すとぅるるるのアニメ日和

アニメやゲーム、小説の感想などを気ままに更新!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ネタバレ注意】ペルソナ4 劇場版感想

Persona4 the ANIMATION -the Factor of Hope- の感想です。
中盤くらいからはネタバレありの感想になりますので、
まだ見られていない方はご注意を~


期待よりも不安の方が大きかったのですが、実際に見てみると大満足!

原作プレイ済みの私は「ここでこれが来るか!」と構成のうまさに驚かされました。
アニメのみの視聴の方はアニメでは語られなかった物語の重要な部分が
語られたというわけで、原作組とは違う興奮が味わえたのではないでしょうか。

結論から言いますと、ペルソナ4が好きならアニメ組も原作組も
違った形で楽しめるように作られていたような気がします。
ラストに向けてのシリアス展開の良さはもちろん、アニメ本編で語りきれなかった
あんなイベントやこんなイベントも見られて、充実した90分でした。

アニメ組には少々構成がわかりづらく感じられる部分もあったかもしれませんが、
キャラクターの心情の変化に重きを置いてみていれば問題なし。
十分ストーリーに入り込める作りになっていたのでそこまで気にする必要はないかとw

…と言いつつも自分用に時系列を並べてみたメモは作りました(笑)
覚えている範囲なので多少間違いがあるかもしれませんが、
時系列の整理が追いつかなかった方は参考にしていただければ、と思います。
間違いがあれば指摘していただけると嬉しいですw

もう一度見に行くチャンスがあれば自分で確認もしたい…!


【以下ネタバレ注意です。重大発表に関しては触れてません】

めも


簡単にまとめただけなので少々わかりにくいですが、
大体の流れはこんな感じだったと思います。

この複雑な時系列をみると、総集編としてまとめるのは
失敗していたのでは?とも思えなくもないのですが、
メモでみるのと実際本編をみるのとでは全然印象が違います。
実際に本編を見れば、時系列のややこしさは気になりませんでした。

今回、こうして時系列をめちゃくちゃにして流す必要があったのは
やはり尺の少なさが理由でしょうね。おそらくアニメで語られた部分だけを
総集編にしようとおもっても、あれだけ濃密な話を最初から流すというのは
無茶だったのでしょう。できたとしても、何がなんだかわからないまま話が進められて
視聴者はおいてけぼりになっていたでしょうね。

その総集編にあたる部分を退屈に感じさせないために
キャラクターの会話を入れていたのはユニークでした。
そうすれば、その時いなかった特捜隊のコメントも聞けますし、
本編で何度も見た人でもまた違う形で楽しめたのではないでしょうか。
特捜隊メンバーが回想している、という形での総集編だったので
違和感も少なくなっていたかと思います。


後、個人的に評価したいのはマーガレット戦の入れ方ですね。
ゲームだと彼女は倒しても倒さなくてもいい存在、いわば「裏ボス」のような
位置づけになっているので、違和感なくストーリーに盛り込むのは無理だと思っていたのですよね。
それを打ちのめされた番長を励まし、立ち上がらせる存在として登場させるという改変は素晴らしい!
戦いの中でコミュの仲間との絆を再確認するというのも胸熱でしたし、
少々手荒ではありましたが(笑)、結果としてあの場でマガ戦を入れるのが一番妥当だったと思います。


ファン待望の影番長の登場もうまく作られていましたね。
不足、というほどではありませんが、ゲームでもアニメでもあまり触れられていなかった
番長が前いた学校ではどんな生活を送っていたか、
稲葉に来てすぐの番長がどんな思いだったのかなどの掘り下げも兼ねられていました。

シャドウとして現れた番長の泣き顔とシャドウを受け入れる番長の泣き顔も印象的でしたし、
オリジナル展開でいいシーンを取り入れたなーと感動するばかりです!

この時の病み番長がギャグなのかマジなのかわからなかったのもツボでした(笑)
「みんなずっと一緒だよな…!」の時はさすがに怖かったですが、
それ以外のクマの案を承諾、陽介の口にムドオンカレーぶち込んで大爆笑の流れは
割と通常運転に感じられて面白かったですw 
見ている時はシリアスシーンだという認識で「番長…(´;ω;`)」となっていたのですが、
今思えば笑うシーンだったのかなーとも思ったりwプリンとゼリーは謎…。



さて、そして今回で初めてアニメ化されたイザナミ戦に関しては、
尺こそ短かったものの、演出の素晴らしさでそんなことは全く気にならないような出来でした!

むしろ、仲間が徐々に居なくなっていくシーンはゲーム以上に恐ろしかったですね…。
千枝ちゃんの足エロいとか思ってる場合じゃなかったです!(ぉぃw

このあたりの演出はさすがペルソナスタッフといったところでしょう。
この後みんなが助かるのもわかっていたはずなのですが、
みんなの悲痛な叫びに泣きそうになりましたよ…。
仲間がみんないなくなるとか、絶望するしかないじゃない!と。


後は、ゲームでもそういう意味を込めていたのかーと地味に関心させられたメガネ。
幾万の真言を発する時にメガネを捨てていたのはカッコつけていたわけじゃなかったんですね(笑)
「こんなモノ(クマお手製w)に頼らなくても真実はつかめるんだ!」という番長の意気込みが
とてつもなくかっこよかったですね。アニメ初の伊邪那岐大神さんも素敵でした!


さらに、アニメでは少々急ぎ足だったお別れシーンも大幅に追加!
一人一人のセリフの量も増えていましたし、真エンド仕様というわけで
番長が去った後で花村と千枝ちゃんが一言→クマの語りがきちんと入っていました。
あのシーンのクマのシーンは「クサイ」と言われればそれまでですが、
この作品が描こうとしていた事をきちんと理解できていたなら
深い言葉として受け取ることができたのではないでしょうか。



というわけで、最後には重大発表もあり盛りだくさんすぎる90分でした。
(Twitterなどで見た方も多いかもしれませんが、情報に関しては一応伏せますね)
期待も不安もありましたが、想像以上の出来栄えにまた見に行きたいと思うばかりです!

アニメも劇場版もゲームも、素直におすすめできる作品なので
今後の商品展開にも期待したいですね。とりあえず、ペルソナ4が好きなら
今週14日発売のP4Gは買うべし!w この作品によって失うものは多いですが(金銭的な意味でw)
得るものも多いと思います。キズナトテモダイジ!というわけで14日以降は
友達との関係を一時断絶し、P4Gを頑張ります(黙w

スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://strrratgpt.blog.fc2.com/tb.php/579-470d40b5

«  | HOME |  »

プロフィール

すとぅるるる

Author:すとぅるるる
将来の夢は自宅警備員!とはさすがに言えない歳になってきた…w

アニメやゲーム、絵を描くことなどが好きです。
基本的にはただのオタクで萌え豚。
ツイッターでは記事に書かないアニメの感想や
ゲームのあれこれなどくだらないことを呟きます。


ツイッター


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ

春期アニメ総評 (12)
夏期アニメ総評 (19)
秋期アニメ総評 (15)
冬期アニメ総評 (12)
Fate/Zero 2NDseason (11)
ココロコネクト (1)
ペルソナ4(小説) (1)
ペルソナ4(ゲーム) (7)
ペルソナ4(アニメ) (10)
キングダム (3)
おジャ魔女どれみ16 (3)
あの夏で待ってる (9)
UN-GO (7)
ちはやふる (25)
Fate/Zero (13)
うさぎドロップ (4)
輪るピングドラム (9)
青の祓魔師 (2)
デッドマン・ワンダーランド (5)
C (10)
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 (10)
神のみぞ知るセカイⅡ (7)
TIGER & BUNNY (19)
Steins;Gate (7)
花咲くいろは (9)
イラスト (5)
スイートプリキュア (10)
フラクタル (8)
レベルE (7)
GOSICK (9)
みつどもえ増量中! (5)
魔法少女まどか☆マギカ (10)
夢喰いメリー (10)
君に届け 2ND SEASON (6)
それでも町は廻っている (10)
荒川アンダーザブリッジ*2 (7)
侵略!イカ娘 (11)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない (12)
Panty and Stocking (8)
STAR DRIVER 輝きのタクト (19)
テガミバチ REVERSE (8)
バクマン。 (6)
モンハン日記 ぎりぎりアイルー村 (7)
屍鬼 (20)
戦国BASARA弐 (11)
世紀末オカルト学院 (12)
学園黙示録 (12)
みつどもえ (13)
ハートキャッチプリキュア (30)
HEROMAN (14)
けいおん!! (18)
アニメ感想 (68)
その他 (30)
未分類 (1)
新世界より (15)
絶園のテンペスト (20)
たまこまーけっと (4)
進撃の巨人 (2)
ガッチャマンクラウズ (2)

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。