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない (12)
Panty and Stocking (8)
STAR DRIVER 輝きのタクト (19)
テガミバチ REVERSE (8)
バクマン。 (6)
モンハン日記 ぎりぎりアイルー村 (7)
屍鬼 (20)
戦国BASARA弐 (11)
世紀末オカルト学院 (12)
学園黙示録 (12)
みつどもえ (13)
ハートキャッチプリキュア (30)
HEROMAN (14)
けいおん!! (18)
アニメ感想 (68)
その他 (30)
未分類 (1)
新世界より (15)
絶園のテンペスト (20)
たまこまーけっと (4)
進撃の巨人 (2)
ガッチャマンクラウズ (2)

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。