すとぅるるるのアニメ日和

アニメやゲーム、小説の感想などを気ままに更新!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶園のテンペスト 24話(最終回)

吉野が撃たれたのは腕だった!というのはある意味衝撃的でしたねw
前回散々吉野の死がどうたら書いていたのに、全部チャラじゃないですか!w
まあこれは早とちりをした自分が悪いということで締めくくり、本編の感想に移りたいと思います。


愛花のメッセージと今回勝利の鍵となったものを見れば、
やはり「愛花の不始末」は不始末ではなく愛花が2人に、
またその他の人々に託した結果であると考えられますね。
最終的に鍵となった剣は絶園の樹から生まれ、皆を照らす光となりました。
これだけで確信するのもまたどうかと思いつつ、やはりこれは
愛花自身の意思から生まれたものだと考えられるのでしょう。

それが生まれる瞬間に周囲の人々を傷つけないように働いたのが鎖部の魔法使いたちでした。
こうした人々の想いが重なった瞬間だったからこそ
この剣は光として生まれることができたというのもあるのかもしれませんね。
逆に、鎖部の者たちが現れなければ「光」として具現していなかったという可能性も考えられます。
その発生だけで人々を殺めてしまっていた可能性だってありますからね。
そんな一歩間違えれば危険なものをこの世に託したのも
おそらくは愛花が人々を信じていたからなのでしょう。

敵対してもおかしくない鎖部との共闘は今回の勝利において
最重要事項であったと思います。それが叶ったからこそ今回の勝利があり
それを叶えたのは吉野と真広という一般人。結局のところ根本は全て
この2人に託されていたということになりますが、
その後2人と共に戦う事を決めた仲間たちの存在も忘れてはなりません。

出会ったこともない人々に愛花はどうしてそこまでの期待ができたのか?という疑問も
真広と吉野の切っても切れない関係を観ていたからという事で解消できます。
普通の学園生活を送っていた頃から吉野と真広にはお互い以外の友達なんていませんでした。
これは単純に2人の人を寄せ付けないオーラや性格に問題があるという解釈もできますが、
中途半端な付き合いをする程度の人間はこの2人に寄り付かない、と
愛花が知っていたとも考えられます。 結局のところ愛花はほとんどの期待を
2人に込めていたことになりますが、鎖部一族の者や山本さんたちは
その期待されている2人と共闘してくれる素晴らしい仲間となりました。
これは愛花の意思とは関係のない部分ではありますが、そういった人物が
必ず2人の周囲に現れるということももしかするとなんとなくわかっていたのかもしれません。


愛花がどれだけすごい人物であったのか、最終回でまた思い知らされました。
しかし、真広が上に立つ人物として認められたのもすごいことだと思います。
人の上に立つ者は周囲の目を気にせず、己を貫ける者だというのにはなるほど、と思わされました。
それはもちろん、自己中心的な人物であるという意味ではなくて、
周囲の顔色を伺いながら判断を下すような人は上に立つ人物としては
向いていない、という話なのですよね。真広は元々自己中心的な部分もあったのですが、
この長い戦いを経て、本人の生き方の方向性が大きく変わったように思います。
愛花の死と踏ん切りを付けられたのもそれが理由ですし、吉野以上に
作中での成長は大きかったのではないでしょうか。

吉野も成長がないというわけではなくて、愛花の死を心から悲しみ
それでいて自分の中で決着も付けられたように思います。
だからこそ最後に葉風と真っ直ぐ向き合うことができたのでしょう。
この後どうなるかはわかりませんが、葉風の想いも報われるといいですね。

真広が言った、「吉野が他の彼女を作れば赤の他人」という台詞は
気がかりでした。この言葉の意味が「他の彼女を作るな」という意味では
ないということはわかりますが、赤の他人になる=今までのように
2人で歩いていく必要はない、ということになるのでしょうか?
それぞれの道を見つけた今、確かに2人が共にいる必要はなくなりました。
これによって、今までの深い関係とは違って普通に友達として
始めようという事なのですかね?私はそういう意味としてとりたいのですが、
このシーンが描かれた真意がどういうものなのかは気になりますね。


こうして終えてみると、目立った消化不良もなくすっきりと
終わらせてくれたような気がします。最終回としての見せ場は
もちろん、後日談にあたる部分もじっくり魅せてくれたのはよかったです。

キャラクターの面白さ、中盤以降のギャグも大好きでした!
この作品に関わったスタッフ・キャストのみなさまお疲れさまです。
素敵な作品をありがとうございました!
スポンサーサイト

Comment

[530]

絶園の魔法使いは唯一樹のシステムについての知識が与えられている存在です
急造のバックアップだった羽村は別ですが

で、鎖部一族がはじまりの樹を倒そうと考えない限りはじまりの樹の弱点であるコアが現れず、仕留めるための絶園の剣も使用出来ません
鎖部一族との共闘ははじまりの樹を倒すための絶対条件で、それを知っているからこそ「姫宮が樹を倒す決意をしたら自ら赴く予定だった」と言ったわけです
勿論、樹による人類への試験なわけですから、愛花自ら樹の秘密を教える事は出来ない制約も課されてます

そういう前提なので、葉風から自分が死んだ場合の未来では達成困難な条件がクリアされてると聞かされたので、彼女は迷わず死を選んだわけです
彼女の知る限り、最も確実に樹を倒せる方法になるのですから

[531] Re: タイトルなし

コメントありがとうございます!

> 絶園の魔法使いは唯一樹のシステムについての知識が与えられている存在です

愛花だけがあれほどの情報を知り得ていたのにはそういう理由があったのですね。
アニメでは説明がありませんでしたが、そういう設定があるのならより納得できます。

> 鎖部一族との共闘ははじまりの樹を倒すための絶対条件で…

やはりそうでしたか。絶園の魔法使いとして強大な力を持つ愛花が
単独で行動を起こさなかった理由もそこにあったというわけですね。

> そういう前提なので、葉風から自分が死んだ場合の未来では達成困難な条件がクリアされてると聞かされたので、彼女は迷わず死を選んだわけです

彼女が死んだ後の世界がうまくいっているから過去の彼女も迷わず死を選ぶ、というのは面白いですよね。
この作品には他の作品にない不思議な魅力があったように思います。
普通なら首を傾げてしまいそうなところをうまく誤魔化しているというか、納得させられてしまう。
最近よくある高校生が活躍する作品もこういうところは見習ってほしいですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://strrratgpt.blog.fc2.com/tb.php/651-d3a28e00

絶園のテンペスト #24 (終)「それぞれの物語」

面白かったです! 最初どうなるかと思ったけど、左門さんが迷走し始めてからが最高でしたww 左門さんの予想⇒反対の繰り返しで、左門さんが可哀想でしたwww エピローグが結

絶園のテンペスト #24 最終回

『それぞれの物語』

絶園のテンペスト 第24話「それぞれの物語」

「僕たち 随分遠くへ来たな」 「遠く? 馬鹿言え  ここは始まりの場所だ、こっから歩き出すんだよ」 絶園のテンペストもついに最終回! 御柱を倒し世界を救い 未来に進む事は出来る

絶園のテンペスト 第24話「それぞれの物語」

巡洋艦と調査船を突破し御柱の前にたどりついた羽村! こんなに太陽が降り注いでいるのにやたらと寒く感じたりさすがに圧倒されてる様子で… そして魔具で巡洋艦を保護しようと密か

絶園のテンペスト 第二十四幕「それぞれの物語」

絶園のテンペストの第24話を見ました 第二十四幕 それぞれの物語 御柱破壊作戦中、武装していないはずの調査船の人質が持つ銃で吉野が撃たれてしまうが、吉野の腕に当たった

絶園のテンペスト 最終回

めぐむ(CV:梶裕貴)が、一人ではじまりの樹の「御柱」と対峙します。 これは自分でやらなければいけないことだと言って、果敢にはじまりの樹に攻撃を仕掛けますが、どうも力が足

絶園のテンペスト  全24話

さて、今更ながら録画していたものを最終回までみたので感想です。 こちら少年ガンガンで連載していた漫画ですね。 アニメはキリよく原作の最終回にあわせて終わったので綺麗に完

«  | HOME |  »

プロフィール

すとぅるるる

Author:すとぅるるる
将来の夢は自宅警備員!とはさすがに言えない歳になってきた…w

アニメやゲーム、絵を描くことなどが好きです。
基本的にはただのオタクで萌え豚。
ツイッターでは記事に書かないアニメの感想や
ゲームのあれこれなどくだらないことを呟きます。


ツイッター


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ

春期アニメ総評 (12)
夏期アニメ総評 (19)
秋期アニメ総評 (15)
冬期アニメ総評 (12)
Fate/Zero 2NDseason (11)
ココロコネクト (1)
ペルソナ4(小説) (1)
ペルソナ4(ゲーム) (7)
ペルソナ4(アニメ) (10)
キングダム (3)
おジャ魔女どれみ16 (3)
あの夏で待ってる (9)
UN-GO (7)
ちはやふる (25)
Fate/Zero (13)
うさぎドロップ (4)
輪るピングドラム (9)
青の祓魔師 (2)
デッドマン・ワンダーランド (5)
C (10)
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 (10)
神のみぞ知るセカイⅡ (7)
TIGER & BUNNY (19)
Steins;Gate (7)
花咲くいろは (9)
イラスト (5)
スイートプリキュア (10)
フラクタル (8)
レベルE (7)
GOSICK (9)
みつどもえ増量中! (5)
魔法少女まどか☆マギカ (10)
夢喰いメリー (10)
君に届け 2ND SEASON (6)
それでも町は廻っている (10)
荒川アンダーザブリッジ*2 (7)
侵略!イカ娘 (11)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない (12)
Panty and Stocking (8)
STAR DRIVER 輝きのタクト (19)
テガミバチ REVERSE (8)
バクマン。 (6)
モンハン日記 ぎりぎりアイルー村 (7)
屍鬼 (20)
戦国BASARA弐 (11)
世紀末オカルト学院 (12)
学園黙示録 (12)
みつどもえ (13)
ハートキャッチプリキュア (30)
HEROMAN (14)
けいおん!! (18)
アニメ感想 (68)
その他 (30)
未分類 (1)
新世界より (15)
絶園のテンペスト (20)
たまこまーけっと (4)
進撃の巨人 (2)
ガッチャマンクラウズ (2)

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。