すとぅるるるのアニメ日和

≫2011年06月26日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TIGER&BUNNY 13話

お互いを信じることがジェイクに勝つ結果に繋がりましたか。

超・聴覚なんていうお馬鹿発言を本気にみせる虎徹はさすがですね(笑)



私が期待していたルナティックの登場はまだだったわけなんですが、

ずっとヒーロー達の活躍を見守り続ける彼の姿は悪くなかったですね。

結局彼もヒーローのファンなのであって、

純粋に市民を守ろうとするヒーローを尊敬もしているのでしょう。


彼の話は後半に持ち越しになったわけなのですが、確かに今回の1話で

描ききれないほどの苦悩がありそうです。多分、今の状態に至るまでも

色々とあったのでしょう。以前も書きましたが裁判官として勤めを果たす

過程が大きく影響しているかもしれませんね。



結局黒幕は誰だったのか。やはりマーベリックさんが何かにおいますね。

少し前に予想した、市長の立場を悪くするというのは違っていたようですが

明らかにあの会見はわざとらしすぎます。これもミスリードだったりするのでしょうか?

マーベリックさんに関してはまだまだ謎が多すぎますね…。



でも、バーナビーの両親を殺したのがジェイクでないことは確かですね。

作中でも強調されまくってますが、影が明らかにジェイクじゃないんですよね。

銃を使っているという部分でも彼がジェイクじゃないことは確かなのですが

今回のジェイクの小物臭からしても彼が仇ではないでしょう(笑)




女性陣の活躍はちょっとやりすぎな感じもしますが、終わり方として

すっきりさせる分には良かったです!あの数の敵をどうやって…

と突っ込みたくなる気もしますが、マッドベア回収で敵の動きが止まるなら

ギリギリ無理もないということで。3人の掛け合いも面白かったし、

ドラゴンキッドが普通にファイヤーエンブレムを女性カウントしているのは可愛かったですw



突っ込みどころも少々ありますが、王道を貫く展開はすごくよかったです。

それでいて先の読めない要素も多く含まれているので次回からも楽しみです!




スポンサーサイト

DOG DAYS 13話(最終回)


この作品らしい最終回でした!とりあえず、

またシンクが勇者として戦えることになってよかったです・°・(ノД`)・°・



再びシンクを勇者として呼び出すための方法が見つかるまでのくだりや

シンクが残していった私物など、ご都合主義に見える部分もありますが

この作品はそんなことを気にする作品じゃないですよね。

すっきりとしたハッピーエンドを迎えられたことがこの作品としては大成功でしょう。


でも現実に戻って記憶をなくしたシンクを見た時はさすがに辛かったですね。

多分、ここまでして記憶を消したりするのは皆が皆、シンクのように純粋な気持ちばかりを

持ち帰る人ばかりじゃないからでしょうけど、もう少しなんとかなりませんかね。

別れのシーンはホントみんなが可哀想すぎて…。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。



続編があるとすればレベッカたちも連れていくようですね。

そのときはエクレとの修羅場に期待しましょうw

その他キャラとの絡みが見られるのも面白そうです。 



全体を通して、分かり易い内容かつキャラクターも良かったので

バランスがとれた作品だったと思います。近頃尺足らずの作品も多いですが

この作品はうまく続編への期待を募らせる終わり方だったのではないでしょうか。


この作品に関わったスタッフ・キャストの皆様、ありがとうございました!


あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 11話(最終回)


疑問が全く残らない最終回だったかと聞かれれば違いますが、

良かったかどうかと聞かれれば間違いなく良かった、と答えられる作品でしたね。


花火の打ち上げによって、めんまに変化がなかったのはやはり皆の気持ちが

バラバラだったからなのでしょうね。今回でめんまの望みは明かされましたが

それとは別で、超平和バスターズが個人の自己中心的な考えでめんまの

成仏を願っていたことも関係がないとは言えないはずです。



わかりやすいのはやはりあなるでしょうね。恋のライバル、

しかも全くかなう見込みのない相手がいなくなることは

自分にとって好都合だと考えない人なんてまずいないでしょう。

その点一番明かしやすい悩みだったのかもしれませんが、

彼女の告白から皆が告白をし始めるのは良かったですね。


ぽっぽもどこか最近可笑しな雰囲気がありましたが…意外と重かった。

むしろ、友達を見殺しにしてしまったという見方をすれば一番重いのかも知れません。

それでも告白することができたのは、皆がお互いを再び信頼し始めたからなのでしょうね。


彼は作中で一番昔と変わらない存在(めんま除く)として見られてきたわけですが、

それは一番昔から成長していないとも取れるような気がします。

世界を旅していたというのも、単なる「逃げ」だったのでしょう。


つるこの告白が見たいという願望は叶いませんでしたが

一応、あなるが仲介して伝えてはくれましたね(笑)

やはりあのつるこが10年も秘めた想いを簡単に口にするわけがないですよね。

それでもやっぱり見たかった…!!(黙w




この作品に登場する秘密道具(笑)日記帳は個人的に賛成派ではなかったのですが

最後にああいう使い方をされると受け入れるしかなくなってしまいますよねw


手紙のシーンは本当に号泣しました…。めんまが日記を取り出した時点で

大体何をするのか想像は付きましたがそれでもあの演出はずるい!w



最後に皆にめんまが見えるシーンがありました。もうこれは理屈とか関係なく

普通に感動すべきシーンですよね!どうして突然見えるようになったのか、とか

余計な理由とかは必要ないと思います。みんなの願いが叶ってやっと「会えた」のですから。




結局、母親の死から、友人の死から抜け出せないじんたんを

助けることが全体の話だったのかもしれませんが、

めんまは実際、それ以上のことを成し遂げました。


多分、これによって嫌な意味で「忘れられない超平和バスターズ」はなくなったわけです。

逆にいえば、モヤモヤが解消されたことにより

大人になるにつれて忘れてしまう出来事に転換されたとも言えるでしょう。


でもそれがきっと死んだ人の望みなのだと思います。

死んだ人は恐らくいつまでも自分の死を嘆いてほしい、なんて思っていないはずです。


よって、いつかは忘れてしまう出来事になっためんまたちは

「生まれ変わり」ができるようになったのでしょう。

もう自分の死で悔やみ続ける人はいない、と安心して。




いざ感想を書いてみると最終話の感想は書き辛かったですね。

これも私なりの解釈ですので、実際にこのようなメッセージが

込められているのかはわかりませんが。


なんにせよ、アニメやドラマは個々が好き勝手に受け止めればいいものですよね!(ォィw


終始感動させられっぱなしのこの作品は最終的にとても心に響く作品になりました。

この作品に関わったスタッフ・キャストの皆様、ありがとうございました!



 | HOME | 

プロフィール

すとぅるるる

Author:すとぅるるる
将来の夢は自宅警備員!とはさすがに言えない歳になってきた…w

アニメやゲーム、絵を描くことなどが好きです。
基本的にはただのオタクで萌え豚。
ツイッターでは記事に書かないアニメの感想や
ゲームのあれこれなどくだらないことを呟きます。


ツイッター


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ

春期アニメ総評 (12)
夏期アニメ総評 (19)
秋期アニメ総評 (15)
冬期アニメ総評 (12)
Fate/Zero 2NDseason (11)
ココロコネクト (1)
ペルソナ4(小説) (1)
ペルソナ4(ゲーム) (7)
ペルソナ4(アニメ) (10)
キングダム (3)
おジャ魔女どれみ16 (3)
あの夏で待ってる (9)
UN-GO (7)
ちはやふる (25)
Fate/Zero (13)
うさぎドロップ (4)
輪るピングドラム (9)
青の祓魔師 (2)
デッドマン・ワンダーランド (5)
C (10)
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 (10)
神のみぞ知るセカイⅡ (7)
TIGER & BUNNY (19)
Steins;Gate (7)
花咲くいろは (9)
イラスト (5)
スイートプリキュア (10)
フラクタル (8)
レベルE (7)
GOSICK (9)
みつどもえ増量中! (5)
魔法少女まどか☆マギカ (10)
夢喰いメリー (10)
君に届け 2ND SEASON (6)
それでも町は廻っている (10)
荒川アンダーザブリッジ*2 (7)
侵略!イカ娘 (11)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない (12)
Panty and Stocking (8)
STAR DRIVER 輝きのタクト (19)
テガミバチ REVERSE (8)
バクマン。 (6)
モンハン日記 ぎりぎりアイルー村 (7)
屍鬼 (20)
戦国BASARA弐 (11)
世紀末オカルト学院 (12)
学園黙示録 (12)
みつどもえ (13)
ハートキャッチプリキュア (30)
HEROMAN (14)
けいおん!! (18)
アニメ感想 (68)
その他 (30)
未分類 (1)
新世界より (15)
絶園のテンペスト (20)
たまこまーけっと (4)
進撃の巨人 (2)
ガッチャマンクラウズ (2)

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。