すとぅるるるのアニメ日和

アニメやゲーム、小説の感想などを気ままに更新!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ネタバレ注意】 劇場版 けいおん!!


やはりこの作品をつくるスタッフ・キャスト様たちは素晴らしい!

正直、劇場版では卒業旅行を描くということを聞いたときは

どうしてもTV放送された最後の文化祭や卒業式の良さを超える

作品にすることはできないだろうなぁ、という不安もあったのですよね。


しかし、最終回で歌われた「天使にふれたよ」の視点を変えることで

ここまで面白いものが完成するとは。TV放送では視聴者は「梓視点」で

曲を受ける立場にあったのですよね。そこを「唯たちの視点」にすることで

曲に対する愛着はもちろん、更なる感動が生まれました。

その曲に秘められた想いを知るとより良い曲に聞こえる、というのは当然ですが

まさかこの劇場版で「歌に込めるメッセージ」を主題にすることがあるとは思いもしませんでしたね。


割とお気楽な歌が多い中、憂のために作った歌「U&I」の反響が大きかったのも

歌に込めるメッセージを主題にしたからだったのですが、今回は元々話が完結した上での

制作だったので違和感なく話を盛り込むのは困難だったでしょうねぇ。


その点を考えると、やはりこの作品の作りは素晴らしい。

「後付け」であるはずの作品を完全にストーリーの一部として完成させました。


また、ロンドン旅行だけに話を絞らなかったのもいい点でしょうね。

旅行と聞いて「制服姿が見られない」「クラスメイトが見られない」「後輩組が見られない」と

がっかりした方も多かったみたいなのですよね。 別にそういった方々のための配慮、

というわけではないと思うのですが、確かに制服で演奏する、というのは

この作品の見どころの一つでもあるので、その魅力を潰さずに作り上げたのもさすが。

「けいおん」のファンであるなら誰が見ても面白いと感じられる作品になっていたのではないでしょうか?



この作品の特徴であるキャラクターの描写もやはり素晴らしかったですね。

キャラクターの小さな仕草や表情の変化、

こういった部分を細かく描写するのもこの作品の魅力です。

ただ、単純に「可愛い」と感じさせる描写はやりすぎるとあざとくなってしまうのですよね。


そこにうまくギャグ描写を盛り込むことで、視聴者の笑いを誘うと共に

あざとさをかき消していると思うのですよね。割とこの作品を知らない方は

「けいおん」のことを「単なる萌えアニメ」と認識している事が多いようですが、

実際見てみると媚を売るようなパンチラやエロシーンはありません。


この作品が萌えアニメではない、とは言いませんが

あざとさがないからこそ多くの人にウケる作品になったのでしょうね。


だからといって、全くのサービスシーンがないわけではありません。

これはTV放送の時から好きだった人が多い描写だと思うのですが、

この作品は制服のシーンでやたらと足を写すシーンが多いのですよね。

そこにエロさを感じたりする方もいるでしょう。もちろん演出的な意味が

あるから描写されているのですが、そこの感じ方は人ぞれぞれ。

ここでもこの作品があらゆる層のファンに向けられていることがわかります。



そして劇場版の見せ場であるライヴシーン。これもまた期待していた人が

多かったのですが、結果期待通りだったのではないでしょうか?

私は思ってた以上にライヴシーンが多くて、また魅力的で感動したのですが、

中でも一番嬉しかったのは教室でのライヴシーンですね。


2期2クール目のOPで描かれていた

クラスメイトと一体になって行われている教室ライヴ。

このシーンは実際の放送では盛り込む事ができないからOPで

描かれているんだろうな、と思っていたのですよね。

それを作中で実現してくれたものですから、もうテンション上がりまくりでしたね!w


2期で全員が同じクラスになり、クラスのみんなや学校の生徒たちから

放課後ティータイムが愛されているという設定は個人的に大好きだったのです。

この設定をまた劇場版で見せてくれたのですからこれは喜ばずにはいられないでしょう。




さらに最後にはこれもまたけいおんの醍醐味と言っていいPV。

さすがにOP・EDサイズでの制作が限界だったようですが

衣装も可愛いしどこか百合っぽい演出がまたファンを歓喜させたことでしょう!



他にも前髪を下ろしたりっちゃんが見られた事や、布団の上で寝転がるりっちゃん、

EDのりっちゃん、澪ちゃんに怒られるりっちゃん…と上げ出せばきりがないくらい

嬉しい描写が盛りだくさんでした!w 視聴後すぐに「またもう一度みたい」と思ってしまいましたね。

「何度も映画館に足を運ばなければいけない」という商法もお金さえあれば案外ちょろいかもしれませんw


語り出せば止まらないのですが、これ以上語ると単なる萌え語りになりそうなのでやめておきますw




結論、この作品の良さは本当にブレないな、ということです!

ファンが望む作品を望まれている以上の作品に

作り上げられるスタッフ様に感謝すると同時にまた続きを求める気持ちが生まれてしまいましたね。

個人的に「面白いから」と言っていつまでもダラダラ続ける作品は落ちるばかりだと思っていたのですが

この作品のスタッフ様たちはファンを裏切らないような気がします。

まだ続きが作られるなら期待しないわけはありません。

とにかく今はこの劇場版を再び見れる機会を待つことにしますかw

できれば劇場にもう一度足を運びたいところ…ww



スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://strrratgpt.blog.fc2.com/tb.php/513-1702d2f7

«  | HOME |  »

プロフィール

すとぅるるる

Author:すとぅるるる
将来の夢は自宅警備員!とはさすがに言えない歳になってきた…w

アニメやゲーム、絵を描くことなどが好きです。
基本的にはただのオタクで萌え豚。
ツイッターでは記事に書かないアニメの感想や
ゲームのあれこれなどくだらないことを呟きます。


ツイッター


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ

春期アニメ総評 (12)
夏期アニメ総評 (19)
秋期アニメ総評 (15)
冬期アニメ総評 (12)
Fate/Zero 2NDseason (11)
ココロコネクト (1)
ペルソナ4(小説) (1)
ペルソナ4(ゲーム) (7)
ペルソナ4(アニメ) (10)
キングダム (3)
おジャ魔女どれみ16 (3)
あの夏で待ってる (9)
UN-GO (7)
ちはやふる (25)
Fate/Zero (13)
うさぎドロップ (4)
輪るピングドラム (9)
青の祓魔師 (2)
デッドマン・ワンダーランド (5)
C (10)
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 (10)
神のみぞ知るセカイⅡ (7)
TIGER & BUNNY (19)
Steins;Gate (7)
花咲くいろは (9)
イラスト (5)
スイートプリキュア (10)
フラクタル (8)
レベルE (7)
GOSICK (9)
みつどもえ増量中! (5)
魔法少女まどか☆マギカ (10)
夢喰いメリー (10)
君に届け 2ND SEASON (6)
それでも町は廻っている (10)
荒川アンダーザブリッジ*2 (7)
侵略!イカ娘 (11)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない (12)
Panty and Stocking (8)
STAR DRIVER 輝きのタクト (19)
テガミバチ REVERSE (8)
バクマン。 (6)
モンハン日記 ぎりぎりアイルー村 (7)
屍鬼 (20)
戦国BASARA弐 (11)
世紀末オカルト学院 (12)
学園黙示録 (12)
みつどもえ (13)
ハートキャッチプリキュア (30)
HEROMAN (14)
けいおん!! (18)
アニメ感想 (68)
その他 (30)
未分類 (1)
新世界より (15)
絶園のテンペスト (20)
たまこまーけっと (4)
進撃の巨人 (2)
ガッチャマンクラウズ (2)

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。