すとぅるるるのアニメ日和

≫2011年11月06日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンダムAGE 5話

ウルフさんの過去も気になってきましたが…他にもどんどん

謎の要素が増えていって面白くなりそうな感じにはなってきましたね。


ウルフさんに関しては前回の時点だと実戦経験はほぼ0だと

思っていたのですが、戦いがくせになる、とか言っていましたので

おそらく過去にもなにかと戦ったことがあるのでしょうね。


彼はエミリーにとってはフリットの後押しをする邪魔者でしかありませんが、

フリットからすれば良い兄貴ですよね。私は個人的にウルフさんのキャラクターは

好きなので今後もこのままフリットの後押しをしてほしいですね。

問題はどうエミリーを説得するのか、ですけど…。



そして新キャラのデシルくん。このキャラクターもどうやら普通ではないようですね。

視聴している最中はユリンと同じような立場の人間かと思っていたのですが、

最後に謎の組織っぽいのが現れました。もしユリンとデシルが同じ組織に

所属しているとなれば、ユリンもあの黒ずくめの仲間ということになりますよね。

それは若干無理があるかな、とも思うのですが彼らの能力が

ほぼ同じであることに間違いはありません。

これは二人共再登場してもらうまでは判断できそうにないですね。



今回、グルーデックが今までしてきたことをエミリーが問い詰めるシーンもありましたね。

たしかに子供であるエミリーからすれば、人を騙すことは単なる悪にしか見えないのでしょう。

でも実際やっていることは間違ってはいない。こう言い聞かされると

子供が反論できなくなるのは仕方ないですよね^^;

今後も彼は周囲を騙し続けることになりそうですが、こういうタイプの人って

最終的に自分で何もかもを背負って死んでいくパターンが多い気がしますw

グルーデックさんは特に3話で亡くなったブルーザーさんを尊敬していましたので

やはり最期は同じ道をたどろうとする可能性が高いでしょうねぇ。


それにしてもこの作品は主人公の心理描写よりも明らかに

ヒロインの心理描写の方が多いですよね。

それだけエミリーが悩んでいるのはわかりますし、

身の危険も考えずに自分の機体だからと言い張るフリットはたしかに子供。

それをうまく制御できる立場になれば良いのですが、彼女自信

ガンダムが今必要だということはわかっています。よって止めることも

すすめることもできないのですよね。こういった彼女の揺れ動く感情は

丁寧に描かれていていいと思います。今後も長く続きすぎると

少しくどくなるかもしれませんが、うまいところで彼女の気持ちにも蹴りをつけてほしいですね。




スポンサーサイト

Fate/zero 6話

バーサーカーに続き、キャスターもセイバーと同じ時代の人物…?


と思いきや、単なる勘違いでしたかw バーサーカーの方もまだはっきりとは


していないのですが、彼はEDがネタバレになっているようですしほぼ確定。


キャスターの正体は名乗られましたが…わかりませんw





さて、いきなりやり方のグロい切嗣が見られたわけなのですが、


やはりケイネスたちはこの程度では死なないでしょうね。


まあそれはセイバーの傷をみればわかることなので、切嗣たちも


すぐに彼らが生きていることに気づくでしょうけど。




しかし、今回のこの切嗣の行動はセイバーが知るとどうなるでしょうね。


もちろん彼女は召喚された身なので文句をいったりしても仕方ないのですが、


前回みているだけで何も出来なかった上に、自分が正々堂々戦おうと


決めた相手を勝手に暗殺しようとしていました。これにはかなり


失望しそうな気がしますね。もしかするとうまい具合に隠蔽して


セイバーには知れ渡らないのかもしれませんが。


どちらにせよ、今のところ切嗣とセイバーの相性はかなり悪そうですね。





一応、前回の時点では次の戦いはセイバーvsランサーだ!


みたいな展開になっていたのですが、キャスターの動きにより


また話は違う方向へ動きそうです。どういったルールを追加し


キャスター討伐を図るのかはまだわかりませんが、


アーチャーや切嗣などなかなか思うようには動かない連中は


果たしてそのルール通り動くのでしょうか?


このイレギュラーなルールによってマスターやサーバントにどのような変化が現れるのか楽しみですね。






そして意外なところで意気投合、というか関わり始めた人物がいましたね。


やはりアーチャーは遠坂が気に食わないようですが、


ここまで言峰に興味を持つということは言峰の心の空虚さに


隠れた何かを見据えているのかもしれませんね。


1話で切嗣も言っていましたが、たしかに言峰には何もありません。


何もないからこそ自分でも気づかないような野望があったりするのかも…


と妄想してみたりもするのですが、残念ながら言峰さんに関する考察は無理ですw


まあ今後は他のマスターたちの目的や願望を知りながら自分を見つめ直すということになるのでしょうね。


これはほかのマスターを見つめ直すことにもつながりそうですし、


視聴者的にもアーチャー的にも楽しみになりそうですw






というわけで話はほとんど進まなかったのですが、それでも情報量が多いし


会話劇だけで十分に楽しめましたね。冒頭のアイリの可愛さや


初登場のソラウさんなどキャラクター的な見どころもうまく盛り込まれています。


次回にも期待ですね♪











2011 夏期アニメ総評

【2011年夏期アニメ総評】


夏期アニメ総評です。


今期はどっぷりハマった作品がありましたねぇ♪

結果的にその作品が1位になるというわけではなかったのですが、

その作品はもちろん、ほか作品も割と好みなものが多かったです。


ただ、明らかに尺不足な作品が目立った今期でもありました。

やはり近々見られるとりあえず1クールやって様子見…というスタイルは

あまり好きではありませんね^^; それが一番安全なやり方だとしても

その作品が売れた時も続きは少し待たなくてはいけなくなります。

そうなると結果、1期に比べると視聴者が減ってしまうのですよね。


初めから分割2クールと決まっていて、次の放送時期が決まっているとなれば

話は別かもしれませんが先が放送されるかどうかもわからないアニメをみて

先が気になるまま2期が制作されなかった場合は原作を買うしかないんですよね。

それもまた効率の良い売り方ではあるのかもしれませんが。



余談が長くなりましたが、総評に移りたいと思います。


ではここで注意点を。


あくまで私にとっての順位ですので、これが冬期アニメの人気順ではありません。

また、作品に対する批判を書いている部分もあります。

そういった部分を見て気を悪くされる方は読まない事をお勧めします。

不適切なコメントもこちら側の判断で消去させていただく場合があります。ご了承ください。


誤字・脱字、用語の間違いなどは一応見直したつもりですが、

もしあればコメント覧にて訂正、もしくは見過ごしてくださいw


アニメのタイトルをクリックすると、そのアニメの詳しい総評のページが別窓で開きます。

少し長くなってしまったものもありますが読んで頂けると光栄です^^




【1位】 Steins;Gate



【2位】 うさぎドロップ



【3位】 TIGER&BUNNY



【4位】 花咲くいろは



【5位】 異国迷路のクロワーゼ



【6位】 神様ドォルズ



【7位】 セイクリッドセブン



【8位】 青の祓魔師









         

【1位】 Steins&#59;Gate


【1位】 Steins;Gate



ストーリー:★★★★★

キャラクター:★★★★

作画:★★★★★


1クール目の初回はなかなかに取っ付きにくかった作品ですが、

まゆりの死あたりから話は一転。次々とキャラクターに突きつけられていく悲しい現実と

岡部に迫られる禁断の選択がストーリーをより緊張感のあるものにしていました。


個人的にタイムマシンをつかったタイムパラドックスは既にやり尽くされたものだと思っていたので

ここまで新鮮味があって、説得力もある作品になるとは思っていなかったのですよね。

また、そういった内容のものになると、どうしても難しい内容を頭に入れないと

話についていけなくなるものだと思っていました。


それでもこの作品はキャラクターの立ち位置に重きを置いて視聴しても

十分に楽しむことができる作品になっていました。

もっと知識豊富な方はこの作品に登場するタイムマシンの原理などにも

迫ってみられていたようなので、どちらを取っても抜かりない作りになっていたということですよね。

この作品のストーリーを考えた方はとんでもなく知識豊富なのでしょうねぇw


というわけで、まさに責めどころのない出来になっていたのですが

キャラクターの-1は初回の取っ付きにくさということで引かせていただきました。


もちろん、最終回までをみて面白かった作品は良作。という判断で間違いないと思うのですが

事実、この作品は初回で多くの視聴者を失っているとも聞いています。

逆にいえば初回からもう少し視聴者を取り込む何かがあれば

もっと世間に知れ渡る作品になっていたということですよね。


その何かはもしかするとキャラクターではないかもしれません。

ですが、私が個人的に初回の視聴が辛かった面と

その時にもしキャラクターがもっと初めから取っ付きやすければ

どうだっただろうと考えるとこういう結果になりました。



最後は少し酷評っぽい感じになってしまいましたが、

この作品は初めてノベルゲーム原作で大ハマりした作品ではないですかね?

もう一度最初から見直すことで新たな発見がありそうなこの作品。

せひもう一度見直したいです。


というわけでそろそろ原作ゲームのプレイを開始しますかw


 最終回感想はこちら


【2位】 うさぎドロップ


【2位】 うさぎドロップ



ストーリー:★★★★★

キャラクター:★★★★

作画:★★★


必要のない話は一つもありませんでしたね!


りんちゃんの可愛さはもちろんですが、ダイキチの人の良さや

周囲の人間の温かさ。見ていてほっこりするストーリー展開には

毎回癒されました♪ 癒されるだけでなく、

「親になるということは決して自己犠牲ではない」という

明確なメッセージも込められており、毎回どこか感動できる脚本は素晴らしかったです。


最終回の出来も抜群でしたね。「歯が抜ける」といった

一見なんのこともない出来事もりんちゃんの成長を十分に感じられる結果になりましたし、

同時にダイキチも大きく変わったということをみせてくれました。

彼の周囲の親たちはもちろんですが、ダイキチは本当にいい父親になれそうですよね。


マイナスとしては見ていないのですが、原作では高校生編もあるそうです。

こちらの話もやりきればもっと印象に残った作品にはなりそうですが、

どうもTV放送された小学校編にあたる部分とは全然話の雰囲気が違うらしいですね。


それでも先が気になるこの作品。ぜひ機会があれば2期の制作に取り組んで欲しいですね^^



 最終回感想はこちら


【3位】 TIGER&BUNNY


【3位】 TIGER&BUNNY



ストーリー:★★★

キャラクター:★★★★

作画:★★★


明らかに2期へ伸ばし始めた部分から、作劇がおかしくなり始めたのが残念。

そうはいっても序盤のテンポの良さやキャラクターの魅せ方は秀逸で

毎週楽しんでみることができました。2期を嬉しく思う部分もあるので

評価は下げてしまったものの、この作品に対する愛はぶれません(笑)

1期は伸ばしてしまっただけに、2期ではさらなる世界観やルナティックの掘り下げに期待ですね。


キャラクターの掘り下げに関しては、やはりロックバイソンことアントニオさんが

可哀想な感じになってしまったのですが、それも2期に伸ばすためなのでしょうねぇ。

キャラクターに関する悪い点といえばそのくらいですね。

逆に、ネイサンは一人にスポットを当てる回がなかったにもかかわらず、

キャラを確立させ、インパクトもあり他キャラとの絡みが自然でした。

一番キャラクターとして完成しているような気がしましたね。


雇われヒーローという面白い設定を生かしつつ、家族愛を描く構成は

見事だったかと思います。後は2期に期待したいですね。



 最終回感想はこちら


【4位】 花咲くいろは


【4位】 花咲くいろは



ストーリー:★★★

キャラクター:★★★

作画:★★★★★


最終回の出来栄えは最高でしたね!

緒花たちの今までの頑張りがあったからこその出来であって、

話の構成も抜群。演出や作画も素晴らしかったです!

緒花の成長はもちろん、喜翠荘の仲間たちの成長していく姿も

しっかりと見せつけられました。


この作品がここまでの評価になったのはやはり最終回のクオリティでしょうね。

正直、中盤あたりは若干退屈に思ったり、この話って必要?と思うこともあったのですが、

全体を通してみれば必要といえば必要だったんですよね。

その辺りをもう少しどうにかしていれば、私の評価はもう少し伸びていたかもしれません。


終始作画クオリティの高さは抜群で、キャラクターの魅せ方もうまかったですよね。

この作品は思い出をたどるような気持ちでもう一度みたいですねw


 妙に長い最終回感想はこちら (笑)


【5位】 異国迷路のクロワーゼ


【5位】 異国迷路のクロワーゼ



ストーリー:★★★

キャラクター:★★★

作画:★★★


何においても割と普通な作品ではあったと思うのですが。

その普通をきっちりとやりきったからこそ、印象に残るいい最終回が出来上がっていました。


最終回の感想にも書いたのですが、やはり1クールでできる範囲を

しっかりと見定めて構成されているのがよかったのではないでしょうか。

他作品を見ると、なかなかに1クールで失敗した作品が目立つ中、

この作品はストーリーもきっちりと作りこまれていて、

最終回視聴後に尺不足だと感じられる部分がほぼなかったように思います。


構成を失敗すれば1クールで湯音が日本に帰国する(と思われる)話まで

やってしまっていた可能性もありますが、そこは2期への期待も高めつつ

繰り越したようです。物語の山場としてのインパクトは薄かったかもしれませんが

他がきっちりしていたからこそ成り立った最終回だったと思います。


ストーリーもしっかりしていた上に、キャラクターも良い味を出していました。

基本的に嫌いになるようなキャラがいなく、視聴していて安心感がありましたね。

また、世界観も優しい雰囲気を放っていて、ギャルリの街の風景も美しかったです。


どこをとってもあまり破綻のない作品になっていたかと思います。


 最終回感想はこちら


【6位】 神様ドォルズ


【6位】 神様ドォルズ



ストーリー:★★

キャラクター:★★

作画:★★★


序盤はなかなかに面白かったのですが…中だるみと

最終回の投げっぷりが残念で仕方なかったです。


序盤のキャラの魅せ方は非常によかったですね。

設定などがわからなくてもキャラクターの立ち位置だけで十分に

盛り上げることができいました。


個人的に落ち始めたなーと思ったのは過去編あたりからでしょうか。

その当たりまではうまく話にもキャラクターにも興味をもたせる作りになっていたのですが

過去編のインパクトのなさがちょっと残念でしたね。

まあ、話的にインパクトというか先生のキャラクターに問題があったのかもしれませんが…。


案山子のバトルに関しては毎回そこそこのクオリティを保っていたので

文句はありません。賛否両論かもしれませんが、案山子から

血のようなモノがでる…という謎な演出は嫌いではありませんでした。

むしろ、案山子職人さんたちから語られた以上に案山子たちには

まだまだ秘密がありそうで、興味が持てましたね。

2期があるのなら、というかこれでないのは問題でしょうけど

売上的にはかなり厳しいようですね(´Д`;)視聴者からすれば

売上に関係なく続編は作って欲しいと思うのですが、どうなるのやら。


とりあえず今回のTV放送時点ではこの程度の評価までにしかならないでしょうねぇ。


【7位】 セイクリッドセブン


【7位】 セイクリッドセブン



ストーリー:★★

キャラクター:★

作画:★★★★★


アクションの魅せ方と作画の良さは抜群。

ただ、それ以外にはあまり良さを見いだせなかった作品でもありますね^^;


やはりストーリーが曖昧に終わらされてしまった事や

キャラクターに個性がなかったのが残念なところですかね。

どちらも尺があれば補完できただろうなーと思うので

余計にそれがもったいないです。一応、後に発表される番外編が

あるようなのですが、そちらでストーリーが補完されても

TV放送分の評価には影響しないですよねぇ(´Д`;)

アルマの成長に関しては割とじっくりと描けていたような気もしますね。

その分、セイクリッドセブンの起源や歴史など話を作れば

いくらでも面白くできそうな部分を削ることになってしまいました。

その点が描かれた上でこの作画とアクションへの気合のはいり方なら

もう少し話題のアニメにもなれたかもしれません。


とはいっても、映像的にはかなり楽しめました。

どこかダサいようなセイクリッドセブンのデザインが

かっこよく動き回る映像は十分に魅力的でしたし、

なんだかんだで毎週楽しんで見れたのでよかったです。


 最終回感想はこちら


【8位】 青の祓魔師


【8位】 青の祓魔師



ストーリー:★★

キャラクター:★★

作画:★★★


セイクリッドセブン同様、好きキャラが出来なかったというのもマイナス点になったかもしれません。


ストーリー重視の作品なら、多少キャラ押しが弱くても問題ないのですが

この作品の場合はストーリーがきちんと出来上がっていませんでした。

その上でテンプレのキャラが動いているというのはどうも好きになれなかったです。

逆に多少ストーリーが破綻してしまっていても、キャラクターが良ければ

許される場合もあると思うのですが。最終回のしえみといい、

一時期の燐といい、キャラクターのブレが目立ってしまったのが残念です。


それでも少年漫画らしい演出やストーリー展開は割と楽しめました。

何も考えずに視聴する分にはいい作品でしたね^^

最終回手前の兄弟愛を描くシーンは感動的なものになっていましたし、

基本的には良作だったかと思います。



 最終回の感想は書いていませんので…

 最終回手前・24話の感想はこちら


 | HOME | 

プロフィール

すとぅるるる

Author:すとぅるるる
将来の夢は自宅警備員!とはさすがに言えない歳になってきた…w

アニメやゲーム、絵を描くことなどが好きです。
基本的にはただのオタクで萌え豚。
ツイッターでは記事に書かないアニメの感想や
ゲームのあれこれなどくだらないことを呟きます。


ツイッター


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ

春期アニメ総評 (12)
夏期アニメ総評 (19)
秋期アニメ総評 (15)
冬期アニメ総評 (12)
Fate/Zero 2NDseason (11)
ココロコネクト (1)
ペルソナ4(小説) (1)
ペルソナ4(ゲーム) (7)
ペルソナ4(アニメ) (10)
キングダム (3)
おジャ魔女どれみ16 (3)
あの夏で待ってる (9)
UN-GO (7)
ちはやふる (25)
Fate/Zero (13)
うさぎドロップ (4)
輪るピングドラム (9)
青の祓魔師 (2)
デッドマン・ワンダーランド (5)
C (10)
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 (10)
神のみぞ知るセカイⅡ (7)
TIGER & BUNNY (19)
Steins;Gate (7)
花咲くいろは (9)
イラスト (5)
スイートプリキュア (10)
フラクタル (8)
レベルE (7)
GOSICK (9)
みつどもえ増量中! (5)
魔法少女まどか☆マギカ (10)
夢喰いメリー (10)
君に届け 2ND SEASON (6)
それでも町は廻っている (10)
荒川アンダーザブリッジ*2 (7)
侵略!イカ娘 (11)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない (12)
Panty and Stocking (8)
STAR DRIVER 輝きのタクト (19)
テガミバチ REVERSE (8)
バクマン。 (6)
モンハン日記 ぎりぎりアイルー村 (7)
屍鬼 (20)
戦国BASARA弐 (11)
世紀末オカルト学院 (12)
学園黙示録 (12)
みつどもえ (13)
ハートキャッチプリキュア (30)
HEROMAN (14)
けいおん!! (18)
アニメ感想 (68)
その他 (30)
未分類 (1)
新世界より (15)
絶園のテンペスト (20)
たまこまーけっと (4)
進撃の巨人 (2)
ガッチャマンクラウズ (2)

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。