すとぅるるるのアニメ日和

≫ちはやふる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちはやふる2 9話

現クイーンにかるたの面白さを教えたのも新のようですね。
彼にとっては特に意識してやったことではないのでしょうけど、
千早にせよしのぶちゃんにせよ彼とのかるたで大きく
人生が変わった人は少なくありません。

今回団体戦に出た時でも新の周囲への影響力は明らか。
周囲を巻き込むほどの独特な空気感をもって、
圧倒的な強さでありながら相手のやる気をそぎ取らない
かるたというのは現クイーン、名人どちらにも備わっていない点だと思いますね。
しのぶちゃんと村尾さんには否定されてしまいましたが、
新は実は結構団体戦向きの選手なのかもしれませんね。
これをきっかけに来年は団体戦への出場も考えたりするのかな…?

しかし、視聴中は「メガネとったら新ちゃう!」とか言って
笑わせてくれた団体戦への不正参加はやはり笑い事では済まなさそうですね。
視聴者からすれば、特に試合の勝敗に関わったわけでもないしーと言いたいところですが、
よりによってバレてしまったのが栗山先生ですから本当に出場停止も
有り得なくはないように思います。

そうなると、必然的に千早との試合なんて夢みたいな事は
来年に繰り越されてしまうわけですね。太一がA級になっていない今、
完全に役者が出揃っているわけではないのですけれど、
やはりそうなってしまうと残念ではありますね。特にしのぶちゃんも
新との試合を夢見ている部分もあるでしょうから、ショックを受けることになりそうです。

それでも、今回の一件が新にとってマイナス面ばかりではなと思いたいですね。
久々に出た団体戦で団体戦の良さを思い出したでしょうし、
これがきっかけで来年までに何らかのアクションがある可能性だってあります。
その結果でさらにしのぶちゃんや村尾さんの考えを改めさせることができれば
一番いい結果ですね。おそらく今回の試合はもうダメなのでしょうけど、
後のことを考えるとダメな方向ばかりに考えてしまうのも勿体無い出来事でした。

その点を踏まえて栗山先生が見逃してくれる…なんてことがあれば
私としては一番嬉しいのですけれど、やはり現実は厳しそう…。
正式な試合である以上、不正は不正ですから今回はきちんと罰を受けることになりそうです。
これを知った太一と千早の反応がどうなるやら。今から心配でなりませんw

ちはやふる2 8話

1年生の出番はないと思われていた全国大会…。
しかし、部員たちは千早同様日本一を目指す覚悟ができているようで
ただ我武者羅に挑むだけでその夢は成し得ないと判断。
それがまさか机くんが予選に全く出ない結果につながるとは思いもしませんでしたね。

それは筑波くんだって同じでしょう。始めから書き換える満々だった彼は
自分が選ばれることなんて予想もしなかったはず。
この機会はまたしても筑波くんに机くんがくれたチャンスですよね。
それを筑波くんがどれだけ活かせるかが問題なのですが、
やはりあの机くんが抜擢するだけの意味はあるのでしょう。

しかし、去年自分がチャンスを貰ったことを考えても、机くんのように
自分だって出たい気持ちを抑えてチームに貢献することはそう簡単ではないはずです。
競技かるたの経験が短い後輩の実力を認めることも部活動において
難しいことだと思います。後輩であっても実力が優先されてしまう部活動。
そういった中での仲違いは少なくないですし、それを先輩が認めるというケースは
極めて稀だと思います。それをやってのける彼は既にかるた部の主軸となりつつありますね。
リーダーシップをとるという意味では、もちろん太一が中心。
それでも、太一にとって欠かせない存在として机くんの居場所があります。
彼がこうして頑張ることができるのは、居場所がなかった彼に居場所をくれた
仲間の存在が大きいのでしょうね。そんな仲間のためなら、
自分の出たい気持ちよりも、自分の、みんなの日本一を目指す気持ちを優先したいと。


そうして迎えた1回戦では外国人ばかりのチームと対決することになりました。
この試合は強豪である瑞沢高校にとって、消化試合になってもおかしくないような
力量差だったのですけれど、そこからお互い得るものを得たという点では
価値のある試合だったと思います。特に、強豪とあたる事で打ちのめされるわけではなく
本当の競技かるたを知ることができた千葉県代表はラッキーですよね。
また、瑞沢も自由に伸び伸びとかるたを楽しむ千葉県代表をみて
今後の姿勢に影響があったようにも思います。
千葉県とはいつかまた試合ができそうな距離ですし、
一緒にかるたを楽しむ機会もあればいいですね。
それもまた、千葉県代表にとっても、瑞沢にとっても利益のあるものとなるでしょう。


さて、新とクイーンの関係も気になるところですが、
次回同じところから始めてくれるかどうかはわかりませんw
もう少し焦らされそうな気もしますが、個人的にそろそろはっきりしては
ほしいところw筑波くんが試合の後どうなったのかも気になりますね。
次回も楽しみです。


ちはやふる2 7話

決勝戦で負けたことに落ち込む千早。
思えば、序盤自分の実力を試しつつ甘糟に挑んでいた事が
千早の敗北の原因だったのでしょうね。試合終了直後は
いい試合だったー!としか思いませんでしたが、
もし最初から普段通りに戦っていれば…と思ってしまうのも無理ありません。
こういう試合で「~だったら」「~していれば」と言ってしまうのは野暮なのでしょうけど。

そんな千早に歩み寄る母親は母親の鏡といえるでしょうね!
1期の頃も新聞の切り抜きを集めているシーンをみるまでは
誤解してしまっていたのですけれど、やはり千早の両親は素敵な人たちです。

どうしても姉の仕事につきっきりに見えてしまいがちなところを
今回でフォローしてくれていたのはよかったかと思います。
ほどよく放っておくといった親心を完全に理解することは難しいですけれど、
それがかるたを、千早を信じているのだということに直結していることはわかりました。

こういった親心は照れくさくて伝えにくいことかと思いますので
実際のところ千早の母ほど真っ直ぐに伝えられる人は
なかなかいないのではないでしょうか。それだけ千早が
わかりやすく伝えないと伝わらない子だと親が理解しているところもイイ!

さらに親が娘の夢をきちんと理解しているというのも良いですね。
かるたを頑張っているというだけでなく、具体的にクイーンを目指していて
クイーンになれるだけの器が娘にはあると信じてくれているのは
なんとも感動的です。これは直接言いそびれた部分でもあるのですけれど、
お馬鹿な千早でも袴を買うということがどういう意味なのかは理解できるはず。
親の期待ほど自分の夢へ進む励みになるものはないと思うので
これは間違いなく近江神宮で千早の力になるはずでしょう。

こうして吹奏楽部の声援や親の期待を背負った千早たちは
去年とは違う試合をみせてくれるはずです。
流石に1年生の出番はないでしょうけれど、机くんやかなちゃんだって
今では十分な戦力です。去年よりもいい成果を出して欲しいですね!

ちはやふる2 5話

この作品に登場するキャラクターはどうしてこんなにも
生き生きしていて清々しいんですかね!!
須藤先輩がいなくなって主将が変わった今、
北央は勝てる試合は楽して勝つという熱意のないスタイルに変わってしまったようです。

そんな流れを変えるきっかけとなったのがヒョロくん。
意外でしたが、太一と同じようにB級で頑張り続ける彼が
手を抜くことなど許すわけがないですよね。
ヒョロっとカードに狂いはないのでこの試合は
現主将である甘糟のための試合なのかもしれません。

甘糟は去年もそうでしたが強すぎる相手に負けた場合、
相手が強すぎたのだから仕方ないと思ってしまう部分があったように思います。
この時点でまず彼にはプライドが足りないことがわかります。
逆に須藤先輩はプライドが高いからどんどん上をみてどんどん伸びる。
階級的には同じですが、須藤先輩を恐れるほどに尊敬しているのは
無意識にそういった面での憧れを持っているからなのではないでしょうか。

この試合で甘糟は勝っても負けても大きく変わるチャンスだと思います。
プライドをもって戦えば、負けた時は本当に悔しい。
でもプライドを捨てて仕方ないと思ってしまえば、伸びしろはそこまでなのですよね。
甘糟からその伸びしろを奪っていたものが取り払われた場合
一体どんな怪物に変化するのでしょうか。この試合で全てが変わることは
ないかもしれませんが、少しでも甘糟の姿勢を変える試合になってほしいですね。


さて、今回何よりも意外だったのが肉まんくんの敗北。
原因はネタっぽいですが、やはりかるたにおいて環境が大切ということは実際にあるのでしょう。
姉がひょろくんの彼女だというのもショッキングだし、あのピンどめもないわーww
あとは太一に比べて正確な暗記ができていなかったことなどから
暗記力に問題があるというのも彼の弱点なのかもしれません。
逆に、そんな欠点があるというのにA級に上り詰めた彼は
経験と技量がずば抜けているのでしょうね。まだまだ瑞沢メンバーに
欠点はありますが、光る部分が多いからこそ期待してしまうし応援したくなるのでしょう。


既に今まで通りの勝ち方を崩された瑞沢ですが、
かなちゃんと須藤先輩の呼吸はあっているようです。
これはもしかするとかなちゃんの勝ち星に期待できるかも…?
机くんの試合だけがどうなっているのかあまりわかりませんでしたが、
千早と太一はまだまだ勝てる可能性を秘めています。

特に千早は今の自分にクイーンのかるたができない事を
理解しました。クイーンと名人、どちらを目指す千早であっても
目の前の試合を落とすことはしないはずです。
今からは自分のスタイル、名人に近いスタイルに切り替えて
得意な終盤戦をババっと決めてしまって欲しいですね!

ちはやふる2 4話

何かが上手くいかない時、誰でも運のせいにしたがるものですよね。
太一がそうしなかったのは、彼自身の強さでもありますが、
自分で自分を卑下している部分も大きいと思います。
周囲の人間が出来すぎているからどうしても自分がダメに見えてしまうのは
仕方ありません。でもそんな思いが現界に達したのが今回です。
あと一歩間違っていれば、原田先生の言うように
太一はダメになってしまっていたかもしれませんね。

それを阻止する要因となったのが、太一に様々な想いを持つ人々でした。
自分で何もかも背負おうとしてしまう太一が誰かに頼ることを決意した時、
本人の想像を超える沢山の想いが返ってきました。
絵面的には面白かったですが、太一にとっては大きな支えとなったことでしょう。

これによって菫ちゃんも太一を想う人が沢山居て、
皆彼のために何かできないかと常に考えているのだと知り
太一のために動くことができました。これは結果的にチームのために
動くことにもなっているので、良い傾向だと思いますね。
試合に出なくても頑張れる事を見つけられる菫ちゃんは
意外と気回しのできる子だということもわかりましたし。


さて、今回も原田先生は太一に意味深な言葉をかけていました。
千早に対してもよく考えさせられるような言葉をかけるのですが、
今回は意外とストレートな言葉でしたね。
『個人戦は団体戦、団体戦は個人戦』でしたっけ。

これは個人戦だから、負けるところを見られたくないからと
一人で遠方の試合に出ていた太一にはかなり痛い言葉だったと思います。
でも、これを機に一人で遠方に行くことや、周囲を気にしすぎて
団体戦で集中しきれないところは解消されるのではないでしょうか。
もちろん、団体戦で周りを見てあげられるのは太一の良いところですから
完全に自分の試合だけに集中、というわけにもいかないでしょう。
でも不安だからではなく、励まされるために、
みんなの頑張りを自分の力に変えるために仲間に目を向ける事ができれば
彼自身の試合の傾向も大きく変わるような気がしますね。
おそらく今回でそれが一番今の彼に必要なことであるとわかったはず。
後に続く団体戦もそうですが、個人戦でも原田先生に言われたことが
実行できれば、A級に上がるのもそう遠くはないような気がしますね。

«  | HOME |  »

プロフィール

すとぅるるる

Author:すとぅるるる
将来の夢は自宅警備員!とはさすがに言えない歳になってきた…w

アニメやゲーム、絵を描くことなどが好きです。
基本的にはただのオタクで萌え豚。
ツイッターでは記事に書かないアニメの感想や
ゲームのあれこれなどくだらないことを呟きます。


ツイッター


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ

春期アニメ総評 (12)
夏期アニメ総評 (19)
秋期アニメ総評 (15)
冬期アニメ総評 (12)
Fate/Zero 2NDseason (11)
ココロコネクト (1)
ペルソナ4(小説) (1)
ペルソナ4(ゲーム) (7)
ペルソナ4(アニメ) (10)
キングダム (3)
おジャ魔女どれみ16 (3)
あの夏で待ってる (9)
UN-GO (7)
ちはやふる (25)
Fate/Zero (13)
うさぎドロップ (4)
輪るピングドラム (9)
青の祓魔師 (2)
デッドマン・ワンダーランド (5)
C (10)
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 (10)
神のみぞ知るセカイⅡ (7)
TIGER & BUNNY (19)
Steins;Gate (7)
花咲くいろは (9)
イラスト (5)
スイートプリキュア (10)
フラクタル (8)
レベルE (7)
GOSICK (9)
みつどもえ増量中! (5)
魔法少女まどか☆マギカ (10)
夢喰いメリー (10)
君に届け 2ND SEASON (6)
それでも町は廻っている (10)
荒川アンダーザブリッジ*2 (7)
侵略!イカ娘 (11)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない (12)
Panty and Stocking (8)
STAR DRIVER 輝きのタクト (19)
テガミバチ REVERSE (8)
バクマン。 (6)
モンハン日記 ぎりぎりアイルー村 (7)
屍鬼 (20)
戦国BASARA弐 (11)
世紀末オカルト学院 (12)
学園黙示録 (12)
みつどもえ (13)
ハートキャッチプリキュア (30)
HEROMAN (14)
けいおん!! (18)
アニメ感想 (68)
その他 (30)
未分類 (1)
新世界より (15)
絶園のテンペスト (20)
たまこまーけっと (4)
進撃の巨人 (2)
ガッチャマンクラウズ (2)

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。