すとぅるるるのアニメ日和

≫2012年02月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペルソナ4 20話

温泉といえば…卓球!というわけでアニメオリジナルの要素も盛りだくさん。


それでいて、原作で見たかったシーンもばっちり見せれくれました!


少ない話数の中できっちりとコミュ回収も行なっているのもすごいですね。






今回のコミュ回収は雪子でした。りせちーのように告白はしませんでしたが、


おそらくこれで雪子のコミュはMAXということで間違いないでしょう。


ゲームでは存在する演出が抜けているので少々解りづらいのですが、


それは全員のコミュがMAXになった時に一斉に…という可能性が高そうですね。


それはそれで、熱い展開になりそうで楽しみです♪




雪子の決意に関しては、ゲームと進行が大きく違っていたように思うのですが、


それでも基本的な筋は同じでよく再現出来ていたかと思います。


鳥かごの演出もここまで繋げたのには感服ですね!


最初は雪子のペルソナ(とシャドウ)のデザインが鳥をモチーフにしている、という点から


「鳥かご」を使っていたのだと思っていたのですが、それだけではなかったようです。




確かにあの雪子が飼っていた鳥の話だけをみると、鳥かご=旅館から


巣立っていくことだけが雪子にとって一番いい結果だとも取れなくはないのですよね。


でもそれは違っていて鳥かごを破り、外の世界を知って最後にする決断こそが


一番重要なところなのです。鳥は外の世界で生きることを選んだようですが、


雪子は鳴上先生たちと関わったことによって、「自分一人で生きることが一番正しい道だ」という


思い込みを解消することができたようです。




結局は、外の世界で生きるのも今まで居た場所に留まるのも


自分次第でどちらがいいとも言えないことなのですよね。


最初にシャドウとして現れた雪子は「外」にいくことが重要であると思っており、


それは間違いなく雪子自信の本音でもありました。


そこをきちんと考え直す事が出来たのは、雪子も言っていた通り皆のおかげなのでしょうね。








さて、コミュニティの消化もきちんと進められていて毎回見どころだらけなのですが、


なんといっても今回一番良かったアニメオリジナル要素といえば、


女子風呂にて皆タオルを巻いていないということでしょう!(ぇw


湯気で完全に真っ白にするという小癪な技も使っていませんでしたし、


もう目が離せませんでしたね!w 鳴上先生は案の定、勇気を振り絞って


滞在してくれましたし、大体視聴者の望む選択肢を選んでくれていたのではないでしょうかw




卓球の要素はゲームではなかったのですが、面白かったですねw


陽介と完二も面白かったのですが、その後の菜々子ちゃんの発言が痛すぎてww


あのタイミングで「ペルソナーーーーッ!!」とか先生のキャラ崩壊しすぎです。


まあ純粋な菜々子ちゃんにあんなこと言われたら仕方ないですねw


良い意味で無茶苦茶な展開でした(笑)






直斗ちゃんと菜々子ちゃんの可愛いツーショットも見れたので


今回も文句なしです!w Cパートにて謎の封筒が届いていた事が発覚し


いよいよ次回からはシリアス展開になりそうですね。


ギャグもいいですが、この作品はシリアスの魅せ方も秀逸なので期待するしかありません♪



スポンサーサイト

あの夏で待ってる 7話

前回登場した新キャラ二人があまり好きになれなかったのですが、

幼馴染の方の株は今回で上がりましたねw

物語的にもいい役割だったのではないでしょうか。






幼馴染こと木下さんが海人にフられる前にも失恋していたとは驚きました。

海人が何か木下さんに感じていた違和感はそこなのでしょうけど、

まああの態度だけでそれを感じ取るのは無理でしょう。

ましてや、その直後に木下さんに告白されてしまうのですし、

気遣う暇なんてありません。



木下さんの海人に対する告白の真意は人それぞれ感じ方が違って来そうですね。

私は前回の態度を見る限り、海人を好きだということが嘘とは思えません。

過去に好きだった人と再開して、もっと

好きになってしまう事もなくはないでしょうし、

多分割りと本気だったのでしょう。

もちろんそれと最近フラれた事が全く

無関係だとも思いません。

フラれてすぐだからこそ誰か他の人を好きになりやすい、というのもあったのかもしれませんしね。




そんな失恋の連続の中ですぐに割り切って、両想いであろう

イチカと海人を応援することができた木下さんは良い子ですね。

フラれたから次に誰かを好きになることで

自分の気持ちを紛らわそうとする、という女の子らしい一面もありますが

基本的には場の空気が読める子で

恋愛に不慣れなイチカよりは確実に恋愛スキルが高そうですw

この子が直接イチカを後押しした事は間違いなく

今後の海人とイチカの関係にいい影響をもたらすでしょうね。





映画の撮影に関しては、基本的に物語とリンクする形になりそうですね。

それは即ち、全てが脚本家こと檸檬先輩に見透かされているということを表すのですが、

そこにもいつか誤差が出てくるのかなーと思うと

映画撮影のシーンも目が離せません。

このままずっと檸檬先輩の思うまま…ということもありそうですが、

このややこしい恋愛事情にハプニングがないわけありません。

今までも多くの修羅場がありましたが、

檸檬先輩も予想がつかないようなハプニングにも期待したいですね。





さて、そろそろ役者たちも檸檬先輩の思惑に気付き始めているようですが、

それでも自分の好きな人と接近するチャンスを逃す人物はいないはず。

次回も祭りで浴衣と思いっきりサービス回のようですが、

檸檬先輩が企画した事である以上、何かがあるのでしょうね。楽しみです!



ペルソナ4 19話


ゲームで先にやってしまったので、大体の筋は知っていたのですが


やはりこの作品のギャグ回のクオリティは高いですねぇw


ゲーム以上にサービスなシーンもありましたし、大満足です!




ただ、コミュ回収に関しては、元々内容の濃い学園祭なのでついで程度になってしまっていましたね。


元々コミュニュティの築くのは長い時間をかけてやることみたいなので


(つい最近ゲームをプレイしはじめて知りましたwちなみにまだ途中…。)


その話で出てきた子のコミュを終わらせるのは相当無理なのでしょう。




それに、今回重きを置いていたのはりせちーコミュみたいなので


先生が盛大に告白をスルーした事以外はよかったのではないでしょうかw


せっかくりせちーと仲が深まり告白までさせておいてあっさりスルー!?の展開には


驚きましたが、アニメでは誰とも付き合わないということですかね?


それともりせちーではない誰かと…?とも思ったのですが、やはりここは無難に


全員のコミュをMAXまであげるだけで告白はスルーしていく方針なのかもしれませんね。








イベントに関してはどれも面白い作りになっていましたねぇw




まずはクラスの出し物である「合コン喫茶」。


こちらはゲームでも同じくグダグダだったのですが、


見事に先生が私が選択した結果と違うルートに進んでくれたので


面白かったですwそしてさらに崩壊していく鳴上先生のキャラww


アニメ版の先生は何に対してもノリノリですね。


特に合コンとか王様ゲームとかその辺りのイベントは大好物みたいです。


そして毎度のホモネタに持っていくスタッフには悪意を感じます(笑)






期待の女装ミスコンも安定でしたね。クマがゲーム以上に輝いてましたが、


完二の破壊力もゲームの倍以上だったかと思いますw


ゲームでは完全にがっかりされていた鳴上先生のスケバンも


アニメでは一部女子(+男子w)にウケてましたね(笑)






そしてさらに期待していた女子の(というか普通のw)ミスコン!


もっと水着シーンに気合を入れてくれても…と言いたいところだったのですが、


カーテン越しに恥ずかしがる直斗ちゃんに萌えました(笑)


ゲームでは完全退場ということで出てきてくれなかったのですが、


華奢な背中(残念ながら胸は確認できずw)を拝めたので十分です!


それだけで今回はごちそうさまです!ありがとうございました!w






というわけで非常にサービスサービス♪な学園祭だったのですが、


次回もやっちゃうみたいです(笑) いやはや期待はしていましたけれども(鼻血


勇気MAXな鳴上先生が一体どんなことをやらかしてくれるのか…期待ですねw




ただ、本当に尺が気になりますねぇ。まだゲームをクリアしていないので


どの程度先があるのかわかりませんが、犯人逮捕と鳴上先生の謎の解明、


クマの正体などなど…を4話(?)で終わらせるのはさすがに無茶かとw ミツオの時のように


ゲームとは違う形で話を融合してきてもちょっとキツそうですね。


続きは映画館で!とか言われたらどうしよう…。見に行くしかないですねw(`・ω・´)キリッ




でもアニメでの完結がやはり一番望ましい形なので、


その辺はスタッフさんになんとか頑張って欲しいです。





ペルソナ4 18話

ここで菜々子ちゃんのエピソードを入れる=次の被害者?とか


思ってしまったのですが…どうなるんですかね(汗)


一応、今回菜々子が感じた疑問や父親との関係に決着はついたようなので


シャドウ化する条件はないかな?まだ菜々子が裏に何か隠している事があるとすれば


被害者となる可能性は0ではないかもしれませんが…とにかく菜々子ちゃんが心配!w






今回は菜々子ちゃんにスポットが当てられただけでなく


家族という題材に話を持っていったのも見どころでしたね。




元々菜々子と父親の関係は菜々子が我慢しているから成り立っているようなものでした。


それが今回、さすがに我慢も限界に達したようですね。GWもすっぽかされて


参観日の事も適当に済まされそうになったのですから無理もないでしょう。




だからといって、堂島も悪気があるわけではなかったようです。


ただ、菜々子ときっちり話す機会がなかったから「菜々子のため」と勝手に


思い込んで突っ走ってしまう部分があったのでしょう。母親の事件を追求し続けるのも


「菜々子のため」だと思っていたようですが、子供の菜々子からすれば


そんな事よりも「本当の事」が知りたいはずです。


最後に行われたパーティーは菜々子と堂島が本当の家族になるための


催しでもあったのではないでしょうか。




「隠し事をしているようでは本当の家族とは言えない」




本当にそうなのかはわかりませんが、なんとなく今回のストーリーを


みるとそうなのかなーと思えましたね。時には家族にも黙っておいた方が


いいこともあるでしょうけど、菜々子の歳で親に隠し事をしている子はまあいないでしょうね。


身近な存在である「家族」をテーマにした話がこの作品で見られるとは


思っていなかったのでびっくりしましたが、良い回でした!






心配なのは最初にも書きましたが、菜々子が次の被害者ではと思わされる描写が多かったことですね。


今までも主人公が悩みを耳にした直後くらいにさらわれるのが基本だったので


菜々子も例外ではないかもしれません。できればそうはなってほしくないのですが。




そして次回はまたまたネタ回!?鳴上先生の口調がおかしかったような気がww


この時期にまだネタ回やるのか!と不安にもなるのですが、


ギャグが秀逸なこの作品、期待せずにはいられませんね!(笑)





あの夏で待ってる 5話




ようやく先輩とのギクシャクがなくなった主人公ですが、

次は柑菜とのギクシャクがはじまりそうな予感w

果たして哲郎の助言(?)はどういう結果に繋がるのでしょうか?



前回の次回予告をみた感じだと、柑菜は今回告ってフラれるのかと思っていましたが

どうやら撮影を終えるまで自分の口でいうつもりはないようです。

それなのに簡単に言ってしまった哲郎は本当に柑菜を応援するつもりが


あるのかどうか、怪しくなってきましたね。そもそもこのもつれ合った関係の中で


他人の恋を優先するような人が一人でもいるんですかね?


表面上はみんな自分の恋よりも自分の好きな人の恋を優先しているように


見えるのですが、どんどん汚い部分も見えてきそうで、楽しみだけど不安ですw






檸檬先輩は以前から何か謎めいた感じがありましたが、やはり何かありそうですねぇ。


2話の感想で彼女も宇宙人だったりしない?wみたいなことを書いたのですが、


完全に的外れでもなさそうな気がします。宇宙人ではなかったとしても


あそこまで事実を見通した脚本は普通考えられないでしょう。


宇宙人という設定までならともかく、りのんの立ち位置まで完全に当ててきましたからねぇ。


まだわからないことは多いですが、やはり彼女は要注意人物!


今後も注目する必要がありそうです。






さて、次回は柑菜と主人公の関係に進展があったりするのでしょうか?


あったとしても、悪い方向にしか進まなそうなのですが…


もし哲郎が勝手に自分の想いを伝えていたということを知ると


なかなかとんでもないことになってしまいそうです。




あまりスポットが当てられていない美桜にも進展があるといいですね。


ところで、風呂上がりでもないのに彼女はどうして裸なんですか(笑)


これも檸檬先輩に続く謎になりそうですww





ペルソナ4 17話

今回のシャドウはなかなかの強敵でしたね。


普段は目立ちがちな先生が老化してくれたおかげで、


完二の活躍も見られたのはよかったですw




この完二が直斗に惹かれる…という展開は、直斗が登場した時から


ずっと引っ張られてきました。最初はただのホモネタだと思っていたのですが、


今となっては違いますね。彼が直斗に惹かれる理由はちゃんとありました。




女だと知る前から直斗に惹かれていた完二は、意識こそしていなかったようですが


自分と似ている部分があるとどこかで感じていたのかもしれません。


まず一つは、完二から直接語られた友達づくりの下手さ。


そこはもう先生たちと友達になった時点で克服されたとも取れるでしょう。




でもそれ以上に同じなのは容姿(性別)に対するコンプレックスなのですよね。


完二も中身は優しいですし、多分容姿が違えば友達もできていたでしょう。


直斗も、大人の男なら警察にも認められて万事解決だったのですが…まあ現実は違うわけで。




その変えようのない「容姿」や「性別」を受け入れるということは


意外と難しいと思うのですよね。好みの顔じゃないとかいうコンプレックスは


受け入れることも簡単ですが、完二も直斗も自分の夢や人生に関わることなので


ここまで深く悩んでしまうことになってしまったのでしょう。




それを受け入れた後の直斗の態度にも完二は関心していましたね。


ただ受け入れるだけではなく、それを踏まえた上で違う生き方に進もうとしている。


そういう立ち直りの早さにまた完二はいっそう惚れたようですw


直斗は今のところ完二に特別な意識はなさそうですが、


今後この二人がどうなるのか楽しみですね。


完二ももう自分のコンプレックスを受け入れているので、もしかすると


共通点に気づき惹かれあう…なんてこともあるかもしれません(願望w








最後に、単なる好みの話ですが直斗くんはドストライクです!w


元々私は女の子だけど男の子のフリをしている…というキャラに


惹かれる傾向があるのですが、いきなりデレがきてしかも敬語キャラって!!!


美味しすぎてもう今期は直斗くんしか見えません!w




しかもペルソナゲットしてから直後の健康診断で巨乳疑惑…。


別に巨乳キャラに執着があるわけではないのですが、これはいいギャップ萌えw


早くテレビの世界での活躍もみたいですね。そして疑惑を晴らすために


ぜひ温泉もしくは海回、川でも湖でも!w 今後もたのしみですw





ちはやふる 17話

夏休みに速さを手に入れた瑞沢一同。
いきなり体育祭が始まって驚きましたが、
あのシーンだけで彼らがどれだけ頑張ったのか十分に理解できました!
肉まんくんがテニス部時代の体力からか、
意外と速かったのには驚きましたねw

この作品は、説明にあたるシーンでも視聴者を楽しませてくれるのがいいですよね。
そして体育祭という、学生のビッグイベントをそれだけで済ませてしまう爽快さ!w
不必要なエピソードをぐたぐたと描く作品とはやはり比べ物になりませんw


今回気になるのは、西田先生に言われた「速さを捨てろ」という本当の意味ですね。
性格さや試合の流れを読む能力が千早にら欠けていることは
既にわかっているのですが、突然長所である速さを捨てろと言われても
理解できないでしょう。多分、今回たどり着いた
他の人の良さも取り入れるという答えも
間違いではないのでしょうけど、まださらに何かがありそうな気がします。


机くんとかなちゃんに関しては、経験と強さこそまだまだですが
別の方向で秀でたことがあるのは今後も強みになりそうです。

個人的にショッキングだったのは太一ですねw

彼女さんとの別れ話はいつか来るだろうなーとは思っていたのですが

まさか数秒で終わらされてしまうとは(笑) 切り替えの早さからは

彼が今、如何にかるたのこと以外は考えていないという事が見て取れますw

それでもやはりA級への壁は大きいようですね…。




さて、個人的に今後も注目していきたい三角関係ですが、

過去に新が「お前、卑怯やな」と言ったのを太一はちゃんと覚えてるんですねw

思えばあの時から既に三角関係は始まっていたのですよね。

状況としては完全に太一が有利なのですけど有利だからこそ、

今千早と特別な関係になろうとすることが卑怯であることを理解し、

自重する太一は昔と変わりました。たまに、千早を独り占めしようとしてしまう部分も

あるようですが、それは近くに好きな人がいるから仕方ないことなのですよね。

そこまでは新も卑怯だとは言わないでしょうw


ただ、千早が新と太一をどう思っているのかが微妙なのですよね。

太一と接する態度は時折好きな人に見せる態度にも見えなくはないのです。

でも、多分千早には全然そんな気ないんですよね(苦笑)

どちらかというと、現時点では新に対する憧れの方が恋心に近いような気がします。


視聴者からすれば、太一はこんなにも千早を想ってくれていて

しかも頼れる部長…となるとこれは一択だろ!と言いたいところなのですが、

千早にとって新の存在は大きすぎるのでしょう。

太一は一度居なくなりでもしない限り、その存在の大きさに気づいてもらえなさそうですねw



近江神宮は終わりましたが、今回も安定の面白さでした!

この作品ってクオリティの低い回や、いらないだろっていう回ありましたっけ…?w

今後もこの面白さを維持し続けてほしいですね♪


 | HOME | 

プロフィール

すとぅるるる

Author:すとぅるるる
将来の夢は自宅警備員!とはさすがに言えない歳になってきた…w

アニメやゲーム、絵を描くことなどが好きです。
基本的にはただのオタクで萌え豚。
ツイッターでは記事に書かないアニメの感想や
ゲームのあれこれなどくだらないことを呟きます。


ツイッター


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ

春期アニメ総評 (12)
夏期アニメ総評 (19)
秋期アニメ総評 (15)
冬期アニメ総評 (12)
Fate/Zero 2NDseason (11)
ココロコネクト (1)
ペルソナ4(小説) (1)
ペルソナ4(ゲーム) (7)
ペルソナ4(アニメ) (10)
キングダム (3)
おジャ魔女どれみ16 (3)
あの夏で待ってる (9)
UN-GO (7)
ちはやふる (25)
Fate/Zero (13)
うさぎドロップ (4)
輪るピングドラム (9)
青の祓魔師 (2)
デッドマン・ワンダーランド (5)
C (10)
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 (10)
神のみぞ知るセカイⅡ (7)
TIGER & BUNNY (19)
Steins;Gate (7)
花咲くいろは (9)
イラスト (5)
スイートプリキュア (10)
フラクタル (8)
レベルE (7)
GOSICK (9)
みつどもえ増量中! (5)
魔法少女まどか☆マギカ (10)
夢喰いメリー (10)
君に届け 2ND SEASON (6)
それでも町は廻っている (10)
荒川アンダーザブリッジ*2 (7)
侵略!イカ娘 (11)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない (12)
Panty and Stocking (8)
STAR DRIVER 輝きのタクト (19)
テガミバチ REVERSE (8)
バクマン。 (6)
モンハン日記 ぎりぎりアイルー村 (7)
屍鬼 (20)
戦国BASARA弐 (11)
世紀末オカルト学院 (12)
学園黙示録 (12)
みつどもえ (13)
ハートキャッチプリキュア (30)
HEROMAN (14)
けいおん!! (18)
アニメ感想 (68)
その他 (30)
未分類 (1)
新世界より (15)
絶園のテンペスト (20)
たまこまーけっと (4)
進撃の巨人 (2)
ガッチャマンクラウズ (2)

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。