FC2ブログ

すとぅるるるのアニメ日和

アニメやゲーム、小説の感想などを気ままに更新!

映画『プロメア』 感想 ※途中からネタバレあります


久々すぎる感想記事です。
そもそもこのブログまだ残ってたんですね…ってレベル。

映画「プロメア」

初見は全くの前情報なし、(ロングPVも見るなって言われたので言いつけ守りました!)
今石監督×中島かずき脚本のグレンラガン・キルラキルは全話視聴済。
その他パンストやHEROMANなどのネタばれもあるかもしれません。
本編についてはネタばれなしには語れないので、途中からガンガンネタバレしていきます。


視聴後、グレンラガンだった、とかキルラキルだった、という感想を述べてしまいがちですが、
もちろん、どちらとも違います。間違いなく今石監督らしい作品であり、既存の作品を感じさせる
表現は多々ありましたが…。どちらも未見の方にもぜひ見ていただきたい作品です。
TRIGGER入門編、というとそれもまた違う気がしますが、少しでも興味があり、まだ観ていない方は
絶対に劇場で公開されている間に観に行くべきです!!
今までTRIGGER作品見たことない方も!!みたことある方もぜひ!!!

数々ある既視感(オマージュ)は本当にたくさんあったとは思います。
それはシーンやギミックであり、既存ファンへのファンサービスであり、
受け止める我々としては喜びと感謝しかありません…!!
グレンラガンからは何年だろう…あの疾走感を、あのシーンを、
またこうしてスクリーンで観られることに感動しかありませんでした。

映像最高!音楽最高!とにかく最高!!!と
正直脳みそを空っぽにしても超楽しめる作品だったと思います

でありながら、テーマはなかなかに取り上げにくいものを取り入れられていましたね。
「炎上」「凍結」まさにネット社会に存在するソレなのですが、
直接的に描くわけではなく、モチーフとして扱われていたので非常にマイルドでした。
(後に詳しく書きますが、差別もテーマの中に含まれています、というかこっちが本題かと)

ちょうど自分のブログの過去記事の一番上が「ガッチャマンクラウズ」だったのが
とても面白い偶然。あの作品は直接的に、ネット社会であったり、ネットの大衆思考を
取り上げられていたので、見る人を選ぶ作品ではありました。
(良作ではありますが、皆に勧めたい、皆にいいと思ってもらえる作品であるかは別ということ)

もちろんそれがダメだとは思っていませんが、プロメアは非オタの方や
海外へ発信することも前提として作られているはず。
何より今石監督の最初のオリジナル劇場アニメですからね。
入口は狭いより、広いほうがいいに決まっています。

なので、声を大にして言います!!非オタも!!オタクも!!
早乙女太一や松山ケンイチが好きなそこの姉ちゃんも!!!みんな見るべき!!!(大事なことなので何回も言います。)

後にも書きますが、TRIGGER作品にしてはかなり一般向けな内容になっていますよ。




以降はネタバレ含む感想になりますのでご注意ください。


-差別の排除-

まず、何度もセリフに組み込まれている「炎上」と「凍結」について。
これは恐らくご覧になった方は皆さん言及されていると思います。
ネット社会に通じる人、というかツイッターやってるよ、って位の方なら一度は耳にしたことのある言葉ですね。

炎上テロリスト=マッドバーニッシュであったり、
フリーズフォース=マッドバーニッシュを凍結させる組織というように
ストーリーをよりわかりやすくする役割を果たす言葉としての使い方だけでなく、
最終的な落としどころにもうまく絡ませられた展開は本当に見事!

また、言葉としてはネット社会のものですが、ストレートにネット社会を描くわけではなかったのでネットに無関心な人でも違和感なく馴染めるワードだったかなと思います。


ただ、その点に関してはあくまでモチーフとして取り扱っただけであり、
根本的に描きたかったのは「差別」ですね。OPで描かれていたように
そもそもマッドバーニッシュの発生のきっかけになったのがストレス。
誰にも打ち明けられず、自身の中でため込んでしまった気持ちを燃焼させるべく
プロメアの炎が爆発したわけです。もしかすると、そもそも地球にストレスを爆発させたいという人間が
存在しなければ、マッドバーニッシュの発生という事案事態もなかったのかもしれません。
(もちろんそんな社会は実現不可能)

「犯罪者であっても、そうなる前に止められなかったのは社会である。犯罪者ばかりを責めないでほしい」
あまりタイムリーな話題に触れるのはよくないとは思いつつも、つい先日そんな記事が大炎上していました。

冒頭でプロメアの力を爆発させてしまった人たちも、些細なことではありますが
行き場のないストレスをため込んでしまった人たちです。あの大炎上した記事がいうような
社会に救ってもらえなかった人であり、犯罪を犯した(プロメアを暴走させた)が責める対象ではない人々にあたるのでしょう。

正直、あの記事はタイミングがタイミングだけに、言いたいことはわかるが、
今じゃないし、被害にあわれた方のことを全く考えていないなという内容だったので賛成派ではありません。
そんな綺麗ごとが世の中通じるのであれば、とっくに罪も罪に対する罰も存在しない世の中になっているはずです。


が、今回プロメアで描かれた内容としては
プロメアの爆発が本人の意思に反するちょっとしたストレスなどが起因なので、
記事がいうように、犯罪を犯した(プロメアを暴走させた)が、責める対象の人ではないと捉えることができるでしょう。
それでも世間は「バーニッシュこそは悪」「バーニッシュの作ったピザなんて…」と騒ぎ立てています。

そうなったのは、最初のバーニッシュたちが多くの人々を犠牲にしてしまったことが原因ですね。
その犠牲者や遺族は当時爆発させてしまったバーニッシュもその後に発生するバーニッシュも同様に悪とみなします。
こうして根強い差別関係が出来上がり、映画「プロメア」で描かれた状況になっているのでしょう。
基本的に市民は皆、身近にバーニッシュがいるだけで、嫌悪感を抱いていました。

こうして出来上がってしまった差別関係を排除するまでが、今回映画で描かれた内容ですね。

「マッドバーニッシュは炎上こそさせるが、人は殺さない」と何度もリオが言っていたように
基本的に今のバーニッシュは意図的に人を殺めたりすることに能力は使わないとのことですので、
例の記事の犯罪者とは違い、救いの対象であるということもわかりやすく描かれていました。
これで、各地で犯罪を犯すバーニッシュなんかが描かれていれば、ちょっと賛否両論な結末になってしまったかもしれませんが、
映画内でそういった描写は描かれていないのは、そもそもそういった事案が本当にないのでは、と思います。

クレイが能力を隠し続けていたように自身がバーニッシュであると自覚した時点でそれを隠し通すのが一般的なのでしょう。
能力を犯罪に利用してもフリーズフォースやバーニングレスキューによって対策を練られた社会では
簡単に凍結されてしまうため(後に隔離、実験台になる)わざわざ自身がバーニッシュであることを公にするのは自殺行為でしかないのです。

だからこそ、クレイも自身の能力に恐怖し、救いを求めるあまり
自分自身を守る方向へ、どんどん歪んでいってしまったのだと思います。


オタクは犯罪者予備軍(容疑者の家にはアニメや漫画、ゲーム機があり…といったよくある決めつけの報道)という
オタクに対する差別とも似ているな、と感じましたが、これまた長文になりそうなので省きます…


-バーニッシュ、クレイの救済-

筋書きは違えど、クレイのやろうとしていたことは
2クール目の序盤でロシウがやろうとしていたこととほぼ同じですよね。
グレンラガンをみていた人であれば、クレイというキャラクターがまだ
よくわからない状態でも、たとえそれがマッドバーニッシュや残される市民を
切り捨てる選択であっても、悪そのものとしてみることはできなかったのではないでしょうか?

ワープによって地球の滅びが早まるということを知っていたところを含めても
人類存続の可能性がある一手にかけるしか他ない状況であり、自身が知ってしまった以上
責任をもってやり遂げようとしていたことは誰にも責められないでしょう。

もちろん、捨て置かれることになっていた市民たちによって後に「炎上」はするでしょうけど…
ガロがクレイも含めて救うと約束しているので、きっと「凍結」してくれるはずです。



個人的にすごくいいな、と思ったのは今までは「クレイに救われた」と思っていたガロが
最終的に「クレイを救う」ことになった筋書きです。
というか、最初からクレイは救いを求めていたんですよね…。きっと。

差別される側のバーニッシュとして覚醒してしまった時の彼の感情は
おそらく他のバーニッシュと同じように「差別されることへの恐怖」。
さらに、研究によってバーニッシュが強力な動力として活用できると
わかってしまったのですから一層恐怖は強まったのではないでしょうか。

博士は研究を封印するとは言いましたが、自身と博士しか知らない間に手の内に収め、
自身がバーニッシュだということを隠し通すというのは
自分が犠牲にならない、差別されないための最善の手段であると思います。
(もちろんシンプルに出世したいという気持ちもあったのかもしれませんが)

万が一 後に他の者へ情報が渡ってしまった場合は、クレイ自身が
動力として切り捨てられる可能性、恐怖からは逃れられなくなりますからね。

なので、総じてクレイの行動は「恐怖」から来ており、常に「救い」を求めていたのだと思います。
だからこそ、ガロから最後の一撃をくらう直前、「アンタも救う」という言葉に彼は静止したのでしょう。

他者から見て、クレイは典型的な成り上がりであり、「救うべき存在」としてみられることはなかった。
なのにあの状況で、自分が「救った」と騙してきたガロの口から
「アンタも救う」という一番欲しかった言葉が出てきたのです。
驚きはもちろん、やはりその点に関してはクレイもうれしかったのではないでしょうか。
個人的に、あの時のクレイの表情や堺さんの演技は忘れられないシーンです。


また、総じて堺さんの演技が本当によかった。敢えて声量を落としている前半と
爆発的な熱量がある後半の演技。まったく別物のようでありながら、ガロに真実を語るシーンあたりから
徐々にガロへの嫌悪感が現れるような演技へと変わっていき、最終的にはあのバトルシーンの
熱量まで跳ね上がります。ちょっとクスっとなってしまうようなセリフも
見事にやりこなされていましたね。後にも書きますが、この作品のキャスティングは
いわゆる話題づくりで俳優を起用した作品とは全く違います。


話を戻します。プロメアを完全燃焼させることで無事ハッピーエンドを迎えた本作ですが、
もちろんこれによって、急に差別そのものがなくなり、平和な世の中になるというわけではありません。
そこで「炎上したら俺が消してやる!」というガロのセリフが効いてくるわけです。

バーニッシュが能力を失ったとしても、差別する人は必ず存在します。
今回バーニッシュが能力を失ったということは、差別をなくすための第一歩でしかなく、
「これから」火を消すガロの存在が非常に重要になってくるわけです。

それもなんとなくできちゃうんじゃないかな、と思わせられるガロの懐の大きさは
作中で十分に描かれていました。ピザのシーン、氷上でのアイナとのシーン、洞窟でのシーンなど…
挙げればキリがないほど、これでもか!!とガロの魅力を見せつけられましたよね。

後日談は描かれなくても、消化不良感がなかったのは総じてガロのキャラクターがよかったからでしょう。
(といいつつツイッターのアイコンはリオくんにしましたごめんなさい)


-ガロとリオのキャスティングについて-

これは後にインタビュー記事を読み漁って知ったことなのですが
もともとシナリオやキャラクターを考えている時点で中島さんは
このキャスティングでやりたい!と思われていたそうですね。

私はただのアニメ好きなのでお芝居や芸能関係に関しては全くの無知です。
正直なところ、また芸能人の起用か…。
プロメアは純粋に声優さんだけでやってくれればいいのに…!と思っていました。

が、今回のキャスティングはクレイ含め、本当にハマりすぎて素晴らしかったです。


先日観た実写版キングダムで気付いたのですが(普段は邦画、実写ともにまあ観ません)
お芝居やドラマ、実写を演じられるキャストさんのキャスティングは
アニメの声優さんのキャスティングとはまた違った視点からも選ばれるのですよね。

キングダムの場合は信と漂(政)を誰が演じるか。
個として信ができるキャストさん、漂(政)ができるキャストさんは、
今回選ばれた2人に限らず、恐らく存在すると思います。
ただ、信と漂(政)の2人としてみたときに、今回選ばれた2人であるからこそ
できたのだと思えるシーンばかりで、原作以上に2人の関係性が見て取れて、泣ける展開になっていました。
(序盤は特にまだ原先生が連載初期だったからというのもあるかもしれませんが)
なんというか、俳優さんの関係性と重なって、一層信と漂の関係性が分厚いもののように感じられました。

そんなシーンができたのも、普段から共演することがあった2人に目をつけてのキャスティングがあったからこそ。

今回のプロメアのキャスティングも、そういったお芝居を作られる方(中島さん)視点からのキャスティングであり、
それが見事に作品に反映されていて、2人の掛け合いが一層味のあるものに仕上がっていたのだと感じました。
画面に見えているのはアニメの映像ですが、そこにはお芝居の掛け合いがきちんとあるというか…。
目の前で等身大の会話劇が繰り広げられているような…。
うまく言葉にできませんが、ベテランのうまい声優さんとはまた方向性の違う良さがあったと思います。


また、今回の2名に関しては個としても非常に味のある、素晴らしい演技だったと思います。
声の張り方とか、本当に全力な気がして(決してプロの声優が全力ではないということではなく)
控えめに言って最高の演技だったと思います。熱量が本当にすごい。


まず、ガロを演じる松山さんに関しては大のグレンラガンファンだということで
かなりカミナをリスペクトされている演技だったと思います。
キャラクターのビジュアル含め、発表当初からカミナっぽいとはよく言われていました。
そして今回、演じられるのはグレンラガンをリスペクトしている松山さん。
監督からそういった指示があったのかはわかりませんが、名乗りの挙げ方や声の張り方、
かなりカミナをみて研究されたのではないでしょうか?先ほど書いたように声優さんとは
違った演技でありながら、声優さんの演技に近づけようと工夫をされているように感じました。
それがうまく、「カミナほどの兄貴感はないけれど、カミナのように頼れる、
ちょっとおバカではあるが器が大きく心優しいキャラクター」にぴったりはまっていたように思います。


リオ演じる早乙女さんはというと、キャラクターのビジュアル的には
HEROMANのジョーイ(コヤマさんがキャラデザ担当)のような
どちらかというと女性声優が演じる中性的なキャラクターのように思っていました。
パッと見の印象では、当初のジョーイのように可愛らしい系の少年でありながら
蓋を開けてみると、彼はマッドバーニッシュの若きボス。
この役柄はおそらく女性声優では物足りなかったでしょう。
(もちろんHEROMANのみかこし演じるジョーイは、あれはあれで最高です)

特にいいな、と思ったのは若きリーダーであり、気高さを感じられた序盤の演技から
ガロ(松山さん)との共闘関係に至るまで、至ってからの演技の変化です。
これもやはり、個ではなく2人としてキャスティングされたことによる相乗効果なのでしょうか?
いい意味でガロに引っ張られる演技は、序盤のリオを知る視聴者としては
コメディとして楽しめたのはもちろん、マッドバーニッシュのリーダーとして
振舞っていたリオではなく、素でガロに突っ込む少年らしさが出ていて、とても良い関係性に感じました。

「馬鹿かお前は~~~~!」のシーンは特に大好きです。
それだけにあれは、本当にPVに出さないでほしかったですね(苦笑
本当の本当に!あれだけは見ないで劇場に足を運ぶべきです!(大声



リオのキャラクターについて触れるタイミングを完全に失ってしまったのは残念ですが、
ただのキャラクター語りになりかねないので、おいおいツイッターで垂れ流すことにします。
前半で散々ガロを上げといてなんですが、好きなキャラクターは?と聞かれると断然リオなんですよね。
ビジュアルがどうとかももちろんありますが(コヤマさんのこういうキャラデザ大好きマン)、彼の良さも挙げだすときりがありません。
またの機会に。



-最後に-

本当はもっと「あのシーンはあの作品からのオマージュやん!!」とか
「ここの映像どうなってんの!!」とか「楽曲も良すぎるやろ!!」とか
テンションぶち上げて書きたかったんですが、あまりにも現時点で長すぎるので
何も考えずに3回目を観た後に、これもついったでぽちぽちと書いていこうと思います。


総じて言えるのは、本当に今石監督の作品の中でダントツに好きな作品です。
というか、アニメ映画の中で、これほど中毒的に何度も見たくなる爽快な作品は初めてかもしれません。
今までは、TRIGGER作品(及びGAINAX)の中ではグレンラガンがナンバー1であり、
その他作品も大好き!といった感じでした。が、堂々とそこに並んでくる熱量。
既存ファンの期待も裏切らない最高の出来だったと思います。

監督の力だけでなく、ハイクオリティなCGや音楽、CGともマッチしやすいキャラデザなど…
本当に新しいアニメ映画の可能性を魅せてくれた作品。


百合やBLともとれるシーンがありながらも過去作よりも一般向けであると感じたのは圧倒的「爽快感」。
ただただ前へ進み続ける展開は脳みそを空っぽにしてでも十分な幸福感を得られ、元気づけられます。

理由としてはいくつか挙げられますが、

ガロがシモンや流子よりも年齢が上で、ある程度出来上がった人間性を持ったキャラクターであることから、
この物語はガロの成長物語としての側面を描く必要があまりなく、 
グレンラガンでいうシモンやキルラキルの流子のように立ち止まり、葛藤するシーンを多く描写する必要がなかった。

グレンラガンのように魅力的なキャラクターが次々と犠牲になっていくようなシーンがなかった。
(ピザのバーニッシュ、裏切りおじいちゃん等、犠牲者ゼロではないが特に後者はネタ的な描き方をすることで
 本来であればエグいシーンを緩和させていたように思う。また、グレンラガンをディスっているわけではないです。
 あれは2クールならではの魅せ方で、多くのキャラクターの自己犠牲を経て前へ進むという感動的なシーンばかりでした)

こういったところが、作品の入り口を広げ、多くの人に勧めやすいな、と私が感じた点であり、
グレンラガンやキルラキルとはまた違った作品であると感じた点です。


とてつもなく長文、文章もつたなすぎますが、
(というか過去記事のどこみてもちゃんとした文章なんて一度もかけてないぞ!w)
プロメアを観たにも関わらず、自分が完全燃焼してないやーーん!と暴走した所存です。

お付き合いいただきありがとうございました!

少しでも記事がいいなと思ったら、もう一度、二度三度劇場に足を運びましょう。
そして…Blu-rayの特典を…豪華にしましょう…
4D上映とかも、可能であるのならぜひやってほしい…


スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://strrratgpt.blog.fc2.com/tb.php/663-f4e68819

«  | HOME |  »

プロフィール

すとぅるるる

Author:すとぅるるる
将来の夢は自宅警備員!とはさすがに言えない歳になってきた…w

アニメやゲーム、絵を描くことなどが好きです。
基本的にはただのオタクで萌え豚。
ツイッターでは記事に書かないアニメの感想や
ゲームのあれこれなどくだらないことを呟きます。


ツイッター


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ

春期アニメ総評 (12)
夏期アニメ総評 (19)
秋期アニメ総評 (15)
冬期アニメ総評 (12)
Fate/Zero 2NDseason (11)
ココロコネクト (1)
ペルソナ4(小説) (1)
ペルソナ4(ゲーム) (7)
ペルソナ4(アニメ) (10)
キングダム (3)
おジャ魔女どれみ16 (3)
あの夏で待ってる (9)
UN-GO (7)
ちはやふる (25)
Fate/Zero (13)
うさぎドロップ (4)
輪るピングドラム (9)
青の祓魔師 (2)
デッドマン・ワンダーランド (5)
C (10)
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 (10)
神のみぞ知るセカイⅡ (7)
TIGER & BUNNY (19)
Steins;Gate (7)
花咲くいろは (9)
イラスト (5)
スイートプリキュア (10)
フラクタル (8)
レベルE (7)
GOSICK (9)
みつどもえ増量中! (5)
魔法少女まどか☆マギカ (10)
夢喰いメリー (10)
君に届け 2ND SEASON (6)
それでも町は廻っている (10)
荒川アンダーザブリッジ*2 (7)
侵略!イカ娘 (11)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない (12)
Panty and Stocking (8)
STAR DRIVER 輝きのタクト (19)
テガミバチ REVERSE (8)
バクマン。 (6)
モンハン日記 ぎりぎりアイルー村 (7)
屍鬼 (20)
戦国BASARA弐 (11)
世紀末オカルト学院 (12)
学園黙示録 (12)
みつどもえ (13)
ハートキャッチプリキュア (30)
HEROMAN (14)
けいおん!! (18)
アニメ感想 (70)
その他 (30)
未分類 (1)
新世界より (15)
絶園のテンペスト (20)
たまこまーけっと (4)
進撃の巨人 (2)
ガッチャマンクラウズ (2)

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR