すとぅるるるのアニメ日和

≫2012年03月30日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペルソナ4 25話(最終回)

現実が辛いから逃げるのではなく、辛い現実も受け入れて立ち向かう悠たち。
足立の言い分も間違ってはいますが、全く共感できないわけでもないのが印象的ですね。

結局、足立のやってることは無茶苦茶で、わがままに他人を巻き込んでいるだけでした。
でも、嫌な現実から逃げるために何もかもから目を背けるというのは
楽でしょうし、実際その生き方を勧めれば喜ぶ人だって多いでしょう。

でも、悠は今まで絆を築くにあたって、たくさんの悩みを抱えている人たちと関わりました。
悩みは些細なことであったり、人の死による重いものだったりと様々でしたが、
結果的に悠と関わったことがその人が辛い現実を受け入れる鍵となったわけなんですよね。
前に進み出した人の存在を知っているからこそ、足立だってまた前に進むことができる。
そう信じて戦った結果は悠の勝利。演出的には「いきなり強くなった?」という感じも
しなくはなかったですが、おそらく思いの強さで悠の方が勝った、ということなのでしょう。
あの時間違いなく、悠の言葉によって足立の心境は変わり始めていましたしね。


悠の言葉で足立の心が動く、というのにも納得です。
結局、彼は悠が羨ましかったのでしょうね。
前回足立が堂島家の食卓に座っているシーンがありましたが、
他の建設物とは違い「破壊」された状態ではなかったのです。

それが意味するのは、「全てなくなってしまえばいい」と思っている世界にも
唯一「なくなってほしくない」と思える場所があったということなのではないでしょうか。
最終的に足立はそこへ戻ることはできませんでしたが、妬んでいた相手に
「まだやり直せる」と気付かされただけでも財産でしょうね。
罪の重さからすると社会復帰は難しいのかもしれませんが…。




さて、こうして終えてみるとやはりラスト近くはすごい加速具合でしたねw
みたいシーンはあらかたやってくれたような気がしますし、満足といえば満足です。
ただ、個人的に気になるのはゲーム未プレイの方の目にはどう映ったのか、ですね。

私も本編が2クール目に差し掛かってしばらく経ってから
ゲームをプレイし始めたのですが、ゲームをやってからの方が
アニメも面白く感じたというのが率直な感想。
となると、よほどキャラクターに魅力を感じない限りは
ちょっと楽しみにくい構成だったのでは…とも思うのですよね。

また、ここ以外でも目にされている情報だと思うので書いてしまいますが、
本当のエンディングはアニメで終えたところではありません。
尺的に厳しいのは十分承知なのですが、こうして最終回で
完結しなかったことによって評価が下がってしまうのも惜しいですね。
もし私がアニメのみの視聴なら「なんだこの不完全燃焼は!」とか言ってるでしょうしw


となると、この作品は新規ファンの加入よりも原作ファンの
要望を叶える、といった意味で行われたのかもしれませんね。
もちろん、新規ファンの加入もあったでしょうし(私もそのうちの一人w)
全く目的とはしていない、というわけでもないでしょう。
でも、ペルソナの合体やコミュとペルソナの関係性などはアニメで一切語られませんでした。
それらを説明されずに見ている視聴者は、
特に日常回を「ただのキャラもの」としてしか見られないと思うのです。

「絆」をテーマにしているのだから、こういった日常のシーンも大事だと
早々に気づいた方はいいですが、序盤原作未プレイで視聴していた私には
日常パートの異様な多さが理解できませんでした。
むしろ、話がなかなか進まなくて「中だるみ」しているのでは、と思った時期もあったくらいです。




でも、逆に言えば原作プレイ済の視聴者には嬉しい演出ばかりでした!

最終回で鳥肌が立ったのはやはり花村の「悠ーー!」から転生への流れです。
ゲームだとコミュニティがMAXになった時点で転生していたのですが、
その時にやらなかったのはやはりこうするためだったのですね。
その甲斐あって「絆」の力を思い知らせるいい演出になっていました。
クサイといえばクサイですが、この王道さと熱さは大好きです!w

後は千枝ちゃん(トモエ)のゴッドハンドの演出もかっこよかったですし、
花村(ジライヤ)がガルダインを撃ったあとのシルエットもよかったです。
個人的に直斗くんと完二の共闘っぷりも…ww


最後に「Never more」が流れてくれたのも嬉しかったですし、
やはり良い点も挙げだすとキリがないですね(笑)

文句のようなこともごちゃごちゃと書きましたが、
アニメの出来としては大満足ですし、OVAの制作も素直に嬉しいです!

毎週の楽しみだったので終わってしまうのは寂しいですが、
ゴールデンが出るまでPS2版を何度もループして我慢しますw

この作品に関わったスタッフ・キャストのみなさまお疲れ様です!
ありがとうございました!OVA楽しみにしてます!w

スポンサーサイト

ちはやふる 25話(最終回)

感じが良くなくても、天才じゃなくてもできる事がある!

天才ばかりが活躍する作品が目立つ中、天才じゃない人間、
むしろ何も持っていないといっていいような人物にもスポットが当てられ、
さらには希望も見え始めました。これで諦めとは完全に縁を切った太一。
こうして気づかせてくれたのが太一たちにとっては「天才」である
新だった、というのも素晴らしいですね!
(実際彼はおじいちゃんに教えてもらってここまで強くなったのですから、
 天才とは違う存在なのですが。)



普通、こういう作品は試合に負けたとか勝ったとか
そういうところで最終回を迎えると思うのですよね。
確かにそういうところで終わればある程度感動してもらえるのは当然ですし、
盛り上がりの部分も作りやすいでしょう。

でも、それに頼らず登場人物の内面的な成長を魅せて
ここまで感動を与えられるこの作品はすごい。
名人戦を見たことによって打ちのめされたメンバーが
再び自分の道を見つけるまでをうまく描いていました。


ちはやにも一字決まりが20首あるというのには驚きましたね。
「ちはやふる~」の時に「ち」の次の音が聞こえる、というのは
何度も言われていましたが、どうやらそれだけではなかったようです。

となると、次の音が聞こえない相手に対して
ほぼ無条件で取ることができる札が13枚あるかもしれない、ということですよね。
(競技かるたでは札を全部使うわけではないので若干減るかとは思いますが。)

現時点の千早は感じが良いだけで、太一のような正確な暗記力や
札に吸い寄せられるような腕の伸びはありません。
でも状況だけを見れば一番クイーンや名人に近しい存在だとも
言えるのですよね。努力では手に入らないものを既に持っているというだけで
十分なアドバンテージになりますから。


逆にそれを持っていない太一のような人は努力でその穴を埋めるしかないのですよね。
でも、不可能ではない。「感じが良くなくても相手より早く札を取ればいい」というのが
新のおじいちゃんの言葉なのですから、おそらくおじいちゃんも
努力で名人までのし上がった人なのでしょう。人に教わる事を知らない
「天才」は師になれない、とも言われてましたし。


となると、競技かるたは「天才」だけがのし上がる競技ではないということになりますね。
今の名人とクイーンは師を持たない「天才」のようですが、
この状況を打破するのが千早たちであってほしいですね!
やはりこういう魅せ方をしている以上、いつかそういう日はくるのでしょうし、
期待せずにはいられません。「天才」が「努力の天才」に破られる瞬間、
これがいつになるのかはわかりませんが、千早たちならいつかやってくれることを
祈って2期を待つしかないですねぇ(笑)



全話を通して、敵味方関わらず人物の心情が本当にうまく描かれていて、
感動しました!人物描写がうまいと、知らなかったはずの競技でも
こんなに楽しんでみられるんですね。

序盤の競技の説明の入れ方などもくどくないのに分かりやすかったですし、
正直どこをとっても抜け目のない作品といっても過言ではないような気がします(笑)

感想に関しては、最速の放送が見られないということもあって
サボりがちだったのですが、本当に全話楽しんでみることができました!

最終回の出来もよかったですし、これは2年生編となる2期を
期待せずにはいられません。その前に原作借りるか買うかしちゃいそうですが…w
ぜひ、制作の方よろしくお願いします!w

この作品に関わったスタッフ・キャストのみなさま、お疲れ様です!
ありがとうございました!



 | HOME | 

プロフィール

すとぅるるる

Author:すとぅるるる
将来の夢は自宅警備員!とはさすがに言えない歳になってきた…w

アニメやゲーム、絵を描くことなどが好きです。
基本的にはただのオタクで萌え豚。
ツイッターでは記事に書かないアニメの感想や
ゲームのあれこれなどくだらないことを呟きます。


ツイッター


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ

春期アニメ総評 (12)
夏期アニメ総評 (19)
秋期アニメ総評 (15)
冬期アニメ総評 (12)
Fate/Zero 2NDseason (11)
ココロコネクト (1)
ペルソナ4(小説) (1)
ペルソナ4(ゲーム) (7)
ペルソナ4(アニメ) (10)
キングダム (3)
おジャ魔女どれみ16 (3)
あの夏で待ってる (9)
UN-GO (7)
ちはやふる (25)
Fate/Zero (13)
うさぎドロップ (4)
輪るピングドラム (9)
青の祓魔師 (2)
デッドマン・ワンダーランド (5)
C (10)
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 (10)
神のみぞ知るセカイⅡ (7)
TIGER & BUNNY (19)
Steins;Gate (7)
花咲くいろは (9)
イラスト (5)
スイートプリキュア (10)
フラクタル (8)
レベルE (7)
GOSICK (9)
みつどもえ増量中! (5)
魔法少女まどか☆マギカ (10)
夢喰いメリー (10)
君に届け 2ND SEASON (6)
それでも町は廻っている (10)
荒川アンダーザブリッジ*2 (7)
侵略!イカ娘 (11)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない (12)
Panty and Stocking (8)
STAR DRIVER 輝きのタクト (19)
テガミバチ REVERSE (8)
バクマン。 (6)
モンハン日記 ぎりぎりアイルー村 (7)
屍鬼 (20)
戦国BASARA弐 (11)
世紀末オカルト学院 (12)
学園黙示録 (12)
みつどもえ (13)
ハートキャッチプリキュア (30)
HEROMAN (14)
けいおん!! (18)
アニメ感想 (68)
その他 (30)
未分類 (1)
新世界より (15)
絶園のテンペスト (20)
たまこまーけっと (4)
進撃の巨人 (2)
ガッチャマンクラウズ (2)

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。