すとぅるるるのアニメ日和

アニメやゲーム、小説の感想などを気ままに更新!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fate/zero 2NDシーズン 20話

ライダー陣営の登場でほっこり(*´∀`*)…してる場合じゃなかったですね(笑)

切嗣の過去編が終わって、ストーリーはまた本筋に戻ったわけなのですが
アイリがそろそろ本当にヤバそうだったり、
各陣営も本格的に他のマスターを倒しにかかろうとしています。
いよいよ第4次聖杯戦争にも終わりが近づいてきた、というところでしょうか。


さて、今回はどこの陣営も大きな動きがあったので
陣営ごとにわけて色々と考察したいと思います。




まずはライダー陣営。彼らはやはり誰が見ても一番マスターとサーヴァントの
相性がいいコンビですね。ただ一つだけ合わない点といえば聖杯に対する考えでしょう。

聖杯戦争に参加している誰しもが思うであろう「聖杯とは本当に存在するのか」という疑問。
この疑問を持つのは2人とも同じなのですが、ウェイバーは真実などどうでも良く、
ただ自分にもできることがあると証明するためにそれを求めているようです。
要するにウェイバーは聖杯への祈りを果たすことが一番の目的ではないのですよね。
それを知っているからこそライダーもイマイチ乗り切れないのでしょう。

でもライダー自身は一応「受肉」という野望があるので聖杯を
欲していないというわけではありません。単純にいけばここで利害が一致し、
聖杯をとろうよ!といった流れになるのが普通なのですが、
そうならないのはライダーの前科にも原因があるように思います。

彼は自分の野望のために多くの人を犠牲にしてしまった、と言っていました。
おそらく、当初の自分の無鉄砲さを悔いているのでしょうね。
彼の王道に惹かれ、賛同する人々が多く死んだのですから
自分の所為だと思ってしまうのも無理はないでしょう。

ですが、その犠牲となった人々は皆、自分の意志でライダーに賛同し
同じ道を進もうとした者たちです。私としては死んだのも自己責任。
ましてや自分のやりたいことを全うして死んでいったのですから
その人々は無駄死にではないと思います。

でも、その人々とウェイバーが同じ存在かと聞かれれば違いますよね。
少なくとも、ウェイバーはライダーについて行くだけの存在ではありません。

だからこそ余計に、同じように自分の野望のためにウェイバーを巻き込むのが
嫌で仕方ないのでしょう。ランサーがそうだったように英霊のほとんどは
自分の過去の過ちを正したいから聖杯戦争に参加しているのですから当然ですね。

おそらくライダーはウェイバーがライダーに賛同する存在だったとしても
巻き込むことを躊躇したでしょう。それもまた前科があるから、となりますし、
なによりウェイバーの願いは今ここで命をかけて聖杯をとることで
果たされるとは限らない願いなのですしね。
というかむしろ、ここで聖杯を勝ち取るという方法よりも
もっと別の方法で果たすべきことなのでは…とも思えます。
これもおそらくライダーがウェイバーを巻き込みたくない理由の一つでしょうね。


まとめると、彼らは相性がいいのですが求めるものが違うのですよね。
ライダーは万が一ウェイバーが聖杯を手にした時に彼が変わってしまうのも怖いのでしょう。
なんだかんだでウェイバーの自分と似た無鉄砲さ、
高みを目指すために努力を惜しまない心構え、正義感の強さなど
上げればキリがないほど大切にしたい部分が多いはずです。

そんなウェイバーに今のままでいて欲しいから聖杯をとるのはちょっと…とも
思い始めているのかもしれませんね。それでもマスターであるウェイバーが
望む限り、今一番ウェイバーがやってほしいと思っていることをやるのでしょうけど。





次はセイバー陣営についてです。


舞弥は自分が空っぽだとか人間らしくないとか言いますが、
既にそれは人間らしさを持っているということの現れではないかと思います。

おそらく舞弥が切嗣に「昔の切嗣=人間らしくない切嗣」であってほしいと思うのは
自分が「人間らしさ」を取り戻すことによってどれだけの悲しみを背負うかを
理解したからなのでしょうね。人間らしくあることは機械のように
生きることよりも苦しいことだと感じたからなのかもしれません。

でも、それと同時に舞弥は人間らしさを得ることで切嗣のことを想い
ただ効率だけを考えて機械的に動くモノではなくなりました。
それはアイリと一緒に綺礼に挑んだ時もそうでしたし、
そう考えるとかなり前から舞弥にも人間らしさが芽生えていたのだと考えられます。

そんな彼女が退場してしまったのは正直非常に残念ですね。
今までは彼女に特別な感情はなかったのですが、
彼女もアイリと同じように切嗣に「人間らしさ」を貰った存在だと気づいた今
彼女の死はただ切嗣の「機械」が死んだというものではなくなったように思います。

唯一救われたな、と思うのは「人間らしさ」を得たことによって
苦しみながらも誰かを愛して逝けたのはよかったのではないでしょうか。
「機械」として人生を終える方が楽ではあったでしょう。
でもそんな生き方に意味はありません。それを知っているからこそ
切嗣は自分の周囲の人間に無意識に人間らしさを与え続けているのですね。
せめて自分以外の人間は「人間らしさ」を捨てずに生きて欲しいと。

こういった彼の無意識な優しさは実際に彼と触れ合わなければ
気づくことはないのでしょうね。だからセイバーは切嗣と対立するばかり。
舞弥の死に続いてアイリスフィールがさらわれたのですから、
そろそろ二人の距離が縮まるエピソードがあってもいいかな、とは思うのですが。




次回はいよいよライダー対セイバー?なのでしょうか?
どうもアイリスフィールをさらったり舞弥を殺したり…というのが
ライダー陣営のすることに思えないのですが、
これは私の目に勝手な補正が入ってるだけなのでしょうか?w

そもそも、夜まで休めば…と言っていたので夕方時点での
行動はおかしいかなーとかいろいろと疑問に思う部分が多いですね。
でも偽物とかそんなの出せる宝具とかあったけ…と考えるとやっぱり
普通にライダーが聖杯の有無を確かめるために動いたと考えるのが妥当?

わからない部分は多いですが、来週までゆっくりと考察して
待つしかなさそうですね(笑) 次回も楽しみです!
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://strrratgpt.blog.fc2.com/tb.php/574-75a8c916

Fate/Zero 2ndシーズン #20「暗殺者の帰還」感想

いきなり感動のお別れのシーンですか・・・聖杯戦争も佳境に入りピリピリしてきましたね久々にウェイバー・ライダー組の 魔力による思いやり迷惑を掛けたくないって考えは一方では...

Fate/Zero 第20話 「暗殺者の帰還」

「舞弥、お前の役目は…終わりだ……」 舞弥の最後。言葉だけなら冷徹にも見える切嗣の台詞も舞弥を安心して眠らせてやろうという慈愛に溢れていてそれを受け死に行く舞弥の最後の

Fate/Zero 20話「暗殺者の帰還」感想

Fate/Zero 20話「暗殺者の帰還」 【あらすじ】 ライダー組が動きだす・・・ 切嗣さん急いで! ◆時臣邸を襲撃する切嗣 ライダーと交戦することでアーチャーが来る事を想定して

Fate/Zero 第二十話 暗殺者の帰還

Fate/Zero 第20話。 聖杯戦争最終局面に向けての各陣営の覚悟。 以下感想

「Fate/Zero」第20話

切嗣の、涙… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201205200001/ to the beginning(アニメ盤)(DVD付)Kalafina SME 2012-04-18売り上げランキング : 94Amazonで...

Fate/Zero 20話「久宇舞弥の死。泣くな切嗣」(感想)

過去も無く、 また未来に生きる理由もない久宇舞弥。 彼女にとって聖杯戦争とは一体何だったのか。 セイバー陣営はアイリスの命が尽きかけ ライダー陣営は魔力の補給が要で バー...

Fate/Zero 2ndシーズン 20話 暗殺者の帰還 感想

舞弥さんまでも退場してしまわれた・・・ 2クール目に入ってからほぼ毎週のように退場していきますが、もう鬱展開しか待ってなさそうで 毎週お通夜状態みたいだねorz アイリスフ...

Fate/Zero第20話感想

記事はこちら(TBもこちらへ) 元記事はhttp://sigerublog.txt-nifty.com/utakata/2012/05/fatezero-f9bf.html

Fate/Zero 第20話 「暗殺者の帰還」 感想

ウェイバーとライダーのコンビはやっぱりいいですね。 久宇舞弥、いい女だったのに……、切嗣のジンクスはここでも 発揮されちゃいました。 佳境に近づく聖杯戦争。 その影響は

Fate/Zero 第20話「暗殺者の帰還」

アイリはもう限界で動くこともできない 。゚(゚´Д`゚)゚。 会いに来てくれた切嗣に エクスカリバーの鞘・アヴァロンを託す。 最後の戦いで必ず必要になるはずだから。 感情...

『Fate/Zero』#20「暗殺者の帰還」

「私が求めているのは戦いの終焉よ。 どうか今回の4度目を、最後の聖杯戦争にして欲しい」 最後の戦いに向けて準備に入る各々。 切嗣は弱りきったアイリからアヴァロンを返され

Fate/Zero 20話 「暗殺者の帰還」 感想

イギリス人に日本の食をどうこう言われる筋合いはねーぞ!

Fate/Zero -フェイト/ゼロ- 第20話 「暗殺者の帰還」 感想

揺らぐ事のない信念を胸に―

アニメ感想 Fate/Zero 第20話「暗殺者の帰還」

「駄目だよ、泣いたら・・・」

Fate/Zero 第20話

関連リンクhttp://www.fate-zero.jp/第二十話 暗殺者の帰還蔵へ戻った切嗣そしてその中で寝ているアイリ今回から本編再開です。アイリとの邂逅…アイリの元へ戻った切嗣はまるで最後の会話...

アニメ Fate/Zero(フェイト ゼロ) 第20話「暗殺者の帰還」 感想

2話の過去話を経て充電完了?より冷ややかな目つきになった切嗣ですがこれが舞弥のい

Fate/Zero:20話感想

Fate/Zeroの感想です。 やはり涙は枯らせなかったか…。

Fate/Zero 2ndシーズン第20話感想。

そういやこれ全何話だっけ? 25? 6? 以下、ネタバレします。ご注意を。

Fate/Zero 第20話 『暗殺者の帰還』

アイリが先かと思ったら舞弥だった。アイリスフィールはホムンクルスで聖杯の器。サーヴァントが倒されるたびにどんどん本来の聖杯に戻っていく。セイバーと切嗣が攻撃に打って出る...

Fate/Zero 第20話「暗殺者の帰還」

『佳境に近づく聖杯戦争。その影響は、聖杯の守り手であるアイリスフィールの身体に影響を及ぼしつつあった。アイリスフィールのもとを立ち去る切嗣は、かつて久宇舞弥と共に戦場に...

Fate/Zero 第20話 「暗殺者の帰還」 感想

 切嗣過去編も終わり、物語は再び聖杯戦争へ。残る陣営も少なくなってきて、戦いもいよいよクライマックスへ。そして今回も犠牲者が…これで切嗣のまあいいやも聞き納めだと...

Fate/Zero 第20話「暗殺者の帰還」

Blu-ray Disc Box II [Blu-ray]『 ダメだよ…泣いたら…』 制作 : ufotable 監督 : あおきえい 衛宮切嗣:小山力也   セイバー:川澄綾子   アイリスフィール:大原さやか 遠坂時臣:

Fate/zero~第二十話「暗殺者の帰還」

 奇跡をかなえるという聖杯を求める選ばれし7人の魔術師の戦い。 セカンドシーズンスタート、第20話場面1 切嗣  魔法陣の上に横たわるアイリスフィール 切嗣がアイリのも...

Fate/Zero 第20話 暗殺者の帰還

切嗣はアイリの元を訪れ、死へと近づく妻と言葉を交わし、切嗣にこそこの先必要と、体内に埋め込んだ全て遠き理想郷(アヴァロン)の返却を受けます。 その存在ゆえに幸薄い ...

Fate/Zero 第20話 『暗殺者の帰還』

うわああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ...

Fate/Zero 第20話「暗殺者の帰還」

聖杯戦争は佳境へ・・

(アニメ感想) Fate/Zero 第20話 「暗殺者の帰還」

投稿者・ピッコロ to the beginning(アニメ盤)(DVD付)(2012/04/18)Kalafina商品詳細を見る ☆アニメを濃く熱く語りたい人は集まれ~!毎週水曜日と金曜日夜11時からアニメ系ネットラジオ「

2012年02クール 新作アニメ Fate/Zero 2 第20話 雑感

[Fate/Zero] ブログ村キーワード Fate/Zero 第20話 「暗殺者の帰還」 #Fate2012 #ep20 大作 Fate/Zeroのセカンドシーズン であります。本作は『Fate/stay night』の10年前(第四次聖杯戦争)の物語...

«  | HOME |  »

プロフィール

すとぅるるる

Author:すとぅるるる
将来の夢は自宅警備員!とはさすがに言えない歳になってきた…w

アニメやゲーム、絵を描くことなどが好きです。
基本的にはただのオタクで萌え豚。
ツイッターでは記事に書かないアニメの感想や
ゲームのあれこれなどくだらないことを呟きます。


ツイッター


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ

春期アニメ総評 (12)
夏期アニメ総評 (19)
秋期アニメ総評 (15)
冬期アニメ総評 (12)
Fate/Zero 2NDseason (11)
ココロコネクト (1)
ペルソナ4(小説) (1)
ペルソナ4(ゲーム) (7)
ペルソナ4(アニメ) (10)
キングダム (3)
おジャ魔女どれみ16 (3)
あの夏で待ってる (9)
UN-GO (7)
ちはやふる (25)
Fate/Zero (13)
うさぎドロップ (4)
輪るピングドラム (9)
青の祓魔師 (2)
デッドマン・ワンダーランド (5)
C (10)
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 (10)
神のみぞ知るセカイⅡ (7)
TIGER & BUNNY (19)
Steins;Gate (7)
花咲くいろは (9)
イラスト (5)
スイートプリキュア (10)
フラクタル (8)
レベルE (7)
GOSICK (9)
みつどもえ増量中! (5)
魔法少女まどか☆マギカ (10)
夢喰いメリー (10)
君に届け 2ND SEASON (6)
それでも町は廻っている (10)
荒川アンダーザブリッジ*2 (7)
侵略!イカ娘 (11)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない (12)
Panty and Stocking (8)
STAR DRIVER 輝きのタクト (19)
テガミバチ REVERSE (8)
バクマン。 (6)
モンハン日記 ぎりぎりアイルー村 (7)
屍鬼 (20)
戦国BASARA弐 (11)
世紀末オカルト学院 (12)
学園黙示録 (12)
みつどもえ (13)
ハートキャッチプリキュア (30)
HEROMAN (14)
けいおん!! (18)
アニメ感想 (68)
その他 (30)
未分類 (1)
新世界より (15)
絶園のテンペスト (20)
たまこまーけっと (4)
進撃の巨人 (2)
ガッチャマンクラウズ (2)

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。